池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

学会発表

2月3日・4日 仙台 
久しぶりの学会発表のため秋田へ。
と、その前に、いつもお世話になっている仙台のA先生のところへ体外受精のあれこれを。
スタッフの方と、いろいろと情報交換。勉強になりました。

それなりに、まじめに仕事はしつつ、今回はグルメ出張といった趣で
01cdbf04aaf0c975f44d7ef99a29d7a48f975feecc.jpg
ランチにいただいた、初スープカレー。
野菜がたくさんで、おなかいっぱい。おいしい

夜はおなじみの利休!
IMG_0525_201502081801561a7.jpg
もちろん、牛タン
0162eeabd257487804825b0fd32ae33a7ffcd2c94f.jpg
もちろん酒たのんだ一升瓶があっという間に空に・・・・。
010ee2d71b53f5c37061eabe4da2bc0877795984fb.jpg
すんごい牛タンが出てきた分厚すぎやろ~~めっちゃジューシーでうまい!
01cede9010378a59af90e6f60e6581140fc63bcedb.jpg
その後、大好きな飛露喜、田酒、日高見といただき、すっかり酔っ払い。
014a77cde69e4b7f8a5cab154c3e2f30beb8253043.jpg
楽しい仙台ナイトでした

2月5日・6日 秋田
A先生御一行様とご一緒させてもらい、仙台から秋田市まで移動。
車でも3時間以上かかり、東北って広い~~~と実感。
1日目はシンポジウムと懇親会。
早速、秋田名物稲庭うどん。比内地鶏のつくねといただき。うまい!
0118d287aa646872bd37354feaa319fbaf557ccea6.jpg

シンポジウムでは、いろいろためになるお話を聞き、懇親会!
秋田の銘酒がずらりと並び、テンションも上がる
01f0a10a2bf126eeb107541d5a3df2314e65d88433.jpg
秋田県気合い入ってます!なかなかここまで揃えてるってないよなあ~。
秋田名物きりたんぽもおいしく。
01754a77ae84c507368d2cf17e3f45798e117df5fb.jpg
う~ん、これで明日の発表頑張るぞと気合いを入れつつ。
えらい先生方からも、いろいろと教えていただき、楽しい時間でした。

次の日の発表に備え、今回は2次会はパスで残念。
ま、ここまでさんざん呑んでんだからいいのか・・・。

いよいよ発表。午前中のラストということで、順番が来るまでそわそわしちゃう。
慣れないことで、どうなることやらでしたが、なんとか終了。
IMG_0532.jpg
いろいろ課題も与えられ、今後の仕事に張り合いがでるというもの。
まだまだやらねばならんことは、たくさんあるということで。
いざ発表というと、準備やら何やら嫌やなあと思ったけれど、
得られるものは大きいし、アピールすることは大事だなと。
01d33fcd1647eb74bf0227bc4004a90bca1bda1d86.jpg
たまにはこういう緊張感も必要だということで。
地道に、やれることから頑張るとします。

今回、有意義な時間を過ごすことができたのも、仙台でお世話になったA先生とスタッフの皆様、大阪のI先生のおかげ
ありがとうございました
スポンサーサイト

リケジョのはしくれ

細胞培養を仕事にしてる私としては、
聞き捨てならないSTAP細胞がらみのニュース。

ほんとのことは私にはわからないけれど、嘘はいかんよね。
データ改ざんとかってね、そりゃあ、やりたくなるけれども。
なにせ、生き物を扱うってのはほんとに難しいと思う。
再現性の問題も指摘されていたけれど、
全く同じ結果なんて、でるわけないやろと思う。
ま、もちろん同じ結果出せるようにしないといかんのですけどね。

人間だって、毎日同じ物食べて、同じように生活してたって、
毎日同じような体調かっていうとそんなことないだろうし。
気候とか、月の満ち欠けとか、いろんな外的要因が作用して、
ちょっとずつ違ってくるわけで。

私だって、毎日同じ培養液で、同じ培養条件で体外受精していたって、
受精卵がたくさんできる時もあれば、そうじゃないときもあり。
何年かやっていたって、毎日難しいなあと思う。
2010.11.23F1day8凍結拡大
私のかわいいわが子、うしの受精卵たち
ほんと、これ作るのに、どれだけ手をかけてやっていることやら

難しいこそやりがいがあるわけで。
でも、生き物や生命を扱うからには、もっと慎重にやってほしいなと思う。
もちろん、小保方さんは、私なんかよりずっと賢くて頑張ってるんだろうけど。
えらいおじさんたちに騙されただけかも、とかあれこれ勝手に憶測したりね。

ま、マスコミも騒ぎすぎよね。
動物園のパンダじゃあるまいし。
派手にやりすぎた理研もどうかと思うが。

何事も、まじめに正直にやろうと思います。
ちなみに、私は白衣も割ぽう着も着ませんが、つなぎを着るリケジョです
sigoto1_2014032622482957d.jpg


テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

お引越し

今日は会社の事務所のお引越し
IMG_0154_20131225215446b9b.jpg
体外受精の仕事を先生たちが始めてから、
初めて培養をストップするので、ちょっとドキドキ。
ある程度荷物をまとめて、大きな機械類を引越し屋さんにお願いし。
IMG_0156_201312252154466d6.jpg
大した荷物でもないのに、大きなトラックが二台と若い男性スタッフ5人も・・・。
案の定一台の半分ほどにしかならんし。そんないらんよね。

しかも、新しい事務所は、今の事務所の裏なので、目と鼻の先。
引っ越しもちゃちゃっと終了~。

そもそも一年ほど前に、「事務所建てっか。」という先生の一言から始まり。
確かに、今の事務所は私独りで培養だけしているにはちょうど良かったのだけど、
それ以外の業務が増えると、ちょっと窮屈かなという感じで。
でも、わざわざ新築するのもなあと思っていたのだけど、
いつのまにやら話は進み、気づいたら設計ができ、いよいよ着工。
そして、先週ようやく完成となりまして。
IMG_0157.jpg
今の事務所の二倍くらいの広さ。
えらく立派で、仕事だけするにはもったいないくらいちゃんとしているし~。
しかも、なんだかオッシャレーな雰囲気で
IMG_0149.jpg
なぜか事務所なのに間接照明?!ここはカフェか??な感じ。
まさかこんなところで牛さんの受精卵作ってるなんて、わからんよなあ~。

とりあえず、2、3日中に片づけして、さっそく培養にかかります。
快適空間にしてもらったので、頑張って仕事しなきゃ
バリバリ仕事して、いい成績出せるようにがんばるぞ。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

仙台研修

11月30日 土曜日
昨年、夏に行った仙台の研修に今年も参加。
受精卵移植実務者研究会、ということで、民間で受精卵移植を行っている先生方の集まり。

うちの先生も、民間企業で牛の体外受精卵の作出と移植を初めて行ったということで、
これまでの実績を発表
PB300086.jpg
こういうとこに来ると、うちの先生ってすごい方や!!としみじみ思う。
えらい先生方のお話を聞き、いろいろ勉強になりました。

で、お約束の懇親会は牛タンの利休貸切
IMG_0118_201312032215545da.jpg
仙台と言えば牛タンよ
肉厚でさすが、うまいです。ジューシーです。

呑む担当の私は、もちろん酒
伯楽星の新酒だあ~。
IMG_0121.jpg
こちらの店長さん、伯楽星の新沢さんとお友達ということで、PBのお酒も伯楽星!
私が蔵人だった話をしたら、もりあがり、貴重なお酒も特別にいただけてラッキー
もちろん、お仕事の話も、いろいろと情報収集して。

その後、2次会は仙台の繁華街に繰り出す!仙台は都会や。
PB300094.jpg
仙台と言えば、これも名物やし
IMG_0123.jpg
大好物の生ガキがっつりたべさせていただきました。
やっぱカキはおいしいのだあ。
PB300095.jpg
ためしにきき酒セット。
酔っぱらってよくわからんかったけど、あんまり好みではなかった。
調子に乗って呑みすぎました。反省。
とにかく楽しくてたまらんかったんです。
お酒はおいしいし、酒の肴はうまいし、幸せでした。

研修1日目は、なんとか終了。

12月1日 日曜日 
研修2日目。農場にて、フィールド実習。
内視鏡を用いて、受精卵を牛さんに戻す試験中の先生のデモ。
これが牛さん用の内視鏡。
PC010107.jpg
超難しそうで、私には到底出来んテクニックやわあ。
あいにく私は獣医さんじゃないので、やれないのだけれど。

引き続き、うちの先生もじゃんけんに負けて?OPU(経膣採卵)のデモ。
PC010110.jpg
こないだ私が学会発表したやつがこれ。
生きてる牛さんの卵巣から、直接卵子を吸引採取して体外受精する技術。
人の体外受精はこれがルーチンなんだけど、牛ではまだまだ。
民間での例数はうちの先生がダントツだと思う。
この日も、うまいこといきました

仙台での研修はこれで終了。
今回も、たくさんの先生方や諸先輩方にアドバイスや情報をいただけて、
充実した時間になりました。
まだまだやらんといかんことがありすぎる!!やりたいこともありすぎる!!
というわけで、これを今後の仕事に生かしていかねば
呑んでばかりではないのです、これでも

研修後、東北をプチ旅行。次回につづく。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

今後の展開

久しぶりに仕事の話
ちょっと愚痴です。

夏場は、受精卵の需要が多くなるため、ぼちぼち忙しくやってます。
先週の土曜日(9月7日)、ボスの先生が、獣医師会主催の会で、
受精卵移植についての講演を行いました。
P9071770.jpg
石川県内で民間企業として積極的に受精卵移植を行ってるということで、
主に公的機関の先生方があつまる席でのプレゼン。
これまでコツコツと積み重ねた体外受精のデータを、紹介。
入社して4年、こんな風に自分の成果を人様にお見せできることがうれしかったり
講演を聞かれた先生方にも、「すごい!」とお褒めの言葉をいただけて良かったし。

とはいえ、まだまだ発展途上で、成績もまだまだあげていきたいところ。
現在進行中の試験もあるし、
これからどう展開していこうか!!と盛り上がりつつ。
いよいよ新しいラボの建設も始まることになり、
ますます頑張らねばと気合いをいれた矢先。

悩みの種だった後輩がとうとう退社した。
1年半よくもったというべきか。
仕事を覚えてくれない彼女に、1年半同じことを言い続け、私も疲れ果てた。
自分の与えられた業務と試験をこなしつつ、
油断ならない彼女の監督と、毎日のように繰り返されるミスをフォローし続けるのは限界やったし。
もうちょっと学校でちゃんと勉強してればよかったんだろうけどね。

まあ、お互いこれでよかったってことで。
そんなことになった途端に、妙に忙しくなったりしてますが、
業務は案外スムーズに進んでいるのが、皮肉なもの

そして、先日の北國新聞朝刊で。
P9121868.jpg
うちでは、ホルスタインでいつもやってるお仕事。
このプラン、うちの先生が以前県庁でプレゼンした時のものらしい。
能登牛(和牛)の受精卵足りないから、うちの体外受精で作りますよ!って言ったら、
こうなったらしい。

いろいろ思うところもあるのだけど。
能登牛ってそんなに需要あるのか??とか。
正直、試験場では、もっとやってほしい試験とかいっぱいあるんだけどな、とか。

うちでやってみたかったのはあるんだけど、
和牛はDNA鑑定とかシビアみたいし、うちでは大変かなということで。
ま、スタッフ欠けて、私もルーチンワークでいっぱいいっぱいになりそうやし。

ちょっと落ち込んでた受胎成績とかも、かなり上がってきたし、
こないだやった試験の結果も、結構いい感じでうれしい
忙しさに負けず、マイペースでガンバロっと

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

次のページ

FC2Ad