池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味の時間 → 夢はシュークリーム屋さん

最近、肉体的にも精神的にも、なんとなく落ち着いて、
おそろしいほど穏やかな日々を過ごしています。
あちこち飛び回っていたので、少しばかり落ち着くことも必要なようで

少しだけ読書してます。
ようやく、「かもめ食堂」の原作を読みました。
かもめ食堂 (幻冬舎文庫)かもめ食堂 (幻冬舎文庫)
(2008/08)
群 ようこ

商品詳細を見る

以前(2/25より)、DVDで見たイメージがありましたが、
原作は、映画のつけたしみたいな感じで、おもしろかったです。

群ようこ氏のエッセイは、高校時代にいつも読んでいたこともあり、
文章もとってもわかりやすいし、久々に映画も原作も良かったなな作品です。

そんな文庫本のお供にと、後輩が誕生日にくれたブックカバーもお気に入り
kaeru wagara
下は、大阪のみきねえさんにいただいたストール。
「池の中のかえる」と「池から飛び出したかえる」のペアが、なんともいえません
みんなのセンスがステキすぎて


映画をみてきました。
しつこいですが、松山ケンイチ主演「ウルトラミルクルラブストーリー」

金沢シネモンドというミニシアターへ初めて行きました。
ついでに、会員にもなってきました。
来月は、妙にはまったウォレス&グルミットの上映もあるので・・・。

さて、映画に戻りますが、とにかくぶっ飛んでましたいろいろが。
松山ケンイチのすごさに圧倒されっぱなしのまま、いつの間にやらエンドロール・・・。
深いんだか、浅いんだかもわからんくらいのぶっ飛びようでした。

とりあえず分かったことは、生きることと死ぬことは一心同体みたいやなあってことと、
一番ビックリしたのは、エンディングに登場する110sやったなということ


編み物してます
このくそ暑いのに・・・と思ったら、雨続きでけっこう家の中はひんやり。
そろそろなんか作りたい!な気分になってきたので、なんとなく・・・。
最近はまったかぎ針編みで、ちまちまやってますが、
気が向かないとすすまないので、まだ途中です。
完成したら、アップしてみようかと思いますが、たいしたものでもないので・・・


シュークリームを試作してみた。
新しいレンジを買ってから、結局まだお菓子を何も作ってないことに気づき。
一応、最近の将来の夢は「シュークリーム屋さん」
(ケーキじゃないのだ)ということにしてあるので・・・。

久しぶりに作ることと、機械が変わるとコツをつかむのがむずかしいので、とりあえず試作。
shu-kizi.jpg
生地は、問題なく?ちゃんと膨らんでくれました
ちなみに、シュー生地を焼くときは、オーブンを途中であけてはいけません。
なので、焼き加減を見極めるのにけっこう迷います。
膨らむまでは、じっとオーブンとにらめっこしながら・・・

生地がさめないとクリームをつめられないので、続きは次の日に・・・。
なんとか完成し、見た目にはまずまず
shu-kuri-mu.jpg
私の好みは、生地はふわふわ・クリームはカスタード&生クリームのブレンド

今回は、カスタードクリームにはバニラビーンズをちゃんと使ってみました。
(いつもは高いので、バニラエッセンスという香料でごまかしていたのだ)
でも、生クリームの泡立てがうまくいかず、クリームが少しだるだる・・・。
生地は見た目よりばさっとしてしまい・・・。

でも、ご近所さん?には一応「おいしかった」と言ってもらえたので、いいか
次はもっとうまくできるように、作戦を考えておきました。

甘いものは食べるのも大好きですが、私はやっぱり作るほうが楽しいです
生地が膨らんだり、液体やったクリームがとろりんとしてきたり、
その時にいろんな化学反応がおきていると思うと、ワクワクしてしまう

なので、シュークリームを極めるだけでも大変そうなので、
とりあえずは「シュークリーム屋さん」というわけです
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

健康すぎて・・・運動編

何度かネタにしましたが、昨年11月から近所にあるリバティ水夢倶楽部に通っています。
最初のきっかけは、金沢に戻ってきて、だらだらの私に、
少し外に出て、動いたらどうかいねという母の勧めで、
母が数年来続けている水中ウォーキングを始めたことです。

酒造りで鍛えられた筋肉は、ひきこもりの生活ですっかり脂肪と化し、
母の手料理がおいしくて、動きもしないのにガツガツと食べるものだから、
仕事を辞めて3ヶ月ほどで、
体重が、47kg→52kg
体脂肪率は、20%強→29%

身長は161cmあるので、一応体重は標準ですが、
人生初50kgオーバーで、体が重たくてしかたありませんでした。
もちろん、今まではけたジーパンのボタンが吹き飛びそうになるほどで・・・。

とりあえず、ストレス発散と体力づくりを目標に、
週に一度のレッスンになるべく休まず真面目に通っています。(詳細は2/1の記事より)

最近は、ウォーキングするときのコツも分かるようになってきて、
そのメニューがどの筋肉に効いているかを意識しながら歩けるまでになりました。
意識すればするほど、自分の弱い部分が見えてきて、
歩くという当たり前のことが、かなりの筋力トレーニングになっています。

体力がつくと、自然と体を動かすのも楽になり、
最近は、運動をしていないと体がなまり、運動したくてたまらんという感じです
元々水の中が好きなので、ストレス発散効果も絶大。

最初はなかなか落ちんかった体重も体脂肪も、
4月に一気に効果があわられたようで、
体重 52kg→47kg、体脂肪率 29%→20%前後
仕事をしてた頃にすっかり戻り、体も引き締まったお陰でスタイルも良くなり

体力がついて、代謝もアップしたお陰で、ちょっと食べ過ぎても太ることもないし、
適度な疲れで夜もしっかり眠れるし、
何より、風邪をまったくひかなくなりました。
前はよく、気が抜けると風邪気味になりがちでしたが、
今年に入ってから、疲労感や腹痛は普通にありますが、風邪とは無縁の生活

あと、最近リバティで出会った整体の阪田先生にお世話になっています。
ミスドのバイトで肉体疲労がとれず、しんどかったので試しにみてもらったら、
今まで気づかんかった私の体のゆがみっぷりが、
睡眠障害や肩こり腰痛を引き起こしていたことが発覚

そして、その全ての原因は、足が小さいことのせいだということでした。
私の足のサイズは22センチというミニサイズ。
その大きさで、私の身長を支えることは、相当いろいろな部分に負担がかかっているそうで・・・。
その負担がかかったところがねじれているため、
体もゆがみ、歩き方も不自然になり、ということらしいです。

先生の指導により、水中ウォーキングでしっかりと腹筋を鍛えること、
常に腹筋に気をつけて、よい姿勢を保つ意識をもつこと、
ねじれた筋肉を戻すためのストレッチをすること、を勧められました。

5月ごろから、3週間おきくらいに先生が出張でリバティに来た時に施術。
私のねじれっぷりはなかなか手ごわいというので、
先生が普段やっている「ほぐしどころ上杉」で、じっくり施術をすることに。

先日、行ってきた結果、
腹筋がついたので、クビ周りの無駄な筋肉がなくなり、
うつむきかげんやった頭が、起き上がってきたことで、すっきりしたように見える、とのこと。
でも、一番ねじれている右足の筋肉は、まだ正常な位置にもどっておらずで。

そんな状況を見て、施術に入ります。
先生の施術は、ひきつった筋肉をほぐしてゆるめることで、
ねじれているところを元に戻す手伝いをしてあげるというスタイルです。
まさに、「整体 = 体を整える」そのままやなあって

施術が終わり、次までに自分でできることを教わり、終了。
seitai.jpg
歩き方を注意したり、ストレッチで筋肉をほぐしたり、なかなか自分だけでは難しいですが、
こうやってアドバイスをもらって、次の施術にみてもらうという意識があると、
自然と気をつけるようになるもので・・・。

阪田先生の施術は、心地よい眠りにつけそうなくらいまったりしてしまうので、
これから仕事!とかいう時には、しないほうが良いとのこと。
私の場合、体の緊張だけでなく、こころの緊張もほぐしてくれる感じです。

もちろん、お客さんによって求めるものがそれぞれなので、
その人に合った施術をされるそうですが、
私のも施術方法のひとつにすぎない、というのを理解していくと効果アリかもです

まさに、信じるものは救われるっていうのを阪田先生に出会って思っています

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

健康すぎて・・・おいしいもの編

日記にコメントをくださったやっさんにお返事を書きながら、ふと思ったこと

ブログでは、病院に行ってきた話題を書くことが多いせいか、
私は精神科に通院する病人だと思っている方もいるようで・・・。
確かに、病院に月に一度通院し薬も服用していますが、
決して、病人ではない!!と思っています。

薬だって、高血圧の人だって、血圧の薬を飲まなくても生活できるけど、
のまんかったら死ぬ可能性が高くなるというのに比べれば、たいしたことはないし。

むしろ、ストレス社会の中で、イライラしながら、
タバコはやるし酒も飲むしという人にくらべたら、
相当な健康っぷりです

ちなみに、現在までの私の健康状態をデータ上でみてみると
6月上旬に保健所で受けた、子宮がん検診・若年者検診の結果がやっと来ました。

おかげさまで、すべての結果に問題なし
精神科の薬は肝臓に負担がかかるし、酒もそこそこ呑んでいるはずなのに、
肝臓はいたって正常。

自分の肝臓の強靭さに、改めて感心
早くに亡くなって顔も知らない母方の祖母が、
ものすごい酒豪の人やったときき、ばあちゃんありがとーと感謝したり。

一人暮らしですが、食事も3食ちゃんと取っています
基本的においしいものを食べるのが好きなので

主な野菜は、うちの山奥の畑で作った新鮮野菜やし、
米は、若い方のお師匠様が地元で作っているぴかぴかのコシヒカリやし。
空気と水が綺麗なところの食べ物は、とにかくおいしいのだ

外食も、おいしいと思う店にしかいかんし、
ファーストフードやコンビニもめったに行きません。
一日3食をちゃんと食べ、間食をすることもほとんどなく、酒もそこそこ飲み・・・。

例えば、夕食はこんな感じで・・・。一応自炊もできるのだよ。
7.9 yoru
自家製野菜たっぷりスープ仕立てのラタトゥユと手作りピクルス
butashabu.jpg
自家製野菜たっぷり国産ブタの冷しゃぶを沖縄名物シークワーサーポン酢で
カマンベールチーズの和風グリル焼(トッピングねぎ、しょうゆをたらして)

魚焼いたるにて。本店と違うのは、満寿泉がないことと炭火焼がおいしいこと。
店先で夏野菜を育てているのが、街中を忘れさせてくれます
hasumusi.jpg
加賀レンコンの蓮蒸しと加賀太きゅうり。
itaru kakinoki
軽く〆たしめさば、へしこ、いかの黒作り

おいしいものを食べている時って、ほんと幸せやわね
おとといは、弟の家に、ゴーヤチャンプルとコロッケを持参し、
ちびちゃんたちと楽しくお食事してきました

私は特に、有機栽培じゃないといやとか、酒は純米じゃないとだめとか、手作りじゃないととか、
そういうこだわりはない主義です。
ただ、おいしいと思うものは、自然とそういうものになっていくというだけで。

野菜だろうと、お菓子だろうと、酒だろうと、
愛情こめて丁寧に作ったものが、私の体にあっていて、
だから私はおいしいと思うだけなんやと思っておるこの頃です

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

HAPPY BIRTHDAY☆でした

2009年7月13日(月) 32歳の誕生日でした

おかげさまで、たくさんの方々からおめでとうメッセージもいただき。
ありがとうございます

さらに、プレゼントもいただいたりして、ありがたい限りです
小学生のときに誕生会なんかをして以来、
大人になってこんなにたくさんのプレゼントをもらったのは初めてかもしれませぬ。

こんなとるに足らんような私のことを思ってくださる方がたくさんいることに、
改めて気づかされ、生きてて良かったと思うばかりです
みなさま、改めて感謝です。

誕生日の夜は、ささやかながらお誕生会までしてもらいました。
大好きな福井の「花垣」の杜氏さんのお宅にて。
花垣の蔵人Kさんの奥様Nさんも、お料理を用意してくださり、
杜氏さん特製の各国料理がずらりと並ぶ中、お酒はもちろん「花垣」で。

お料理も、どこのお店のものよりもおいしくて、ひたすら食べまくり
お酒も、あれこれと気にするでもなく、ただただおいしくて盃がすすみ
Nさんと私がおしゃべりに夢中になっている最中にも、
杜氏さんがお燗をつけてくださっていたり、またその燗が抜群によくってスゴイ

あれこれと細かい心遣いをしてくださる杜氏さんに甘えっぱなしで、
好き放題食べて、呑んで、すっかりゴキゲン

さらには、杜氏さん自慢のオーディオルームで音楽鑑賞
こちらも、どこの店よりもすごかった
私のわがままで、スピッツ・福山さん・サイモン&ガーファンクルをかけてもらいましたが、
音響の良さに、すっかりうっとり。
あまりの心地よさに、眠りにつきそうになります。実際そうらしいですし・・・。

そんなこんなで夜はふけ、すっかり杜氏さんにお世話になりっぱなしの
花垣ファンの方には、「杜氏さんにそんなことまで!」なんて怒られそうです。
でも、花垣の杜氏さんにぴったりの方で、さすがやなあとつくづく思いました。

いつもいつもお世話になりっぱなしで、ちっともお返しもできない私に、
なんでそこまでしてくださるのかと、恐縮するばかりで

その後、Nさんのお宅へ戻り、朝4時半まで2人で語り大会を繰り広げ・・・。

人にはみんな、他人には理解できんいろんな過去があって、
その過去に負った傷を少しずつ治しながら生きているのよね、とか。
そんな傷を知らんような人たちに、「普通」じゃないって目でみられるけど、
「普通」ってのはなんなんや!?って思うよね、とか。
でも、そういう人たちはそういうこと自体考えることがないから、
グサグサと傷を広げるようにして、人のココロに踏み込んできたりするから嫌や、とか。

私がココロの病にかかってから思っていたことを、Nさんがズバリ言ってくれてました


昨日の夜(19日)は、
同じ7月生まれの弟と私の誕生会、
昨日音楽堂で演奏会があった義妹ちゃんのお疲れさん会もかね、
久しぶりに家族そろってお食事に行ってきました

なかなか金沢に戻ってこれんかった私には、
家族で外食というのが意外に新鮮で
高級料理ではないけれど、みんな健康で元気にそろっていることが、
当たり前のようで、実は幸せなことなのね

最近の色々なことを思い出したり、去年の自分を思い返したりして、
私は生きていて良かったんやな、
これからもそれなりに健康で生きていければいいな、と
妙に実感した32歳の誕生日なのでした

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

出会いと別れ

あちこちと飛び回り、少し疲れも出たのと天候不順のため、
ぐうたらな数日を過ごしていました

なんとなく、ブログを書こうという気もおこらんかったんで、
久しぶりにゆっくり読書と思い、買ったたままで手のつけてなかった本を。

アカデミー賞でも話題となった「納棺夫日記」を読んでみようかな、と。
納棺夫日記 (文春文庫)納棺夫日記 (文春文庫)
(1996/07)
青木 新門

商品詳細を見る

富山に数年すんでいたこともあり、知人のお勧めでもあったので
映画「おくりびと」は劇場でみたのだけど、あえて「おくりびと」でなく。
なんとなあく、読みたい気分になりました。

映画でもそうやったけど、穏やかに忠実に「死」というものを見つめる姿に共感しつつ・・・。

読みかけていたある日、母から電話がありました。
昨年5月に結婚した同じ歳のいとこSちゃんが、無事男の子を出産したとのこと。
予定日より少し早かったけど、母子ともに健康。
当然、めでたいことやし大喜びなはず。

しかし、素直におめでとう!な気分になれない理由がありました。

彼女の姉で、私の1歳上であるいとこのKちゃんが末期のガンで闘病中やから・・・。
病名は子宮がん。
発見され、手術をし、子宮を摘出したものの、手遅れであちこちに転移していました。

Kちゃんは、生コンの運転手をしていたくらいに男前で、かっこいい人です。
真面目に仕事に励む、気は優しいけど力持ちというイメージのお姉さん。
そんなKちゃんやったから、ガンの進行も早かったけど、苦しい治療にも耐えてこられたのでしょう。
4月には一度危篤状態になったものの、奇跡的な復活をしていました。

ガンが発見されて2年以上たち、入院生活も1年ほどになりました。
Sちゃんの出産とともに知らされたことは、
Kちゃんの容態の悪化がすすんで来た、内蔵の機能も停止し始めたとのことでした。

こんな時に不謹慎かもしれんけど、悲しいという気持ちにはなりませんでした。

痛い思いをして、放射線治療に耐え、
痛みをおさえるための麻酔や、食べることができないために点滴で栄養を与えられ、
それでもKちゃんが必死で生きていることに、なぜか感動してしまった。
でも一方で、もうそろそろ彼女を楽にさせてあげてほしいとも思ったり。

Sちゃんの出産は、Kちゃんにとってどういう意味があったんやろうなあ・・・。
私なんかは勝手に、「Kちゃんもう頑張らんでいいからね」と思ってしまったけど。

「納棺夫日記」を読んだせいか、自分の「死」に対面しようとしたことがあったせいか、
「死ぬこと」に対して、そんなに悲壮感を感じにくくなった気がしていました。


似たような出来事がもうひとつありました。
先日中学時代の同級生Yに17年ぶりに偶然出会いました。
彼はバスケ部で活躍し、社会人までバスケを続けていたと聞きました。

そんなことがあったその日の夜、別の高校時代の友人から、
バスケ部の顧問をしていた体育の先生が亡くなったとの連絡が。
今でも親交がある当時バスケ部の部長をしていた友人Kに、連絡をとってほしいと、
めぐりめぐって私の元へ依頼がありました。

偶然出会った友人Yと部長をしていた友人Kと私は、
同じ中学校出身のもの同士で、2人は中学時代バスケ部でいつもつるんでいた仲間でした。
Yは別の高校のバスケ部の部長として活躍し、
Kは私と同じ高校に進学しバスケ部の部長として活躍し・・・。

亡くなられた先生は、バスケ部の監督としてかなり有名な方やったらしく、
ガンと戦いながら、62歳の若さで亡くなったと、地元新聞の記事になっていたくらいでした。


その時も、いとこのKちゃんと同様、先生が亡くなった悲しい気持ちよりも、
友人Yと出会ったことと先生が亡くなったことの不思議さや驚きの方が大きかった。

金沢に帰ってきて、元気が復活した私にたくさんの素敵な出会いがあります
そんな出会いのお陰で、楽しい日々を過ごしています
でも、出会いと同様に別れもあり、
それを冷静に受け止められるかを試されているかのような日々・・・。

このお話の続きはまた後日。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

サイモン&ガーファンクル at 東京ドーム

7月11日(土) ふらっと東京へ

待ちに待った、
サイモン&ガーファンクル 来日ツアー2009 at 東京ドーム
というわけです。

来日公演が決定し、友人と張り切ってチケットをGETしたのが4月のこと。
高校でギター部やったという大学の同期と一緒に

saimonnga-fankuru.jpg

初東京ドーム初洋楽ライブ初サイモン&ガーファンク
張り切って、アリーナのS席をとりました

といっても、当然私は彼らの全盛期をしりません。
むしろ母親世代というわけで・・・。
しかもギターをひけるわけでもないので、実はあまり詳しいわけではないけど、
中学生の時に、映画「卒業」を見たり、音楽の授業で習ったくらいです。

でも、あの透き通るような歌声と、2人のハーモニーと、ギターの心地よさが大好き


そしていよいよ会場の東京ドームに到着
do-mu.jpg
さすがドーム、人がすごい・・・
正面入り口は、人の波と、グッズ売り場の列と、とにかくスゴイ!!
友人と記念撮影をしたりと、段々テンションがあがってきます

余分にGETしてしまったチケットを、高校の友人がいってくれることになり、
無事彼女にもチケットを渡し、いよいよ会場内へ

ステージはバックスタンド側で、巨大モニターが3つありました。
私たちの席は、野球好きの友人曰く、「ショートのあたり」くらいで。
アリーナとはいえ、ステージが思った以上に近くてビックリ

観客は、私らの親世代な感じの人が多かったけど、
思っていたよりも若者も多かったし、さすが外国の方もたくさんいました。

照明も落とされ、モニターに超人気やった頃の若い2人の映像
そしていよいよ2人が登場

あまりにも自然に登場し、ステージにサイモンさんとガーファンクルさんがいて・・・
少しの挨拶の後、早速演奏が始まり

モニターに映る二人は、確かに60代後半のおじいちゃんのはずなのに、
歌声もギターの音も、CDとまるで変わらず、昔のままなことに衝撃
どの曲も、なんの違和感も感じさせず、ココロにすうっと入ってきます。

「明日に架ける橋」、「サウンド オブ サイレンス」にいたっては、
息をするのも忘れるくらい夢中で、自然に感動の涙がこみ上げてきました

感動に浸っていると、あっという間にステージから2人は去っていき・・・。
もちろんスタンディングオベーションで、大拍手の中、アンコール。
二回もアンコールに応えてくれ、ラストは大歓声と大拍手で大興奮の嵐

興奮冷めやらぬなまま会場を後にし、タクシーに乗り込み、少し落ち着いてみて、
友人と2人で、改めて感動をかみ締めてみたりして

今回のライブは、今までに味わったことのない、不思議な感覚を味わいました。

2人の歌声やギターのすばらしさが健在であることへの賞賛はもちろん、
終わってみて、ココロの深くに、じわーっとわいてくる感動
たくさんの観客がいるはずなんに、おどろくほどの静寂を呼び起こし、
聴いている人たち一人一人のココロに響くものを生み出すパワーのすごさ。

私みたいなものが何気なくいいなあと思ったのには、ちゃんと理由があったのね
彼らは、時代や、国や、年齢に関係なく、
あらゆる人のココロに感動を与える、真のミュージシャンであることに今更ながら気づき・・・

こんなすばらしい経験ができたことに、とにかく幸せ
生きている間に、彼らに出会えてよかったと、いろんな人に感謝したい気持ちになりました

今回も、一緒にライブに行ったKをはじめ、
大切な友人達に助けられることがたくさんあり、
いい友人にめぐり会えた事に感謝するとともに、
支えてくれる人達がいる自分が、幸せものだと改めて思ったのでした


今日の記事は、あまりの感動やらでなんかうまくかけなくてスイマセン

これからの誕生会の宴会?のため、福井まで行ってまいります。
きっと素敵な一日になりそうです

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

「愛を読む人 The Reader」観ました

昨日(7/8)、久しぶりに劇場で映画が見たくなり、
レディースディということもあり、最寄の映画館へ行ってみました。
なんとなく気になっていた、「愛を読む人」を見ることにしました。

ストーリーや予告も観ずに、なんとなく見てみようかなという感じやったので、
単純にラブストーリーなんかなあくらいな気分でしたが・・・。

ただのラブストーリーなんかじゃなかった
とにかく、切なくて切なくてただただ感動した
感想をいえといわれても、私のつたない文章では伝えられません。

胸がしめつけられるような何ともいえない切なさの中には、
戦争や時代によって引き裂かれた愛があり、それが永遠であることが美しい。
ストーリーは、静かに穏やかに流れていくのだけど、
その穏やかさの中にある強さがなんともいえなくて。

こんな気持ちを味わったことがあるなあとよく思い返してみると、
私の大好きな「ニューシネマパラダイス」、「初恋のきた道」、「崖の上のポニョ」と一緒かも・・・と。
いずれも、胸がぎゅうっとするような切なさがありつつも、
真実の愛ってこういうのかっていうのを、穏やかに描写しているなあって。

久しぶりに映画ってやっぱりいいなって改めて思いました

因みに、私の家宝は大好きな映画の限定版DVD
nyu-sinema 15ani
もちろんニューシネマパラダイス
nyu-sinema 15ani2
フィルム型ケースもさすがやし、実際のフィルムの一部が入っているのにカンゲキ
ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]
(2002/03/22)
フィリップ・ノワレ

商品詳細を見る

この映画を観るならば、絶対完全オリジナル版でみてほしいです
永遠の愛は、完全版を観ないとわからんと思うから・・・。

こういうのを観てしまうから、現実がつまらんなんて思ってしまうのが最近の悪い癖です

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

病院に行ってきました

昨日(7月8日)、富山まで月に一度の心療内科の検診へ。

このひと月、薬を減らしたり自己管理をできるようにもなり、
夜もわりとよく眠れるようになりました。
おかしな夢をみることも少なくなったし

プールでのウォーキングスクールも真面目に励み、
フリーでもウォーキングやらスイミングやら、リラックスもかねて運動もしているし
天気のいい日は、自転車でいけるところまでいってみたり
chari.jpg
弟が高校時代に使用していたチャリンコを修理して
15年ほど前の自転車にも関わらず4段変則、よく走ります。さすがブリジストン

現在、整体にも通い、からだのゆがみを矯正しつつ、
歩き方の指導、正しい姿勢にするためのストレッチなどを教わり、
体全体のバランスをよくすることで、健康になるぜというのに夢中。

体調はかなり良くなり、ストレスもかなり改善されるようになり、
風邪もひかずに健康優良児なこのごろ。
人並みの生活もできるようになり、楽しくやっています

ただ、雨降りでついつい外出がおっくうになったりするせいか、
やりたいことは満載なのに、眠くて眠くてぐうたらしてました。
今まで眠れんくてつらかったんに、今度は寝すぎで・・・。

というわけで、先生にもその旨を伝えたところ、
「緊張感がなさすぎるからや!」と、痛いところをつかれた
「元気ねんから、もう少し仕事でもしなさいよ。」と、これまた図星

おかげさまで、公文のお仕事は半年たち、先生からも信頼をいただいて、
いろいろな仕事を任されたり、今後のことやら相談されたり、
それなりに集中して真面目にやってます

ところが、かけもちしていたミスドのバイトは、
5月に1ヶ月の休業を言い渡され、連絡を待っていろといわれたまま、
なんの連絡もなく、かれこれ1ヶ月は過ぎていました。、
私も、自分のやりたいことを満喫していてすっかり忘れてたんですが

連絡待ちとはいえ、今更という感じもしてきたりして、
私がやめますっていうのを待っているのか?などと思ったりするこの頃。
というわけで、復帰のめども立たないので、
そろそろ新しい仕事でも始めろってことかなあといった状況だったりするのですが。

 : やりたい仕事探すのもめんどくさいんですよねえ・・・。

先生 : また酒造りやろうっていう気はないが?M社に戻るとか?

 : その気はないですねえ、もう十分やった感もあるし。
会社も、今どうなっているのか知らんけど、
向上心がない人と仕事をしていても、またモチベーションの違いでうまくいかんだけやと思うし。
酒造り自体はものすごく魅力的な仕事やし、
情熱を持った人達が集まっていい酒造っているところはたくさんある現実を知っているから、
M社に戻ろうとは全く思わんかなあ・・・。
私が納得したかたちで(杜氏として)やっていくには、現実は難しいですしねえ。

先生 : そうやねえ、またあなたなら同じことの繰り返しになるやろうねえ。
      まあ、あんまり悲観的にならんと、ちょっとなんか仕事でもやられ。
      金銭的には困ってないが?

 : まあ、貯金は減ってきてますけど・・・。とりあえず人並みに生活はできとるし。

先生 : ならなおさら、めんどくさいっていわんと働きなさい

といったかんじで、最近は人生相談みたいなカウンセリングです。
大人になると人からこんな風にいわれることもなくなるので、
たまにはこのくらいの刺激が私には必要なのでしょうね
まるで、「勉強しなさい!」って怒られる子供みたいやなあ・・・
基本、めんどくさがり。
目標がないとやるきが出んけど、いざ決めるとそれしか見えなくなるタイプなので・・・。

というわけで、今回は薬が少し増えました。
いつも飲んでいる、意欲を高める薬の量を少し増やされました。
あまりのやる気なしなしっぷりに、先生も半ばあきれた結果ということで。

雨が嫌いなは、梅雨が明けて早く暑い夏がくればいいのにと、
やる気のなさを雨のせいにして、
暑い中、汗だくでスカッと肉体労働したいなと思うこの頃
仕事はなんとかなるものさ、なーんてね。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

ひとりイケメン祭り☆

大好きな福山さんのニューアルバムが発売
残響(祝!20周年突入グッズ 特製「まるふく扇子、タトゥーシール」付)(ミュージック・クリップ3曲収録DVD付)残響(祝!20周年突入グッズ 特製「まるふく扇子、タトゥーシール」付)(ミュージック・クリップ3曲収録DVD付)
(2009/06/30)
福山雅治

商品詳細を見る

ジャケット写真だけでも大満足もちろん、歌声もたまらんです
イケメンバンザイ

と昨晩うかれポンチでアルバムに浸っていたら、
ミュージックステーションに出演というのを知らず、録画しぞこない少しへこむ
でも、CDについていた特典のDVDを観る楽しみがあるので、よいのだ

いまさらですが・・・
先月、渋谷のど真ん中のdocomoで発見した松山くんと
matuken issho
日曜日の激しい人通りにも負けず、友人の協力のおかげで完璧な?2ショット

週刊朝日6/12号とdocomoのカタログの松山くん
matukenmaturi.jpg
うっかりdocomoに誘惑されそうになりつつ・・・。
でもauだけは譲れない。なんせido時代からのユーザーやからね
嵐もすきやからいいのだ。

金沢シネモンドの「ウルトラミラクルラブストーリー」告知より
sinemondo matuken
この後、さらに巨大ポスターが新入りしていて、本気でGETしたいと思っているが・・・。

スピッツ 8月26日ニューシングル「君は太陽」発売決定
タイトルだけで、うきうきしてしまうわ
8月の仙台のライブで聴けるかもと思うとワクワク。

こんなに人をHAPPYにしてしまうイケメン達ってすばらしい
イケメンなしでは生きていけないと思う今日この頃なのでした

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

7月の花 「蓮」

先日、能楽美術館隣「クラフト広坂」でステキなものを見つけました

2階ギャラリーの「小さな幸せ展」にて購入
humikou.jpg
お手紙に一緒に入れると、さわやかな香りがします

7月の花が「蓮」というのも新発見
私がを好きなのも納得か?これも小さな幸せ
花言葉の「雄弁」てのが意外・・・?!私は雄弁じゃないよねえ・・・。

因みに、うちの周りではレンコン田が青々として美しいです。
rennkonnda.jpg
ちょっと前まで、繁殖期の達がにぎわってました。
そして、そのバックにうつっているのは母校の中学校。
bokou.jpg
中学時代に戻って、このあたりを自転車で走るのが最近のお気に入り

うちの植物たちも、すくすく成長+新しい仲間も増えました
ga-deninngu.jpg
手前 : 発芽したタネを植え替えてやったミニひまわり
中  : 売り尽くしセールで購入したマングローブ
奥  : 結局相棒は枯れてしまい一人になったびわわ

家の中でもこれでもかと・・・
happa.jpg
こんなのアリさてなんでしょう・・・?
答えは
happa2.jpg
auデザイン携帯の充電器なのだこの発想が好き

充電器のみ別売りで数量限定ものやったので、
近くのショップで問い合わせてもらい取り寄せで購入してしまいました
auのこういう洒落たところが好き

電話やメールがめっきり苦手なは、こんなことしているので、
めっきり不携帯になってしまうのです

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

大阪に酒飲みにいきました

1月に大阪へ行った時(1/24日記より)にお世話になったみきねえさんが、

福井の「花垣」で、第一回お酒の会をやります

というので、ふらっと行ってきました。
だって、大好きな人どうしがコラボするのって、すごくうれしい
なんか楽しそうただそれだけ。

最近、いきあたりばったりな生活をしているので、
またもサンダーバードに乗りそこないそうになりつつ、
運よく2分遅れで出発してくれ、セーフ
普段の行いがいいからか?って、余裕をもって行動すればいいのですが・・・(笑。

無事ホテルに到着し、最近習った浴衣の着付けを自分でし、出発!
と思ったら、ものすごい雨風

なんとか店に到着したら、すでにたくさんのお客さんで盛り上がっていました。
「花垣」の日置杜氏さんもいらして、久々の再会でうれしかった

お客さんも次々とやってきて、忙しそうなみきねえさんと日置杜氏さんをよそに、
初めていらしたお客さんと仲良くしていただき、
大阪の日本酒の情報を聞いたり、一緒に花垣を呑み比べしたりして、
楽しい時間を過ごさせてもらいました

一人でふらっと行ったけど、
大阪の人なら誰でも仲良くしてくれそうやしなのとおり、
いろんな方から話しかけてもらったり、おもしろかった!

もちろん大阪の人のフレンドリーさもあるけど、
みきねえさんのお店に集まるお客さんやからっていうのもあるやろうし、
やっぱりおいしい日本酒が好きな人同士っていうのが一番かも

久しぶりにお酒のイベントってやつに参加したけど、
お酒を通じてまた新しい世界が広がるおもしろさとか、
全くの他人やった人とも、あっというまに仲良くなれたりとか、
改めて、お酒ってステキと思える晩でした。

おいしいお酒を造ってくださった日置杜氏さんをはじめとする花垣チームと、
おいしい料理と機会を作ってくださったみきねえさんに、
感謝なのです。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。