FC2ブログ

池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

渋温泉に行ってきた

12月22日 土曜日 
久しぶりに温泉旅行にでも行きたいなあということで、長野の渋温泉へ行くことに
理由は「ウッチャンが一度泊まってみたい宿って言ってた」ってコメントしてる人がいた宿に泊まりたい!
ということで、行ってみた。

近くには、お猿さんが温泉に入るという地獄谷の野猿公苑があり。
冬季は、近くまでの道が閉鎖されるので、駐車場からてくてく30分ほどのトレッキング。
ビックリなのは、すれ違う人の8割が外国人。こんな田舎までよく来たものだなと・・。

公苑内のサルは、餌付けされてるので、人にはかなり慣れた様子で。
早速いたぞーーー
PC220610.jpg
ああ、かわいいこの日は割と暖かかったので、温泉に入っているのはわずかでしたが。
PC220607.jpg
暑くて顔が真っ赤っかになっちゃってるし。
スタッフさんがエサをまくと、必死でたべるたべる。
PC220621.jpg
こんな近くまで寄っても、お構いなしでした。
PC220618.jpg
かなりたくさんいるので、ずっとみてても飽きませんが、さすがに寒いので退散

いよいよ、お楽しみの渋温泉
昔ながらのひなびた温泉街。道も狭くてこじんまりして、昭和な雰囲気満載。
お目当ての宿は、「金具屋」さん。
PC230640_20181230144119d7c.jpg
この宿、昭和初期に建設された木造4階建ての登録文化財指定されている歴史ある宿。
ジブリの「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルになったかも?なんて噂もあるとか。

ここには、貸切風呂が5つ、男女入れ替わりの共同浴場、露天風呂があり、入り放題!
早速温泉だ!!ってことで、貸切風呂と露天風呂に。
すべて源泉かけ流し、ぽっかぽかになる~。

5時半からは、館内文化財ツアーなんてものもあり、ためしに参加。
PC220627.jpg
200畳もある宴会場からスタートし、木造部分の建物をぐるりめぐります。
宮大工さんが建てたので、釘は使わず、すべて木組みでできているとか、
使わなくなった水車の部材をリサイクルしたりとか、
昔の人は粋なことをしたもんだなあと、建築に疎い私でも興味深かった。
PC220639_20181230144118ffc.jpg
ここも、建物の中だけど、外を歩いている気分を味わえるようにと、あえて軒があるらしいです。

夕飯は、先ほどの宴会場で。山の幸満載。
PC220631.jpg
地元の日本酒とビールををいただき、おなかいっぱいで満足

腹ごなしに、再び温泉!
金具屋もライトアップされて、昼とは違って幻想的でステキ
PC220633_2018123014411694f.jpg

渋温泉街では、宿に泊まると外湯めぐり専用のカギを渡され、
九湯ある外湯に入れるという趣向になっており。
PC230645.jpg
オートロックなので、鍵がある人だけが入れる。
どこもこじんまりした浴槽があり、温泉がなみなみとかけ流し状態。
これがまた熱いのなんのってわけで、水をじゃぶじゃぶ足して入るという贅沢っぷり。
そのおかげで、常にきれいなお湯が張られているので、地元の人もひとっぷろ浴びに来ているみたい。

温泉入ると意外に体力を使うもので、この日は六湯で終わりにしときました。
続きは次の日の朝に入り、すべての外湯を巡ってきました。
源泉が微妙に違うみたいで、近くにあるのに、お湯が全然違うのがおもしろかったなあ。
そんなに温泉に入ってられるもんかしらと思ったけど、
あると入ってみたくなるのが人ってもんで、案外楽しかった

ふやけるほど温泉を満喫し、久々に楽しい旅になりました。
金具屋は、建物が古いので、音が相当に響いてよく眠れないことと寒いことをガマンすれば、
温泉は心地よく、人が少なくてお風呂は広々しているし、満足です
金沢からでも三時間ほどで行け、また行ってみたいなと
スポンサーサイト



福助でそば懐石を楽しもう! at 砺波

9月8日 (土) 
以前から、話題に上がっていた砺波の蕎麦の人気店「福助」で呑みたいなあ、ということで、
仲良しさん達が集まり、夜の予約メニューである「そば懐石」をいただきに行ってきました
お料理がとってもすばらしくて、とにかくおいしくて感動
楽しくて、幸せなひとときでした

こちらの女将さんが、蔵人時代の知人なので、お店ができたころから知ってたのですが、
ランチに一度来たきりで、久しぶりの訪問。
5年くらい前に来たときは、すごい行列でビックリ

金沢からIRとJR城端線を乗り継ぎ、砺波までプチ遠足。
砺波って車か自転車でしか行かないので、電車に乗るのは新鮮な感覚。
P9080444.jpg
立派な建物。富山って感じがする。
P9080442.jpg
なんと、待合スペースには、かわいいお出迎えが
P9080445.jpg

席に通され、どきどきわくわくもちろんお酒もいろいろ
P9080446.jpg

P9080447.jpg
またここでも、かえる酒これ以外にも、地元富山のお酒も数種類。

JAZZが流れ、落ち着いた雰囲気の中、お料理も次々と。
お品書きがないので、何がいただけるのかは、来てからのお楽しみ!
P9080451.jpg
とりあえず乾杯!!ワイングラスで、香りも存分に楽しみながら、じっくり味わえます。

P9080449.jpg
先付。どれもお酒がすすんでしまう、一品。
P9080450.jpg
おこぜのお造り。むっちり食感が、心地よく。
P9080452.jpg
あおりいかのお造り。こちらは塩で。甘みを存分に味わえます。
P9080453.jpg
しめサバ。浅くしめてあり、ほぼ生。身がしっかりで、なんともうまいサバ。
一緒に出たワサビも、鳥取で原種を育てている方から分けてもらったという貴重なもの。
爽やかさが一気にひろがり、ほんのりつんとした辛みがやってくる、なんともおいしいワサビで

P9080454.jpg
白みそ仕立てのなめこ汁。みその甘みがやさしくて、染みます。
P9080455.jpg
なあんと!!まつたけが、まるまるっと天ぷら。贅沢の極みです。
しゃきしゃきで、それはそれは香りがすばらしくて、秋を満喫してしまいました
P9080458.jpg
どちらの牧場か記憶が定かではないのですが、ローストポーク(たしか・・・)
しっとりした赤みが、たまらんです。付け合せのインカの目覚めもさつまいもみたいにあまいんです。
そして、蕎麦屋さんとは思えない本格リゾット。

お酒もぐいぐいいけちゃうので、私たちの呑みっぷりをみたご主人がサービスで。
P9080456.jpg
おお、新政!っていうよりも、私はまたカエルだわの方に感激
コーラ開けたんか!っていうくらいのガス。まさに炭酸飲料。
そして、いよいよシメのお蕎麦。玄挽きそば。
P9080460.jpg
のどごしが心地よく、つるつる、ぺろりといただいてしまいました
P9080464.jpg
デザートまでしっかりいただいて、すっかり大満足、満腹です。
そして、本日いただいたお酒もだしていただいてしまい・・・
P9080462.jpg
P9080463.jpg
飛露喜と九平次は、メニューないのですが、特別に出していただきました。
どちらも、とってもとってもおいしくて、幸せ

蕎麦屋さんで、こんなに楽しくおいしいお料理をいただけるなんて!
ご主人の西村さんには、お世話になりました。
まじめで、丁寧なお仕事をされる素敵な方でした。
こんな立派なお店の女将さんになった知人もすごいなあと。
子育て中ということで、この日は会えなかったけど、また会いに来たいなと思いました。

いつもながら、セッティングしてくださったやっさんに感謝です
楽しい時間をご一緒してくださった皆様にもありがとうございます

スペイン旅行 その3バルセロナ編

2月21日(水)
グラナダからバルセロナへは、飛行機で一時間半ほど。
グラナダ空港へは、リムジンバスの乗り場が怪しいという話だったので、タクシーで。
ただ、ホテルで頼んだこのタクシーが曲者で、話では30ユーロくらいで行ける話だったのに、
なんと50ユーロもとられた・・・
P2210614.jpg
どうやらLCCぽかった。飲み物のサービスもなし。

何はともあれ、無事にバルセロナに到着。お天気は曇り空。
リムジンバスで、市内に向かっていると、なにやら雨が降ってきたぞ~。
晴れ女晴れ男の二人旅。ここまで全く雨に会わずだったんですけど。
P2210616.jpg

カタルーニャ広場から、地下鉄に乗り換え、ホテルにチェックインしてる間に、すっかりお天気は晴れ。
さすが晴れ男晴れ女夫婦。最強です。

というわけで、さっそく市内観光へ行ってみようと、カタルーニャ音楽堂。
P2210620.jpg
ガウディのおひざ元みたいになってるバルセロナですが、
それ以外にも、美しい現代建築はたくさんあり。モデルニスモ様式という建築。
こちらも、時間予約制で、ガイドがつくツアーで見学できます。
P2210627.jpg
実際に今も、コンサートなどに使用されているので、講演がない時間のみの見学。
P2210633.jpg
アルハンブラとは違い、こちらは100年ほど前の建築なので、比較的新しい感じもします。
P2210635.jpg
ステンドグラスが、とにかく美しく。自然光を生かすのがスペイン流のようです。

近くにあるカテドラルまで、てくてくと。
P2220641.jpg
これもまた、グラナダのカテドラル同様、なんとも立派です。
P2220652.jpg
よくわからないまま、何やらチケットを見せたら、
エレベーターの乗り場があり、展望台に上がれるようになってた。
サグラダファミリアも、見えたよ~。サグラダファミリアは、次の日にチケット予約していたので、わくわく。

カテドラルの傍には、市場があり。寄り道してみると、かなりの人で賑わってる。
サンジュセップ市場。観光客が多く、いろんなお店があります。
P2220657.jpg
八百屋さんのフルーツが、さすが地中海!しかも安い!
P2220656.jpg
もちろん、肉屋さんも、たくさんあるし。
P2220659.jpg
バドリッド同様、ミニバルがあり、あちこちでみんなピンチョスなどをつまみに、呑んでました。
金沢の近江町市場で、カキとかカニとか食べれるみたいなもんだなとも思ったけど。

この日は、夜にディナー付フラメンコショーを予約していたので、時間までベイエリアを散策
P2220670.jpg
地中海の夕暮れだ~と思ったけど、赤レンガ倉庫みたいなものがあったり、
まるで横浜!ショッピングモールなんかあったりして、お台場?みたいな趣でした。
しかも、日が沈むと、恐ろしく寒い。日本と変わらんじゃないかというくらい。

いよいよお楽しみのフラメンコ。
P2220672.jpg
ディナーは、ビュッフェで食べ放題ワイン頼んだら、まさかのボトルで
P2220677.jpg
いろんなスペイン料理があって、結構おいしく楽しめました。
DSC_0275.jpg
舞台はちいさめでこじんまりなんで、ものすっごく近い。
ディナーを頼むと前列に座れるということでしたが、近すぎてすごい迫力。
ギターもかっこいいし、感動します。といいつつ、ワインが効いて、途中でうたた寝する始末
いやでも、これはすごいです。情熱の国っぷりを満喫できました。

2月22日 (木)
ついに、念願のサグラダファミリアを目指し、地下鉄。
比較的人が少なめだという朝早めのチケットを予約したので、朝一番で向かいます。
地下鉄の駅から地上に出たら、いきなりもう出たーーーーー!!
P2220688.jpg
ひゃあ、今まで見た聖堂で一番すごいさすが大聖堂。
イタリアのドーモもすごいと思ったけど、いやはやそれよりずっとすごかった
早速、中へ入場。今回、イヤホンガイド付きのチケットにしたので、ガイドに従い進む。
DSC_0286.jpg
生誕のファアサード(塔)から入ります。彫刻の精密さがすばらしく、日本人の方が修復されたのは有名な話。
いよいよ中に入ってみると、これまたイメージが違って、びっくり。
P2220694.jpg
森の木々をイメージした柱。こちらも自然光を取り入れた造り。
P2220710.jpg
ステンドグラスの美しさは、なんともいえません。
P2220710.jpg

生誕のファサードと受難のファサードがあり、いずれも上まで登れます。
私たちは最初にできた生誕のファサードに登ってみた。
P2220698.jpg
がっつんがっつん工事中。完成は8年後の2026年の予定だそう。
で、こちらが受難のファサード。おどろおどろしいです。
P2220721.jpg
生誕のファサードと受難のファサード。陰と陽を表現しているらしいとのことです。
ガウディはやっぱりすごい人やなあと思いつつ。

二階建てのシティツアーバスのチケットで、名所めぐりへ。
P2220744.jpg
チケットを買えば、一日乗り降り自由。ルートも2種類ありますが、どちらも乗れます。

次は、モデルニスモ建築のサンパウ病院。世界遺産です。
P2220735.jpg
こんな美しい病院にいたら、いつまでも入院していたくなってしまうんではなかろうかと。

再びバスに乗り、ちょっと郊外の方へ向かい。
次もガウディの建築したグエル公園。もともとはニュータウン目的だったとか。
P2220752.jpg
モデルハウスが2軒だけあり、ガウディが忙しくなったから、ニュータウンにならなかったらしい。
P2220755.jpg
定番のやつ。タイルって、きれいやなあと。

しばらく、バスで市街地を眺める。ただ、オープンデッキは寒いのなんの
P2220773.jpg
高級ブランド店も並ぶランブラス通り。銀座みたいなもんかね。
P2220775.jpg
都会なんだけど、ビルじゃなくって、石造りの建築があるとやっぱりヨーロッパらしいなと思える。
P2220776.jpg
自転車乗ってる人もたくさんいます。地下鉄も輪行できるみたいで、自転車ごと乗ってる人も見かけた。

私はサッカーに興味がないので、寄りませんでしたが、FCバルセロナのカンプノウスタジアム。
P2230793.jpg
楽天のものすっごいでかい広告があって、あれ?日本?みたいな気分でした。

ぐるりバスツアーも楽しんだので、時間もあったし、ガウディ建築をみにいくことにし、
ランブラス通りにある、カサ バトリョへ行ってみました。
P2230812.jpg
海をコンセプトにしたバトリョさんのアパートということらしいです。
バルコニーの柵が、魚の頭のような、骸骨のような、独特な雰囲気。
DSC_0389.jpg
ここも自然光を生かした吹き抜け。換気窓の構造とか、建具の取っ手とか、
デザインだけじゃなくて、機能性も相当考えられているらしいです。
DSC_0378.jpg
ここの面白いのは、日本でもスマホ付のイヤホンガイドが渡され、
スマホで、当時の暮らしぶりなんかが出てくるという趣向がこらされていること。
入場料はお高めなのですが(世界遺産なのに、補助金などはもらってないからだとか)、楽しめます。

スペイン最後の夜。おなかも減ったので、近くにあったピンチョスバルへ行ってみた。
P2230814.jpg
ここは、日本語メニューもあり、安心です。
P2230815.jpg
串に刺さったおつまみが、50種類ほどあったかなと。
ひとつひとつが2ユーロほどなので、わりとお安く。
おつまみと思えば、ちょうどいい感じで楽しかったですが、ここのサングリアはイマイチ。
チェーン店らしいので、味はたいしたことないみたいだったけど、まあ悪くなかったです。

デパ地下のスーパーで、お土産を買いこみ。ワインの棚だけで3列くらいあってさすが。
オリーブもオリーブオイルもあまりにもたくさんあって、
眺めているだけでも楽しかった
ホテルへ帰る前に、サグラダファミリアのライトアップを見に。
P2230817.jpg
夜も迫力満点。思う存分満喫できました。

とうとう旅も終わり。無事に日本にも帰り着きました。

スペイン料理は、とにかく何もかもおいしかった。
パンとハムがとにかくおいしくて、それだけでも楽しめる。
スペインワインも、さらっとおいしく、私にはぴったりあってました。

スペイン人も、フレンドリーでいい人多かったし。スペインいい国です。
今回行った3都市とも、見どころ満載で、飽きずに楽しめました
今まで行った世界遺産で、アンコールワットが一番かなと思っていたけど、
それを上回るくらいの感激があったかもなあと。
アルハンブラ宮殿も、サグラダファミリアも、どっちもよかったなあ。
また、行ってみたいなと思いました。

お休みをくれた会社に感謝
夫君が英語が話せたおかげで、私はお気楽で楽しめたし。夫君にも感謝です
英語は話せるようにならんとなとつくづく。

久しぶりに海外に行って、日本はほんとに小さい国やなあと、
ヨーロッパのスケールのでかさにあっけにとられ。
世界は、まだまだ広い。知らんことだらけ。久々にいろいろ経験できて、勉強になりました。
またどこか行ってみたいな

スペイン旅行 その2グラナダ編

2月19日 (月)
マドリッドから、アルハンブラ宮殿のあるグラナダへは、
特急列車のAVEと、振替バスで移動です。
地球の歩き方によると、グラナダまでは工事中で、予定では開通しているはずなんですが、
どうやらまだ工事が終わってない模様。
P2190416.jpg
AVEの改札に入るためには、飛行機と同様、セキュリティチェックがあり。
新幹線みたいんものですが、どっちかというとサンダーバードっぽかったかな。
アンテケラという駅で、下車し、グラナダに行きたい人は、みんなバスに乗り換え。
P2190425.jpg
中国人ばっかりでした。

グラナダに到着し、駅からホテルの最寄まで路線バス移動。
こちらでも、チケットの買い方がわからず、スペイン人の親切なおばちゃんが助けてくれました

早速、グラナダの街を散策すべく、展望台のあるアルバイシン地区へ。
P2190441.jpg
楽しみにしていた、アルハンブラ宮殿が見えるサンニコラス展望台まで。
この日は薄曇りで、景色がイマイチだったので、次の日に期待。
グラナダの市街に戻り、時間もあるのでカテドラルに向かうことに。
P2200458.jpg
こちらも、またもやでかいです。スケールが日本とは違いすぎる
P2200465.jpg
キリスト教恐るべしです。こんな大きなの作っちゃうんだもんなあ。

アルハンブラのチケットを頼んでおいた「日本語情報センター」という代理店にいくと、
日本人のスタッフの方が、とても親切に情報を提供してくださり、これは助かりました。

おなかもすいたし夕飯でもと思ったら、グラナダのレストランやバルは、
昼営業の後、夕方4時~8時まで閉店して、8時から深夜まで夜営業するとか

空腹と眠気で、すっかりくじけそうになりつつも、おすすめしてもらったレストラン「レオン」へ。
P2200471.jpg
景気づけにサングリア!!!これは本当においしかった
お酒の飲めない夫君は、1杯しかのめないので、
まさに、このピッチャーごと私一人で飲み干してしまえるくらいおいしかった~。

日本語メニューもあり、この地方の郷土料理などもあり、ボリュームもあり、大満足
P2200472.jpg
エビのアヒージョ。思いのほかエビ満載でしたが、ニンニクが効いて、ぺろりと。
P2200473.jpg
ブタの睾丸と脳みそ入りオムレツ。魚入りコロッケ。特製もりもりサラダ。
日本人がたくさんいたようですが、立ち飲みバースペースもあるので、おすすめです。

2月20日 (火)
盆地なのか、放射冷却のせいか、朝はとっても冷えるグラナダ。でもとってもお天気。
早速、アルハンブラ宮殿に向かいます。
スペインに侵攻される前のグラナダ王国の繁栄がそのまま残されているとか。
およそ800年前に、ムハンマドが作らせたイスラム建築です。

早速、その王が暮らしたナスル朝宮殿を。
ここだけ、時間予約制のチケットが必要で、少人数ずつしか入場できないようになっています。
とはいえ、中に入るとすでにたくさんの観光客でにぎわってました。
P2200489.jpg
アラヤネスの中庭。夏は暑いので、とにかく水が豊富なことが、繁栄のしるし。
結構な高台にあるのに、どうやって水をひいたものやら、すごいなあと。
水は、シエラネバダ山脈の雪解け水だそうです。
P2200491.jpg
彫刻がとにかく、細かい。細かすぎます。
P2200497.jpg
天井まで、こんな彫刻どうやってやったものかしらと・・・。
P2200498.jpg
ライオンの中庭。なぜかこのライオンだけ、彫刻がざっくりなのが、不思議で・・・。ギャップがいいんですけど。
P2200502.jpg
ムハンマドすごいわ、と思いつつ、ナスル朝宮殿を出ると、
軍事要塞となっているアルカサバに通じる道があり。
P2200529.jpg
ここからは、グラナダの街が見渡せ、まさに王様気分。
P2200509.jpg
さきほど行ったナスル朝宮殿はこんな感じ
P2200520.jpg

この日は、アルハンブラの敷地内にあるパラドールというホテルに宿泊予定。
かつての修道院を改修して作られた国営の5つ星ホテル。
せっかくだから満喫しようというわけで、ランチもホテルのレストランで。
P2200545.jpg
パエリアとワインと。ザ、スペインやね。
ネット情報では、料理はイマイチとありましたが、私は全くそんなことなく、おいしくて。
季節ではないけど、冷製スープのガスパチョも、おいしかったし。
ワインのあてに出てきたピリ辛のオリーブが、抜群においしかった~。

ひとやすみし、次は王が避暑地にしていたフェネラリフェへ。
P2200553.jpg
庭園が美しいのですが、王が愛人と過ごすための場所だったらしい。
P2200560.jpg

昨日行ったアルバイシンの丘に行き、再びサンニコラス展望台に向かうと、
それはそれは絶景が。昨日とはうってかわって、シエラネバダ山脈が美しいアルハンブラ宮殿。
P2210570.jpg
歩いて登ると結構息が切れる感じなのですが、これ見たら吹っ飛ぶ。
脚に自信がない方は、アルハンブラバスがあるので、ぜひバスで。

今夜泊まるパラドール。レストランは宿泊しなくても食事できるそうです。
P2210586.jpg
ここのテラスは、宿泊者専用。
P2210601.jpg

夕食も、再びパラドールのレストラン。
昼とうってかわって、かなりたくさんのお客さんで賑わってました。
P2210588.jpg
英語メニューはあります。たぶん郷土料理の豆の煮込み。スパイスが効いておいしかったよ。
P2210589.jpg
イベリコ豚のロースト?味は牛肉だったから、絶対間違えたんだと思ったけど、イベリコだったみたい。
前日のレストランと比べると、やはりお値段はお高めですが、
ビックリするほどではないし、ワインもとってもおいしかったし満足

夜のアルハンブラもライトアップされて、幻想的でステキでした。
P2210595.jpg

次の日は、フライトが朝早く、パラドールの朝食が食べられなかったのが、今回最大の心残りでしたが、
グラナダは、想像以上に美しくいい街でした

スペイン旅行 その1マドリッド編

新婚旅行ということで、先月スペインに行ってきました
6泊8日、マドリッド~グラナダ~バルセロナというコース。
思う存分スペインを満喫し、とっても楽しい旅となりました
サグラダファミリアみたい!スペイン料理たべたい!というわけで。

2月17日(土)
まずは、最初の目的地、マドリッドへ。
今回は、成田→アムステルダム→マドリッド。
オランダ航空、機内食もおいしく10時間以上のフライトもなんとか。
今回、フリープランの旅行なので、移動や食事は自力で。
いきなり、マドリッド空港からの電車の切符の買い方が???
親切な中国人の若者に教えてもらい、なんとか無事に電車にのり、ホテルに到着。

2月18日(日) 
お天気もいいので、街をテクテク散策しつつ、プラド美術館へ。
P2180368.jpg
ゴヤ、ルーベンス、などなど。スペイン国王だったフェリペ一族の肖像画やら、宗教がやらが多く。
オープンカフェで、ランチ。
街中には、オープンカフェがいっぱいあって、休日だったためか、
みんなワインやらビールやら飲みながら、ランチしてていい感じ。

プエルタ デル ソル。渋谷のハチ公みたいなもんらしい。
P2180376.jpg
マヨール広場。フェリペ3世が作らせた広場。
P2180379.jpg
大道芸人と、人々がいっぱいで、ものすごく賑わってた。

休憩がてら、老舗のカフェで名物のチュロスでも。チョコおいしいけど、甘くて・・・。
P2180382.jpg
ショコラテリア サン ヒネス。マヨール広場から、裏通りを入っていったすぐです。
P2180383.jpg

てくてく歩いて、王宮に向かい。
入場したら、あまりの大きさにビックリ大きすぎやろ。部屋ありすぎやろ~。
DSC_0101.jpg
フェリペすごすぎです。なにせ部屋が2700室もあるとか
P2180390.jpg
さすが、太陽が沈まない国だっただけあるなと。
王宮内は撮影禁止のため、これだけですけど、中もとにかく豪華絢爛でした。
広場では、馬に乗った警察官が、パトロールしててかっこいい
P2190396.jpg

日も暮れてきて、小腹もすいたので、サンミゲル市場でかるく一杯
P2190395.jpg
あちこちに立ち飲みスペースがあって、楽しげ。
P2190394.jpg
人が多くて空席もあまりなかったので、好きなものをテイクアウトしてホテルで呑み直し。
P2190402.jpg
イベリコ豚、パエリア、アルハンブラビール。
ビールが70セントであまりに安すぎる感がありましたが、意外においしく呑んじゃった。

スペイン初日。スペイン語はさっぱりわからんけど、なんとか楽しめました。
次の日は、朝から電車でグラナダへ向かいます。
次のページ