池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんだくれ日記69

寒い冬が終わって、春が来たかと思っていたら、やたらと暑い日があったり・・。
季節の変わり目が苦手なカエルですが、
最近飼いはじめたうさぎちゃんに癒され、毎日楽しく過ごしており
家のそばの田んぼから聞こえるカエルの大合唱を聞きつつ、呑んでる今日この頃

 山廃純米無濾過生原酒 28BY(山梨)
P4050057.jpg
詰め口が2017年4月。というわけで、けっこう熟成感がありましたが、
この熟成がほどよく、うまい系でした!
山廃らしいアミノ酸の旨みだとかが、心地よいお酒。
友人ユーヘイくんによると、杜氏さんは開運で造りをされていた方だそうです。

大倉 彩葉(いろは) 特別純米 むろか生原酒 H27BY (奈良)
P4130067.jpg
こちらも、生酒ですが、熟成酒でした。
ひねはなく、落ち着いて、しっとりな印象のお酒。
雄町らしい、ぷっくり感がいい感じでした。

雨後の月 特別純米 (広島)
P4130064.jpg
広島土産で買ってきました。
久しぶりでしたが、雨後の月ってこんなにあっさりしたお酒だったかなと。
私には少し物足りない感じもありましたが、呑みよい純米です。

一博 うすにごり (滋賀)
P5030087.jpg
滋賀のお土産でいただきました。
かなり小さい蔵元さんらしいのですが、お酒はとっても良かったです。
山田錦らしい、上品さもあり、米のエキスがしっかり感じられる、私好みのお酒でした。
酒友やっさんイチオシです

万齢 無濾過生原酒 山田錦 (佐賀)
P4170069.jpg
こちらもいただきもののお酒。
たぶん初めて呑んだんじゃないかなと。
山田錦らしい、たっぷり感があり、うまかった

遊穂 山おろし無濾過生原酒 (石川)
P3060002-1.jpg
すっかり定番酒。
若々しくフルーティだけど、味に深みがあり。
これが山おろしらしさなのかしら、とね。
呑み飽きしないお酒。一升瓶もあっという間でした。

奥能登の白菊 純米吟醸 (石川)
P5030086.jpg
久しぶりの白菊。安定のうまさです。
吟醸らしい繊細さとキレイさは、これぞ白菊!です。
華やかさはないけれど、それが逆にいいなあと思うのです。

おまけで、うちのかわいいうさぎちゃん
P4190081.jpg
お酒とは全く関係ありません。
ただの親ばかです。
うちの先生が、あまりにかわいいかわいいというので、
ウサギ屋さんに見に行ってみたら、すっかり心奪われてしまいました。
生後3か月。男の子。すべてがかわいくて、もうメロメロです。
スポンサーサイト

のんだくれ日記68

ようやく金沢も開花宣言があり、毎日ぽかぽか陽気で、ほっとしているこの頃。
桜と言えば、、、お花見しないと!お酒何呑もう!とそわそわしちゃうわけで
最近呑んだお酒はコチラ。

かたふね 純米吟醸 (新潟)
P1310344_20180331153856d74.jpg
1月に蔵見学にお伺いしたときの、おみやげ酒。
かたふねらしい、しっかり米の旨みが感じられるお味。
でも、くどさはなく吟醸らしいキレイさもあり、たまらんです

農口尚彦研究所 山廃吟醸 (石川)
P3060002.jpg

P3060003.jpg
なめらかで、繊細な山廃吟醸。
なんとも品のあるお酒で、飲むこちらが緊張しちゃいそうな、そんな印象です。

福司 大吟醸 (北海道)
P3060005.jpg
北海道の方からいただきました。金沢ではなかなか呑めないかと。
少し熟成感が感じられ、北海道のお酒のわりには、しっかりめの味わいでした。

風の森 秋津穂 純米 (奈良)
P3170006.jpg
久しぶりの風の森。相変わらずのしゅわしゅわっぷりです。
そして、ジューシーです。
これ呑むと、ほんとに米で作ってんのかしら??なんて気分になっちゃうくらい、ジューシー。

篠峯 純米吟醸無濾過生原酒 山田錦 (奈良)
P3200010.jpg
奈良県産の山田錦だからか?サラッとスッキリめの生原酒。
奈良の酒って、最近こういうお酒多いのかしら。

賀茂金秀 特別純米 (広島)
P3200008.jpg
安定感のある、穏やかで、やさしい味わい。

寫楽 純愛仕込み純米 (福島)
P3310038.jpg
久しぶりにいただいた寫楽は、私のこれまでのイメージとちょっと違ったかなと。
以前はもっとふくらみが感じられるイメージだったのだけど、
少し硬くて、スリムになったかなあと思って
洗練されてきたのかしら・・・。私は前の方が好みでしたけど。

尾瀬の雪どけ 大辛口純米 (群馬)
P3310037.jpg
酒が弱い弟が、群馬土産にくれました。
初めていただきましたが、意外に(笑)おいしくてすいすい呑んじゃった。
大辛口とありますが、バランスがよく、食中酒としてバッチリです。
さすがわが弟、呑めないけどハナは効くみたいです

先日出張で行った広島で、駅前のビルに日本酒がたくさん置いてある酒屋さんがあると教えてもらい、
時間があったので、ふらりと寄り道したら、それはもうすごかったです。
酒商 山田」さんて、有名な酒屋さんが新店オープンした店舗らしかったのですが、
冷蔵庫の大きいのにビックリ!おしゃれっぷりにビックリ!
ついつい、たくさん買い込んで来てしまった次第です

アロスで日本酒の会!2018

3月24日土曜日 
年に一度の、スペイン料理で日本酒を楽しむ会。
いつものアロスさんにて、お世話になります。
 P3240011.jpg

いつもの持ち寄りメンバーやら、お久しぶりの方やら、わいわいと13名が大集合
というわけで、お酒もずらり13銘柄
P3240015.jpg
去年は、同じ銘柄が3本揃う奇跡があったし、今年もくるか?!と思いましたが、
そんなことはなく。
とはいえ、相変わらず全国各地、いろんな酒が揃いました。

とりあえず、乾杯!地元石川の手取川 大吟醸。安定のうまさです。
P3240018.jpg

早速お楽しみのスペイン料理だ!
P3240017.jpg
イイダコのアヒージョ。ニンニクが効いてて、タコぷりぷりでうまい!
お酒もどんどん進む
ちなみに、かえるの持参酒は、千葉の鳴海(なるか)
P3240022.jpg
初めて呑んだけど、さらっと海の酒という印象。男らしい感じ。

そして、料理の方もシーフード中心で、面白いのがきた!
P3240024.jpg
ベビーホタテちゃん。やわらかくて、大きいホタテより好きです。
いわゆるインスタ映えやなあという盛り付けの美しさ。
お酒にもバッチリ来てます。

変わり種。熟成酒のAFSと去年も出た伊根満開。
しかも、伊根満開は、去年K氏が持参していたものと同じものを一年熟成させたもの。
P3240023.jpg
どちらも、日本酒というよりはワイン寄り。酸多めで、特徴的でした。
スペイン料理ということで、今回酸が印象的なお酒が多かったです。

P3240025.jpg
見た目は?ですが、ホタルイカをカワハギの肝で和えたもの。
スペイン料理というよりは、和食に近かったけど、酒には抜群に合います。

P3240027.jpg
子羊のロースト。柔らかくて、くさみもなく、ぺろりといただけました。
P3240028.jpg

お約束のパエリアは二種。きのこのパエリアとウサギのパエリア。
P3240030.jpg

P3240033.jpg
パエリアというよりは、リゾットみたいでしたけど。
どちらも、とてもおいしかった~

どのお酒もおいしくて、今回あっというまにすっからかんでした。
私の好みは、「ゆきの美人」の貴醸酒でした。とろりと品のいい甘みが心地よかったです

今回は、生ハムとピルピルがなくて、少しさみしかったけど、
これまでとは趣向がちがっていて、どれもおいしくて、大満足でした。
先月行ったスペインでいただいた料理とはうってかわってでおもしろかったし。
やっぱスペイン料理いいです
アロスさんには毎度ながら感謝
セッティングしてくださったAさんにも感謝です

スペイン旅行 その3バルセロナ編

2月21日(水)
グラナダからバルセロナへは、飛行機で一時間半ほど。
グラナダ空港へは、リムジンバスの乗り場が怪しいという話だったので、タクシーで。
ただ、ホテルで頼んだこのタクシーが曲者で、話では30ユーロくらいで行ける話だったのに、
なんと50ユーロもとられた・・・
P2210614.jpg
どうやらLCCぽかった。飲み物のサービスもなし。

何はともあれ、無事にバルセロナに到着。お天気は曇り空。
リムジンバスで、市内に向かっていると、なにやら雨が降ってきたぞ~。
晴れ女晴れ男の二人旅。ここまで全く雨に会わずだったんですけど。
P2210616.jpg

カタルーニャ広場から、地下鉄に乗り換え、ホテルにチェックインしてる間に、すっかりお天気は晴れ。
さすが晴れ男晴れ女夫婦。最強です。

というわけで、さっそく市内観光へ行ってみようと、カタルーニャ音楽堂。
P2210620.jpg
ガウディのおひざ元みたいになってるバルセロナですが、
それ以外にも、美しい現代建築はたくさんあり。モデルニスモ様式という建築。
こちらも、時間予約制で、ガイドがつくツアーで見学できます。
P2210627.jpg
実際に今も、コンサートなどに使用されているので、講演がない時間のみの見学。
P2210633.jpg
アルハンブラとは違い、こちらは100年ほど前の建築なので、比較的新しい感じもします。
P2210635.jpg
ステンドグラスが、とにかく美しく。自然光を生かすのがスペイン流のようです。

近くにあるカテドラルまで、てくてくと。
P2220641.jpg
これもまた、グラナダのカテドラル同様、なんとも立派です。
P2220652.jpg
よくわからないまま、何やらチケットを見せたら、
エレベーターの乗り場があり、展望台に上がれるようになってた。
サグラダファミリアも、見えたよ~。サグラダファミリアは、次の日にチケット予約していたので、わくわく。

カテドラルの傍には、市場があり。寄り道してみると、かなりの人で賑わってる。
サンジュセップ市場。観光客が多く、いろんなお店があります。
P2220657.jpg
八百屋さんのフルーツが、さすが地中海!しかも安い!
P2220656.jpg
もちろん、肉屋さんも、たくさんあるし。
P2220659.jpg
バドリッド同様、ミニバルがあり、あちこちでみんなピンチョスなどをつまみに、呑んでました。
金沢の近江町市場で、カキとかカニとか食べれるみたいなもんだなとも思ったけど。

この日は、夜にディナー付フラメンコショーを予約していたので、時間までベイエリアを散策
P2220670.jpg
地中海の夕暮れだ~と思ったけど、赤レンガ倉庫みたいなものがあったり、
まるで横浜!ショッピングモールなんかあったりして、お台場?みたいな趣でした。
しかも、日が沈むと、恐ろしく寒い。日本と変わらんじゃないかというくらい。

いよいよお楽しみのフラメンコ。
P2220672.jpg
ディナーは、ビュッフェで食べ放題ワイン頼んだら、まさかのボトルで
P2220677.jpg
いろんなスペイン料理があって、結構おいしく楽しめました。
DSC_0275.jpg
舞台はちいさめでこじんまりなんで、ものすっごく近い。
ディナーを頼むと前列に座れるということでしたが、近すぎてすごい迫力。
ギターもかっこいいし、感動します。といいつつ、ワインが効いて、途中でうたた寝する始末
いやでも、これはすごいです。情熱の国っぷりを満喫できました。

2月22日 (木)
ついに、念願のサグラダファミリアを目指し、地下鉄。
比較的人が少なめだという朝早めのチケットを予約したので、朝一番で向かいます。
地下鉄の駅から地上に出たら、いきなりもう出たーーーーー!!
P2220688.jpg
ひゃあ、今まで見た聖堂で一番すごいさすが大聖堂。
イタリアのドーモもすごいと思ったけど、いやはやそれよりずっとすごかった
早速、中へ入場。今回、イヤホンガイド付きのチケットにしたので、ガイドに従い進む。
DSC_0286.jpg
生誕のファアサード(塔)から入ります。彫刻の精密さがすばらしく、日本人の方が修復されたのは有名な話。
いよいよ中に入ってみると、これまたイメージが違って、びっくり。
P2220694.jpg
森の木々をイメージした柱。こちらも自然光を取り入れた造り。
P2220710.jpg
ステンドグラスの美しさは、なんともいえません。
P2220710.jpg

生誕のファサードと受難のファサードがあり、いずれも上まで登れます。
私たちは最初にできた生誕のファサードに登ってみた。
P2220698.jpg
がっつんがっつん工事中。完成は8年後の2026年の予定だそう。
で、こちらが受難のファサード。おどろおどろしいです。
P2220721.jpg
生誕のファサードと受難のファサード。陰と陽を表現しているらしいとのことです。
ガウディはやっぱりすごい人やなあと思いつつ。

二階建てのシティツアーバスのチケットで、名所めぐりへ。
P2220744.jpg
チケットを買えば、一日乗り降り自由。ルートも2種類ありますが、どちらも乗れます。

次は、モデルニスモ建築のサンパウ病院。世界遺産です。
P2220735.jpg
こんな美しい病院にいたら、いつまでも入院していたくなってしまうんではなかろうかと。

再びバスに乗り、ちょっと郊外の方へ向かい。
次もガウディの建築したグエル公園。もともとはニュータウン目的だったとか。
P2220752.jpg
モデルハウスが2軒だけあり、ガウディが忙しくなったから、ニュータウンにならなかったらしい。
P2220755.jpg
定番のやつ。タイルって、きれいやなあと。

しばらく、バスで市街地を眺める。ただ、オープンデッキは寒いのなんの
P2220773.jpg
高級ブランド店も並ぶランブラス通り。銀座みたいなもんかね。
P2220775.jpg
都会なんだけど、ビルじゃなくって、石造りの建築があるとやっぱりヨーロッパらしいなと思える。
P2220776.jpg
自転車乗ってる人もたくさんいます。地下鉄も輪行できるみたいで、自転車ごと乗ってる人も見かけた。

私はサッカーに興味がないので、寄りませんでしたが、FCバルセロナのカンプノウスタジアム。
P2230793.jpg
楽天のものすっごいでかい広告があって、あれ?日本?みたいな気分でした。

ぐるりバスツアーも楽しんだので、時間もあったし、ガウディ建築をみにいくことにし、
ランブラス通りにある、カサ バトリョへ行ってみました。
P2230812.jpg
海をコンセプトにしたバトリョさんのアパートということらしいです。
バルコニーの柵が、魚の頭のような、骸骨のような、独特な雰囲気。
DSC_0389.jpg
ここも自然光を生かした吹き抜け。換気窓の構造とか、建具の取っ手とか、
デザインだけじゃなくて、機能性も相当考えられているらしいです。
DSC_0378.jpg
ここの面白いのは、日本でもスマホ付のイヤホンガイドが渡され、
スマホで、当時の暮らしぶりなんかが出てくるという趣向がこらされていること。
入場料はお高めなのですが(世界遺産なのに、補助金などはもらってないからだとか)、楽しめます。

スペイン最後の夜。おなかも減ったので、近くにあったピンチョスバルへ行ってみた。
P2230814.jpg
ここは、日本語メニューもあり、安心です。
P2230815.jpg
串に刺さったおつまみが、50種類ほどあったかなと。
ひとつひとつが2ユーロほどなので、わりとお安く。
おつまみと思えば、ちょうどいい感じで楽しかったですが、ここのサングリアはイマイチ。
チェーン店らしいので、味はたいしたことないみたいだったけど、まあ悪くなかったです。

デパ地下のスーパーで、お土産を買いこみ。ワインの棚だけで3列くらいあってさすが。
オリーブもオリーブオイルもあまりにもたくさんあって、
眺めているだけでも楽しかった
ホテルへ帰る前に、サグラダファミリアのライトアップを見に。
P2230817.jpg
夜も迫力満点。思う存分満喫できました。

とうとう旅も終わり。無事に日本にも帰り着きました。

スペイン料理は、とにかく何もかもおいしかった。
パンとハムがとにかくおいしくて、それだけでも楽しめる。
スペインワインも、さらっとおいしく、私にはぴったりあってました。

スペイン人も、フレンドリーでいい人多かったし。スペインいい国です。
今回行った3都市とも、見どころ満載で、飽きずに楽しめました
今まで行った世界遺産で、アンコールワットが一番かなと思っていたけど、
それを上回るくらいの感激があったかもなあと。
アルハンブラ宮殿も、サグラダファミリアも、どっちもよかったなあ。
また、行ってみたいなと思いました。

お休みをくれた会社に感謝
夫君が英語が話せたおかげで、私はお気楽で楽しめたし。夫君にも感謝です
英語は話せるようにならんとなとつくづく。

久しぶりに海外に行って、日本はほんとに小さい国やなあと、
ヨーロッパのスケールのでかさにあっけにとられ。
世界は、まだまだ広い。知らんことだらけ。久々にいろいろ経験できて、勉強になりました。
またどこか行ってみたいな

スペイン旅行 その2グラナダ編

2月19日 (月)
マドリッドから、アルハンブラ宮殿のあるグラナダへは、
特急列車のAVEと、振替バスで移動です。
地球の歩き方によると、グラナダまでは工事中で、予定では開通しているはずなんですが、
どうやらまだ工事が終わってない模様。
P2190416.jpg
AVEの改札に入るためには、飛行機と同様、セキュリティチェックがあり。
新幹線みたいんものですが、どっちかというとサンダーバードっぽかったかな。
アンテケラという駅で、下車し、グラナダに行きたい人は、みんなバスに乗り換え。
P2190425.jpg
中国人ばっかりでした。

グラナダに到着し、駅からホテルの最寄まで路線バス移動。
こちらでも、チケットの買い方がわからず、スペイン人の親切なおばちゃんが助けてくれました

早速、グラナダの街を散策すべく、展望台のあるアルバイシン地区へ。
P2190441.jpg
楽しみにしていた、アルハンブラ宮殿が見えるサンニコラス展望台まで。
この日は薄曇りで、景色がイマイチだったので、次の日に期待。
グラナダの市街に戻り、時間もあるのでカテドラルに向かうことに。
P2200458.jpg
こちらも、またもやでかいです。スケールが日本とは違いすぎる
P2200465.jpg
キリスト教恐るべしです。こんな大きなの作っちゃうんだもんなあ。

アルハンブラのチケットを頼んでおいた「日本語情報センター」という代理店にいくと、
日本人のスタッフの方が、とても親切に情報を提供してくださり、これは助かりました。

おなかもすいたし夕飯でもと思ったら、グラナダのレストランやバルは、
昼営業の後、夕方4時~8時まで閉店して、8時から深夜まで夜営業するとか

空腹と眠気で、すっかりくじけそうになりつつも、おすすめしてもらったレストラン「レオン」へ。
P2200471.jpg
景気づけにサングリア!!!これは本当においしかった
お酒の飲めない夫君は、1杯しかのめないので、
まさに、このピッチャーごと私一人で飲み干してしまえるくらいおいしかった~。

日本語メニューもあり、この地方の郷土料理などもあり、ボリュームもあり、大満足
P2200472.jpg
エビのアヒージョ。思いのほかエビ満載でしたが、ニンニクが効いて、ぺろりと。
P2200473.jpg
ブタの睾丸と脳みそ入りオムレツ。魚入りコロッケ。特製もりもりサラダ。
日本人がたくさんいたようですが、立ち飲みバースペースもあるので、おすすめです。

2月20日 (火)
盆地なのか、放射冷却のせいか、朝はとっても冷えるグラナダ。でもとってもお天気。
早速、アルハンブラ宮殿に向かいます。
スペインに侵攻される前のグラナダ王国の繁栄がそのまま残されているとか。
およそ800年前に、ムハンマドが作らせたイスラム建築です。

早速、その王が暮らしたナスル朝宮殿を。
ここだけ、時間予約制のチケットが必要で、少人数ずつしか入場できないようになっています。
とはいえ、中に入るとすでにたくさんの観光客でにぎわってました。
P2200489.jpg
アラヤネスの中庭。夏は暑いので、とにかく水が豊富なことが、繁栄のしるし。
結構な高台にあるのに、どうやって水をひいたものやら、すごいなあと。
水は、シエラネバダ山脈の雪解け水だそうです。
P2200491.jpg
彫刻がとにかく、細かい。細かすぎます。
P2200497.jpg
天井まで、こんな彫刻どうやってやったものかしらと・・・。
P2200498.jpg
ライオンの中庭。なぜかこのライオンだけ、彫刻がざっくりなのが、不思議で・・・。ギャップがいいんですけど。
P2200502.jpg
ムハンマドすごいわ、と思いつつ、ナスル朝宮殿を出ると、
軍事要塞となっているアルカサバに通じる道があり。
P2200529.jpg
ここからは、グラナダの街が見渡せ、まさに王様気分。
P2200509.jpg
さきほど行ったナスル朝宮殿はこんな感じ
P2200520.jpg

この日は、アルハンブラの敷地内にあるパラドールというホテルに宿泊予定。
かつての修道院を改修して作られた国営の5つ星ホテル。
せっかくだから満喫しようというわけで、ランチもホテルのレストランで。
P2200545.jpg
パエリアとワインと。ザ、スペインやね。
ネット情報では、料理はイマイチとありましたが、私は全くそんなことなく、おいしくて。
季節ではないけど、冷製スープのガスパチョも、おいしかったし。
ワインのあてに出てきたピリ辛のオリーブが、抜群においしかった~。

ひとやすみし、次は王が避暑地にしていたフェネラリフェへ。
P2200553.jpg
庭園が美しいのですが、王が愛人と過ごすための場所だったらしい。
P2200560.jpg

昨日行ったアルバイシンの丘に行き、再びサンニコラス展望台に向かうと、
それはそれは絶景が。昨日とはうってかわって、シエラネバダ山脈が美しいアルハンブラ宮殿。
P2210570.jpg
歩いて登ると結構息が切れる感じなのですが、これ見たら吹っ飛ぶ。
脚に自信がない方は、アルハンブラバスがあるので、ぜひバスで。

今夜泊まるパラドール。レストランは宿泊しなくても食事できるそうです。
P2210586.jpg
ここのテラスは、宿泊者専用。
P2210601.jpg

夕食も、再びパラドールのレストラン。
昼とうってかわって、かなりたくさんのお客さんで賑わってました。
P2210588.jpg
英語メニューはあります。たぶん郷土料理の豆の煮込み。スパイスが効いておいしかったよ。
P2210589.jpg
イベリコ豚のロースト?味は牛肉だったから、絶対間違えたんだと思ったけど、イベリコだったみたい。
前日のレストランと比べると、やはりお値段はお高めですが、
ビックリするほどではないし、ワインもとってもおいしかったし満足

夜のアルハンブラもライトアップされて、幻想的でステキでした。
P2210595.jpg

次の日は、フライトが朝早く、パラドールの朝食が食べられなかったのが、今回最大の心残りでしたが、
グラナダは、想像以上に美しくいい街でした

スペイン旅行 その1マドリッド編

新婚旅行ということで、先月スペインに行ってきました
6泊8日、マドリッド~グラナダ~バルセロナというコース。
思う存分スペインを満喫し、とっても楽しい旅となりました
サグラダファミリアみたい!スペイン料理たべたい!というわけで。

2月17日(土)
まずは、最初の目的地、マドリッドへ。
今回は、成田→アムステルダム→マドリッド。
オランダ航空、機内食もおいしく10時間以上のフライトもなんとか。
今回、フリープランの旅行なので、移動や食事は自力で。
いきなり、マドリッド空港からの電車の切符の買い方が???
親切な中国人の若者に教えてもらい、なんとか無事に電車にのり、ホテルに到着。

2月18日(日) 
お天気もいいので、街をテクテク散策しつつ、プラド美術館へ。
P2180368.jpg
ゴヤ、ルーベンス、などなど。スペイン国王だったフェリペ一族の肖像画やら、宗教がやらが多く。
オープンカフェで、ランチ。
街中には、オープンカフェがいっぱいあって、休日だったためか、
みんなワインやらビールやら飲みながら、ランチしてていい感じ。

プエルタ デル ソル。渋谷のハチ公みたいなもんらしい。
P2180376.jpg
マヨール広場。フェリペ3世が作らせた広場。
P2180379.jpg
大道芸人と、人々がいっぱいで、ものすごく賑わってた。

休憩がてら、老舗のカフェで名物のチュロスでも。チョコおいしいけど、甘くて・・・。
P2180382.jpg
ショコラテリア サン ヒネス。マヨール広場から、裏通りを入っていったすぐです。
P2180383.jpg

てくてく歩いて、王宮に向かい。
入場したら、あまりの大きさにビックリ大きすぎやろ。部屋ありすぎやろ~。
DSC_0101.jpg
フェリペすごすぎです。なにせ部屋が2700室もあるとか
P2180390.jpg
さすが、太陽が沈まない国だっただけあるなと。
王宮内は撮影禁止のため、これだけですけど、中もとにかく豪華絢爛でした。
広場では、馬に乗った警察官が、パトロールしててかっこいい
P2190396.jpg

日も暮れてきて、小腹もすいたので、サンミゲル市場でかるく一杯
P2190395.jpg
あちこちに立ち飲みスペースがあって、楽しげ。
P2190394.jpg
人が多くて空席もあまりなかったので、好きなものをテイクアウトしてホテルで呑み直し。
P2190402.jpg
イベリコ豚、パエリア、アルハンブラビール。
ビールが70セントであまりに安すぎる感がありましたが、意外においしく呑んじゃった。

スペイン初日。スペイン語はさっぱりわからんけど、なんとか楽しめました。
次の日は、朝から電車でグラナダへ向かいます。

のんだくれ日記67

毎日雪が降り続き、雪かきと睡眠不足でへとへとな日々です
そんなわけで、酒でも呑まないとやってられんというわけで。

農口尚彦研究所 純米 (石川)
P2130348.jpg
本醸造に続く第二弾。石川県限定発売。
酸しっかりめ、旨みもしっかりめ。
純米らしい生酒。私は本醸造の方が好みでした。

酔鯨 特別純米生酒 (高知)
P1290343.jpg
新酒らしい、フレッシュでジューシーな酒。
キレもよく、、うまいです。
酔鯨、やっぱ好きです。ラベルもかわいいしね。

萬歳楽 純米にごり酒 (石川)
P1290340.jpg
キレイで、すいすい呑める純米。
呑んでから写真撮ったら、にごりかどうかよくわからんくなっちゃった

農口尚彦研究所 山廃純米 (石川)
P1280338.jpg
P1280337.jpg
山廃らしい酸で、旨みとのバランスが抜群でした
頭をつとめるユーヘイくんがイチオシなだけあります。
う~ん、うまいんだよなあとしみじみしちゃう感じ。

長良川 立春搾り 純米吟醸 (岐阜)
P2120346.jpg
岐阜の伯父が送ってくれました。
搾ってすぐ送ってくれたのに、北陸地方の豪雪のせいで、到着したのがおよそ一週間後でしたが。
岐阜の酒らしい、いわゆる濃いめ、しっかりめの味わい。
立春なんだけど、雪はまだまだ続きそうで。早く春来ないかなあ~。

新酒が次々出てくるので、酒飲みも忙しいシーズン
雪ばかりで、外に出るのもおっくうになりがちだし、
家でうまい酒呑んで楽しまないとね

そんなこといいつつ、今週末から、久しぶりに海外旅行に行ってきます
日本酒呑まない生活も久しぶり。
無事帰ってこられることを願いつつ、楽しんできます

持ち寄り会 番外編 at 新潟

1月27日 土曜日 
寒波に見舞われっぱなしで、雪が続く金沢。
金沢に戻ってきて、こんなに雪がひどいのは初めてかも、なくらい雪にうんざり。
そんな中、ひさびさの持ち寄り遠足ということで、
今回は、新潟上越市にある「かたふね」醸造元、竹田酒造店さんへの蔵見学、
糸魚川「阿吽」さんでの、お食事会へ

参加者6名。おなじみの持ち寄りメンバーが揃い、さっそく新幹線の中でも盛り上がり
とはいえ、糸魚川までは1時間弱なので、酒盛りもそこそこに、在来線へ乗り換えて。
P1270307.jpg
金沢より、新潟はやはり雪多かったけど、電車は走ってました。
途中、トンネルの中に駅があるなんていうところもあったりして、旅気分満喫

竹田酒造店最寄りの犀潟駅に到着し、タクシーでと思ったら、予約でいっぱいでタクシーがない!?
しかも、帰りに直江津に向かう電車も、運休が決定していたり・・・
どうにかなるやろ~と、なんとか、歩いて蔵まで無事に到着!
P1270308.jpg
しかし、予定の電車に乗ろうと思うと時間がない
大急ぎで、蔵を見せていただくこととなり。
P1270310.jpg
小さい蔵で、こじんまりと。
P1270311.jpg
ちょうど特別本醸造の火入れをされてるところで。和釜に蛇管入れてって昔ながらのやつ。
P1270313.jpg
仕込中の大吟醸のもろみもみせていただきました。
フルーティで、とってもとってもおいしそうな香りでした
P1270314.jpg
あまりにあわただしい見学になってしまい、申し訳ないところへ、
さらに蔵元さんのご厚意で、駅まで送っていただけることになり。
本当にありがたいばかりで、恐縮でした
というわけで、時間に余裕もできそうだということで、さっそく試飲でも
P1270315.jpg
私好みの、味わいしっかり目のおいしいお酒ぞろいで。やっぱいいなあ

お酒も味わい、お土産酒も買い、蔵元さんには、本当にお世話になり感謝です
ちなみに、金沢では、桂町の「酒のたみや」さんて、購入できますので。皆様ぜひ!

再び電車で、糸魚川へ。お楽しみの「阿吽」さんへ。
道中、大火災で蔵が全焼した「加賀の井」さんの前を通ったら、現在再建中ということで。
P1270316.jpg
周囲は、いまだ更地の所が多くみられ、火災の悲惨さを目の当たりにしてきました。
なんとか無事に到着二年ぶりの訪問だったようです。
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/blog-entry-757.html
P1270318.jpg

今回は、持ち寄りなし。お店のお酒を思う存分楽しもうというわけで。
早速、今日伺った「かたふね」のAUNオリジナルのにごり酒で乾杯
P1270319.jpg
早速、料理も次々と~。ポークとたらの白子。
もういきなり、どちらも未体験のお味で、お酒が進みすぎます
P1270320.jpg
ふろふき大根。しゃきしゃきでみずみずしいのに、だしがたっぷりしみて、最高すぎ!
P1270323.jpg
タラとねぎ。葱の甘みがたまらず
P1270321.jpg
そんなわけで、銘酒ぞろいで酒もどんどんと。大好きな飛露喜もあるし。
P1270328.jpg
九平次もあるし。
P1270324.jpg
メバル丸焼き~。脂がのって、とろとろがたまらん。
P1270325.jpg
あの憎たらしいイノシシが、こんなおいしくなるなんて臭みもなく、イノシシとはおもえぬ。
P1270326.jpg
再び登場のたらの白子は、おしゃれな天ぷらに!
P1270327.jpg
地鶏と野菜のグリル。シンプルで、でも旨みがギュッと感じられて、おいしい~。
お酒もとどまるところを知らず(笑。いろいろ呑みたくなり、みんなで、回し飲み。
P1270331.jpg

P1270332.jpg

P1270333.jpg
結局、メニューに載ってる銘柄全部呑んじゃった。
もちろん、これ以外にまだまだありましたが、写真に収めきれず。
どのお酒もおいしくって、おいしくって、幸せ~な時間
おなかもいっぱいでしたが、シメはなんと
P1270335.jpg
特製カレー。なんともいえないコクと旨み。満腹なのに完食してしまいました。
デザートまで、いただきました。
P1270336.jpg

阿吽さんのお料理は、変わらず繊細で、美しくて、いい意味で裏切られるうまさ。
なにより、お酒のおいしさを倍増してくれるすごさ。
ほんと、参りました~金沢から、行く甲斐があるというものです。

しかも、帰りに結婚のお祝いにと特別にお酒までいただいてしまい。
何から何まで、心づくしが素晴らしすぎて、感動です
それなのに、せっかくいただいたお酒を糸魚川駅で、うっかり手を滑らせ破損してしまうという大失敗
阿吽さんに申し訳なく、お酒を造ってくださった蔵元さんにも申し訳なく、大反省

そんなわけで、いろいろありましたが、
おいしく楽しい遠足でした
ご一緒してくださった皆様、幹事のやっさん、かたふねの蔵元様、阿吽さん、に感謝感謝です

のんだくれ日記66

今年初めての更新です。
いまさらながら、明けましておめでとうございます
大好きなウッチャンが紅白の司会だったので、幸せな年越しをし、
年明け早々、いろいろお酒を呑むことができ、
今年もいい年になりそうだなと思いつつ
早速お酒の紹介でも。

農口尚彦研究所 本醸造生原酒 (石川)
PC260295.jpg

PC260296.jpg
石川県では、今一番アツイ酒なんじゃないかと。
満を持して、農口杜氏さん復活の新酒一発目。
本醸造というにはもったいないくらいのクオリティの高さ。
ぱっと華やかで、スパッとキレよく。
新しい蔵で、いきなりこんなすごい酒造れる農口杜氏さんは、やっぱり偉大です。
ちなみに、チャリ友ユーヘイ君も、頭(かしら)として頑張っているので、
ますます応援したくなるお酒です

萬歳楽 友白髪 吟醸 (石川)
P1040299.jpg
お祝でいただいたお酒。
寒いこの頃は、熱燗にしたら、とってもおいしくて。
さらりときれいな食中酒。

満寿泉 寿 平成20年醸造 (富山)
P1020298.jpg
なんと十年前のお酒。私が辞めた年の造りかなと。
友人が、当時のお酒をずっと寝かしていたらしく、お正月に持ってきてくれました
冷蔵保存ではないので、少しひね香はありますが、
蜜のようなとろりとした甘みを感じる、上品なお酒になってました。
こんな粋なプレゼントしてくれる友人に感謝です

宗玄 剣山 (石川)
P1060301.jpg
普通酒?本醸造?このへんのスペックのお酒をあまり呑んだことがなく。
坂口さんの造った宗玄しか、呑んでないんだなあと。
こちらも友人のお土産酒。
能登のお酒らしい、少し甘めの晩酌酒。うまいです。
熱燗でやりたくなります。

遊穂 ゆうほのしろ純米 (石川)
P1060300.jpg
毎年いただく定番酒。
今年も変わらず、フレッシュだけど旨い系の純米。
これ呑むと、ああ冬やなあって気持ちになります。

今回、狙ったわけではないのだけど、すべて能登杜氏さんのお酒。
これは何かあるなと思い、久しぶりに「一献の系譜」を見直してみたり。
能登杜氏四天王が揃ってるなと気づき。
P1080303.jpg

ついでに、友人が持参してくれたお土産も。
DSC_0498.jpg
ずいぶん前に、数量限定で発売された「満寿泉 キットカット」
私は、結婚式やらのバタバタで、買い損ねていて。
中田英寿プロデュース。満寿泉の貴醸酒味とのことでしたが。
想像以上に、日本酒感が強烈
おいしくないことはないのだけど、酒はそのまま呑むほうがおいしいかと。

あと、ちょこっと話題になったこちらも。
DSC_0503.jpg
ぶどうの木の「金箔カステラ」。お年賀に友人がくれました。
岡田准一君が、結婚の挨拶に配ったらしいですけど。
ちなみに、私たちの引き出物にもこちらを使用。岡田君真似したねなんてね。

新年は、能登杜氏さん尽くしで始まりました。
今年こそ、能登に行きなさいということかしらと思ったりして。
体調整えて、今年もおいしいお酒を呑めたらなと思います
みなさまどうぞ、本年もよろしくお願いいたします

のんだくれ日記65

いよいよ今年も今日で終わり。
なので、今年のんだお酒、振り返っとかないとな勢いで。

満寿泉 ひやおろし純米吟醸(富山)
PB070237_201712311536224a7.jpg

風の森 山田錦 純米 (奈良)
PB090238.jpg

三重のお酒 きき酒セット
PB200265.jpg
伊勢のお土産にいただきまして。
家で、プチきき酒選手権してみたり

御代菊 純米吟醸 みずもと仕込み(奈良)
PB200266.jpg
初めていただいた銘柄でしたが、いいお酒でした。
醍醐もとと同じつくりだと聞いた気がしますが。
お燗上がりするお酒で、食中酒ですいすいいける優しい印象のお酒でした。

毎年恒例のボジョレです。サントネール、樹齢100年のブドウってやつです。
PC060284.jpg

宝剣 純米 (広島)
PC060286.jpg

友白髪 天狗舞バージョン 上撰 (石川)
PC060288.jpg

開運 (静岡)
PC060289.jpg
中身はたぶん本醸造か普通酒だと思うんだけど、さすがおいしかった!
ちなみに、一緒に写ってる満寿泉はミニチュアですんで、そんな馬鹿でかい樽ではありません。

イタリアのワイン
PC240292.jpg
ワインのことはちっともわからんのですが、これは100%ジャケ買い。
ジロデイタリアのラベルです。
でも、味も果実味が効いてて、私好みの味わいでしたんで。

金滴 純米吟醸 (北海道)
PC250293.jpg
これは金沢では絶対買えないと思うのだけど、
北海道のお知り合いの方が送ってくださった1本。
最近、持ち寄りメンバーに北海道出身の方が増えたこともあり、
北海道のお酒がいろいろいただけておもしろいです。

米鶴 かっぱ 特別純米酒 超辛口(山形)
PC250294.jpg
毎年定番の新酒。これ呑まないと新酒の季節来た気がしないのよね。

おかげさまで、結婚と引っ越しで、たくさんの方からお祝いにお酒をいただきました。
本当にありがたいことです。
そんなことで、いつも以上に、たくさんの方にお世話になった一年でした。
お世話になった方々には、恩返しできるよう、
微力ながら努力していきたいと思いますので、
来年もどうぞよろしくお願いいたします
来年も、変わらずおいしいお酒がたくさんいただけますように!!
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。