池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

のんだくれ日記67

毎日雪が降り続き、雪かきと睡眠不足でへとへとな日々です
そんなわけで、酒でも呑まないとやってられんというわけで。

農口尚彦研究所 純米 (石川)
P2130348.jpg
本醸造に続く第二弾。石川県限定発売。
酸しっかりめ、旨みもしっかりめ。
純米らしい生酒。私は本醸造の方が好みでした。

酔鯨 特別純米生酒 (高知)
P1290343.jpg
新酒らしい、フレッシュでジューシーな酒。
キレもよく、、うまいです。
酔鯨、やっぱ好きです。ラベルもかわいいしね。

萬歳楽 純米にごり酒 (石川)
P1290340.jpg
キレイで、すいすい呑める純米。
呑んでから写真撮ったら、にごりかどうかよくわからんくなっちゃった

農口尚彦研究所 山廃純米 (石川)
P1280338.jpg
P1280337.jpg
山廃らしい酸で、旨みとのバランスが抜群でした
頭をつとめるユーヘイくんがイチオシなだけあります。
う~ん、うまいんだよなあとしみじみしちゃう感じ。

長良川 立春搾り 純米吟醸 (岐阜)
P2120346.jpg
岐阜の伯父が送ってくれました。
搾ってすぐ送ってくれたのに、北陸地方の豪雪のせいで、到着したのがおよそ一週間後でしたが。
岐阜の酒らしい、いわゆる濃いめ、しっかりめの味わい。
立春なんだけど、雪はまだまだ続きそうで。早く春来ないかなあ~。

新酒が次々出てくるので、酒飲みも忙しいシーズン
雪ばかりで、外に出るのもおっくうになりがちだし、
家でうまい酒呑んで楽しまないとね

そんなこといいつつ、今週末から、久しぶりに海外旅行に行ってきます
日本酒呑まない生活も久しぶり。
無事帰ってこられることを願いつつ、楽しんできます
スポンサーサイト

持ち寄り会 番外編 at 新潟

1月27日 土曜日 
寒波に見舞われっぱなしで、雪が続く金沢。
金沢に戻ってきて、こんなに雪がひどいのは初めてかも、なくらい雪にうんざり。
そんな中、ひさびさの持ち寄り遠足ということで、
今回は、新潟上越市にある「かたふね」醸造元、竹田酒造店さんへの蔵見学、
糸魚川「阿吽」さんでの、お食事会へ

参加者6名。おなじみの持ち寄りメンバーが揃い、さっそく新幹線の中でも盛り上がり
とはいえ、糸魚川までは1時間弱なので、酒盛りもそこそこに、在来線へ乗り換えて。
P1270307.jpg
金沢より、新潟はやはり雪多かったけど、電車は走ってました。
途中、トンネルの中に駅があるなんていうところもあったりして、旅気分満喫

竹田酒造店最寄りの犀潟駅に到着し、タクシーでと思ったら、予約でいっぱいでタクシーがない!?
しかも、帰りに直江津に向かう電車も、運休が決定していたり・・・
どうにかなるやろ~と、なんとか、歩いて蔵まで無事に到着!
P1270308.jpg
しかし、予定の電車に乗ろうと思うと時間がない
大急ぎで、蔵を見せていただくこととなり。
P1270310.jpg
小さい蔵で、こじんまりと。
P1270311.jpg
ちょうど特別本醸造の火入れをされてるところで。和釜に蛇管入れてって昔ながらのやつ。
P1270313.jpg
仕込中の大吟醸のもろみもみせていただきました。
フルーティで、とってもとってもおいしそうな香りでした
P1270314.jpg
あまりにあわただしい見学になってしまい、申し訳ないところへ、
さらに蔵元さんのご厚意で、駅まで送っていただけることになり。
本当にありがたいばかりで、恐縮でした
というわけで、時間に余裕もできそうだということで、さっそく試飲でも
P1270315.jpg
私好みの、味わいしっかり目のおいしいお酒ぞろいで。やっぱいいなあ

お酒も味わい、お土産酒も買い、蔵元さんには、本当にお世話になり感謝です
ちなみに、金沢では、桂町の「酒のたみや」さんて、購入できますので。皆様ぜひ!

再び電車で、糸魚川へ。お楽しみの「阿吽」さんへ。
道中、大火災で蔵が全焼した「加賀の井」さんの前を通ったら、現在再建中ということで。
P1270316.jpg
周囲は、いまだ更地の所が多くみられ、火災の悲惨さを目の当たりにしてきました。
なんとか無事に到着二年ぶりの訪問だったようです。
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/blog-entry-757.html
P1270318.jpg

今回は、持ち寄りなし。お店のお酒を思う存分楽しもうというわけで。
早速、今日伺った「かたふね」のAUNオリジナルのにごり酒で乾杯
P1270319.jpg
早速、料理も次々と~。ポークとたらの白子。
もういきなり、どちらも未体験のお味で、お酒が進みすぎます
P1270320.jpg
ふろふき大根。しゃきしゃきでみずみずしいのに、だしがたっぷりしみて、最高すぎ!
P1270323.jpg
タラとねぎ。葱の甘みがたまらず
P1270321.jpg
そんなわけで、銘酒ぞろいで酒もどんどんと。大好きな飛露喜もあるし。
P1270328.jpg
九平次もあるし。
P1270324.jpg
メバル丸焼き~。脂がのって、とろとろがたまらん。
P1270325.jpg
あの憎たらしいイノシシが、こんなおいしくなるなんて臭みもなく、イノシシとはおもえぬ。
P1270326.jpg
再び登場のたらの白子は、おしゃれな天ぷらに!
P1270327.jpg
地鶏と野菜のグリル。シンプルで、でも旨みがギュッと感じられて、おいしい~。
お酒もとどまるところを知らず(笑。いろいろ呑みたくなり、みんなで、回し飲み。
P1270331.jpg

P1270332.jpg

P1270333.jpg
結局、メニューに載ってる銘柄全部呑んじゃった。
もちろん、これ以外にまだまだありましたが、写真に収めきれず。
どのお酒もおいしくって、おいしくって、幸せ~な時間
おなかもいっぱいでしたが、シメはなんと
P1270335.jpg
特製カレー。なんともいえないコクと旨み。満腹なのに完食してしまいました。
デザートまで、いただきました。
P1270336.jpg

阿吽さんのお料理は、変わらず繊細で、美しくて、いい意味で裏切られるうまさ。
なにより、お酒のおいしさを倍増してくれるすごさ。
ほんと、参りました~金沢から、行く甲斐があるというものです。

しかも、帰りに結婚のお祝いにと特別にお酒までいただいてしまい。
何から何まで、心づくしが素晴らしすぎて、感動です
それなのに、せっかくいただいたお酒を糸魚川駅で、うっかり手を滑らせ破損してしまうという大失敗
阿吽さんに申し訳なく、お酒を造ってくださった蔵元さんにも申し訳なく、大反省

そんなわけで、いろいろありましたが、
おいしく楽しい遠足でした
ご一緒してくださった皆様、幹事のやっさん、かたふねの蔵元様、阿吽さん、に感謝感謝です

のんだくれ日記66

今年初めての更新です。
いまさらながら、明けましておめでとうございます
大好きなウッチャンが紅白の司会だったので、幸せな年越しをし、
年明け早々、いろいろお酒を呑むことができ、
今年もいい年になりそうだなと思いつつ
早速お酒の紹介でも。

農口尚彦研究所 本醸造生原酒 (石川)
PC260295.jpg

PC260296.jpg
石川県では、今一番アツイ酒なんじゃないかと。
満を持して、農口杜氏さん復活の新酒一発目。
本醸造というにはもったいないくらいのクオリティの高さ。
ぱっと華やかで、スパッとキレよく。
新しい蔵で、いきなりこんなすごい酒造れる農口杜氏さんは、やっぱり偉大です。
ちなみに、チャリ友ユーヘイ君も、頭(かしら)として頑張っているので、
ますます応援したくなるお酒です

萬歳楽 友白髪 吟醸 (石川)
P1040299.jpg
お祝でいただいたお酒。
寒いこの頃は、熱燗にしたら、とってもおいしくて。
さらりときれいな食中酒。

満寿泉 寿 平成20年醸造 (富山)
P1020298.jpg
なんと十年前のお酒。私が辞めた年の造りかなと。
友人が、当時のお酒をずっと寝かしていたらしく、お正月に持ってきてくれました
冷蔵保存ではないので、少しひね香はありますが、
蜜のようなとろりとした甘みを感じる、上品なお酒になってました。
こんな粋なプレゼントしてくれる友人に感謝です

宗玄 剣山 (石川)
P1060301.jpg
普通酒?本醸造?このへんのスペックのお酒をあまり呑んだことがなく。
坂口さんの造った宗玄しか、呑んでないんだなあと。
こちらも友人のお土産酒。
能登のお酒らしい、少し甘めの晩酌酒。うまいです。
熱燗でやりたくなります。

遊穂 ゆうほのしろ純米 (石川)
P1060300.jpg
毎年いただく定番酒。
今年も変わらず、フレッシュだけど旨い系の純米。
これ呑むと、ああ冬やなあって気持ちになります。

今回、狙ったわけではないのだけど、すべて能登杜氏さんのお酒。
これは何かあるなと思い、久しぶりに「一献の系譜」を見直してみたり。
能登杜氏四天王が揃ってるなと気づき。
P1080303.jpg

ついでに、友人が持参してくれたお土産も。
DSC_0498.jpg
ずいぶん前に、数量限定で発売された「満寿泉 キットカット」
私は、結婚式やらのバタバタで、買い損ねていて。
中田英寿プロデュース。満寿泉の貴醸酒味とのことでしたが。
想像以上に、日本酒感が強烈
おいしくないことはないのだけど、酒はそのまま呑むほうがおいしいかと。

あと、ちょこっと話題になったこちらも。
DSC_0503.jpg
ぶどうの木の「金箔カステラ」。お年賀に友人がくれました。
岡田准一君が、結婚の挨拶に配ったらしいですけど。
ちなみに、私たちの引き出物にもこちらを使用。岡田君真似したねなんてね。

新年は、能登杜氏さん尽くしで始まりました。
今年こそ、能登に行きなさいということかしらと思ったりして。
体調整えて、今年もおいしいお酒を呑めたらなと思います
みなさまどうぞ、本年もよろしくお願いいたします

のんだくれ日記65

いよいよ今年も今日で終わり。
なので、今年のんだお酒、振り返っとかないとな勢いで。

満寿泉 ひやおろし純米吟醸(富山)
PB070237_201712311536224a7.jpg

風の森 山田錦 純米 (奈良)
PB090238.jpg

三重のお酒 きき酒セット
PB200265.jpg
伊勢のお土産にいただきまして。
家で、プチきき酒選手権してみたり

御代菊 純米吟醸 みずもと仕込み(奈良)
PB200266.jpg
初めていただいた銘柄でしたが、いいお酒でした。
醍醐もとと同じつくりだと聞いた気がしますが。
お燗上がりするお酒で、食中酒ですいすいいける優しい印象のお酒でした。

毎年恒例のボジョレです。サントネール、樹齢100年のブドウってやつです。
PC060284.jpg

宝剣 純米 (広島)
PC060286.jpg

友白髪 天狗舞バージョン 上撰 (石川)
PC060288.jpg

開運 (静岡)
PC060289.jpg
中身はたぶん本醸造か普通酒だと思うんだけど、さすがおいしかった!
ちなみに、一緒に写ってる満寿泉はミニチュアですんで、そんな馬鹿でかい樽ではありません。

イタリアのワイン
PC240292.jpg
ワインのことはちっともわからんのですが、これは100%ジャケ買い。
ジロデイタリアのラベルです。
でも、味も果実味が効いてて、私好みの味わいでしたんで。

金滴 純米吟醸 (北海道)
PC250293.jpg
これは金沢では絶対買えないと思うのだけど、
北海道のお知り合いの方が送ってくださった1本。
最近、持ち寄りメンバーに北海道出身の方が増えたこともあり、
北海道のお酒がいろいろいただけておもしろいです。

米鶴 かっぱ 特別純米酒 超辛口(山形)
PC250294.jpg
毎年定番の新酒。これ呑まないと新酒の季節来た気がしないのよね。

おかげさまで、結婚と引っ越しで、たくさんの方からお祝いにお酒をいただきました。
本当にありがたいことです。
そんなことで、いつも以上に、たくさんの方にお世話になった一年でした。
お世話になった方々には、恩返しできるよう、
微力ながら努力していきたいと思いますので、
来年もどうぞよろしくお願いいたします
来年も、変わらずおいしいお酒がたくさんいただけますように!!

のんだくれ日記64

今年は、かなり長めのお正月休みをいただけ、
ようやくゆっくりな時間を過ごす余裕も出てきたので。
久しぶりの、のんだくれ日記。なんと前回アップしたのが8月・・・
いまさらかしら、と思いますが、
今年をふりかえるか?!(呑んだ酒でわかるのか?)というわけで。
コメント少な目、画像中心でいこうかと。

風の森 雄町純米おりがらみ(奈良)
P8210002.jpg
雄町らしい、ふっくらした旨み。
80%精米で、もろみ日数30日って、さすがです。

仙禽 クラシック仙禽 雄町(栃木)
画像なしですが。こちらも雄町。
キレよくスッキリな雄町酒でした。

どろどろ濁原酒 (岐阜)
P9020016.jpg
お土産でいただいたもの。
どろどろ、まさにもろみそのまんまみたいなやつです。

遊穂 ゆうほのあお 純米27BY(石川)
P9140017.jpg
ほどよい熟成感が、穏やかでやさしい、ほっとする味わい。
遊穂のイメージにぴったりでした。
9月には、「遊穂の会」にも行けて、思う存分遊穂を味わえたのが、楽しかったなあ~

開運 ひやおろし純米 (静岡)
P9220018.jpg
毎年定番のひやおろし。
やっぱ、開運はおいしいなあ、とつくづく。

そして、今年は何と言っても、10月1日日本酒の日に、結婚式したぞ
PA010054.jpg

IMG_7877.jpg
結婚式ってガラにもなくですけど、私は両親もいないので、こじんまり。

で、どうしてもやりたかった、きき酒選手権を余興でやってみた
PA010143.jpg
お酒のセレクトは、自分でやりましたが、
ブラインドで、マッチング形式。県外の方も多かったし、石川のお酒で。

皆様を、私の自己満足に付き合わせた感じでしたが、みんなワイワイ楽しんでくれました。
私は、絶対当てたかったのに、風邪ひいて鼻がまったく利かず、ちっともな成績でガックリ
優勝は、期待通りの、持ち寄り会代表のやっさん

この日の振る舞い酒は、もちろん「満寿泉 大吟醸 寿」。
みんな、おいしいと喜んでくれたのが、何より。
日本酒の日に、日本酒でお祝いしてもらえて、人生最高の一日になりました
次のページ

FC2Ad