池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

とげまる

10月27日、スピッツのニューアルバム出ました。
とげまる
とげまるとげまる
(2010/10/27)
スピッツ

商品詳細を見る

早速買ってきました。
初めて、フラゲということもしてみました。

アルバムは3年ぶりだそうで
久しぶりなんやなー。

タイアップ曲なども盛りだくさん。
急に寒くなったせいか、
ブリジストンのスタッドレスタイヤのCMもよく見たり聴いたりしますが、
その曲も入ってるよ。
シングルで出た、
「若葉」、「君は太陽」、「つぐみ」、「シロクマ」も入ってます

ロックなのやらスローなのやら、それこそ「とげまる」って感じです。
ちなみに私は、「新月」という曲が一番好き
うっとりするような切ない曲

中学時代からスピッツを聴き始めて、
最近ようやく、マサムネさんの書く歌詞の意味が、
すこーーしわかるようなったかなと思ったり

なので、以前の曲も改めて聴いてみると、
大人になってみて気づくことが結構あるなあ、しみじみ・・・。

もうすぐ結成20周年
2011年のツアーも決定したし、ライブにも行かねば!
という感じで、しばらくはスピッツにはまる日々が続きそうです
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

ぬくもり

昼間から、くしゃみが止まらず・・・。
急にやってきた冬のような寒さにやられました。
間違いなく、風邪。

雨と風と寒さの中、久しぶりに外仕事。
gyusha.jpg
ここのところ室内での培養の仕事ばかりやったので、
気分転換にもなりよかったけど、さすがに寒かった
牛さんがあまりにあったかくて、
ついついぬくもりを求め、寄り添いすぎて、
ウンコまみれ・・・。

というくらい、金沢は寒いです。

布団のぬくもりが恋しくて、朝がつらい季節がやってきます
さむがりの私には、厳しい毎日。

とりあえずは、スピッツのニューアルバム発売で、
気持ちはぬくぬくしたいです

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

喜楽長のひやおろし

いよいよ秋も深まってきて、酒造りの季節到来

以前紹介した「開運」を買った時に(10/1日記より)、
実は「喜楽長」を買おうかと迷っていたら、
お店の水上さんから、
「明日喜楽長のひやおろし入りますよそちらはオススメ」
と言われたので、後日購入してきました。
kirakuchou.jpg
喜楽長(きらくちょう) ひやおろし特別純米酒 と ひやおろし特別本醸造

滋賀県のお酒で、黒龍の元杜氏である家さんが天保さんの後を継がれたとのことで。
因みに、能登杜氏さんです。

せっかくなので、呑み比べしてみました。
kirakuchou kikisake
特別本醸造は、
口に含むと、アル添酒らしいアルコールの感じがガツンときて、
喉越しもしっかりした、男らしい味わい。

特別純米酒は、
ほんのり吟醸香もしつつ、
純米らしいやわらかさと酸のバランスが良くキレイなお酒。

いずれも、ひやおろしらしい、
落ち着いた中にもさわやかさが感じられる、きれいでおいしいお酒
食中酒として楽しめるお酒ということで、
料理を邪魔しない、さらさらいける感じです。

そして、水上さんもおっしゃっていましたが、
コストパフォーマンスが抜群
両方買って、¥2500でおつりがきます。(4合瓶ですけど)
その価格に対して、この味わいなら大満足です
詳しくは、水上さんのブログを見てみてね
http://sake-mizukami.cocolog-nifty.com/sake/2010/10/post-2a6b.html

私は、喜楽長の前杜氏の天保さんがとても好きです。
物腰が柔らかくて、いつもにこにこされている、優しい方。
実は、昨年出稼ぎに行った酒蔵を紹介してくださったのが天保さんです。

天保さんのお話をまとめられた本を読んで、
ますますファンになりました。
杜氏という仕事 (新潮選書)杜氏という仕事 (新潮選書)
(2004/01)
藤田 千恵子

商品詳細を見る

酒造りとか酒蔵とかの背景にある蔵元とか杜氏とか蔵人とか、
そういう方々が作り上げてきた歴史も、
日本酒がすばらしいと思う要素かなと

そういう歴史の一端にふれられただけでも、幸せモノなんやなと、
最近少しずつ思えるようになってきました

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

白山スーパー林道へ

10月20日、今日は休日というわけで、
思いつきで、白山スーパー林道へ紅葉狩りに行くことに
蔵人をしていたときは、ちょうど紅葉の時期と蔵入りが同じくらいで、
遠くへ紅葉狩りに行くことができず、さみしい思いをしたもので。

白山スーパー林道の公式HPで紅葉情報がみれます
http://www.hakusan-rindo.jp/contents/kouyou/kouyou22/kouyou.html

とはいえ、だらっとしてたら家を出たのが10時半
わりとのんびりペースで、
スーパー林道に到着したのが11時半すぎくらい。
初めて来ましたが、
金沢の郊外(東インター方面)からでもわりと近いのね

料金所でもらった地図を頼りに、駐車ポイントを順にたどることに。
mappu.jpg

蛇谷園地駐車場 登り始めは、まだまだ青いのですが・・・。
abutani.jpg
この下にある遊歩道をてくてく歩くと、滝と温泉がありました。
ubagataki.jpg asiyu.jpg
姥ヶ滝と親谷の湯 露天風呂には、おっちゃんが豪快に入浴中やったので、足湯だけ
行きは下りでラクチンでしたが、戻りは上り続きで結構キツイ

ふくべの大滝 まだこのあたりは青いです。
hukubenoootaki2.jpg 

水法谷P 標高1000m超えたあたりから、徐々に色づいてきた
suihoudani3.jpg

上園地P だいぶカラフルになってきたぞ
kamieni2.jpg
白山展望台P 気温も下がって、肌寒いです
hakusantenboudai.jpg
とがの木台P 県外ナンバーが結構います
toganokidai.jpgtoganokidai2.jpg

三方岩P 標高が一番高い地点。これぞ紅葉という風情で、人もたくさんです。
sanpouiwa.jpg
ここに到着したのが、2時前くらい。
曇り空で、周りはガスが出てきて真っ白でした

三方岩の駐車場からは、三方岩岳への登山道があり、
往復1時間半ほどでトレッキングできるということで、
今回は、山頂まで軽い登山に行ってきました。

5分ほど上ったあたりから駐車場をみたら、見事な紅葉
sanpouiwadake.jpg
登山道は、割ときれいに整備されていて、
ビギナーの私にも上りやすい感じでした。
tozan.jpg
30分ほどで山頂に到着1736m、すっかりガスに覆われて、真っ白。
sanchou.jpg sanchou3.jpg
sanchou7.jpg
まるで色づけしたみたいに鮮やかです。
天気が良ければ白山も望めただろうと思うと、ちょっと残念。次回に期待です

下りが苦手な私は、40分ほどかけて下山。
久しぶりの山登りにはちょうどよい感じで気持ちよかったです
登る前は、少し寒いなあと思ったけど、結構汗だくになりました。

普段の運動不足もあり、膝がガクガクになりましたが、
自然の中を歩くのはいいものでした。
なんだか少しハマリそうな感じです。

改めて、自然は偉大やねえと思った一日でした

帰りは、一里野温泉郷にある、
温泉センター天領という日帰り湯に寄ってみました。
露天風呂は、林に囲まれた自然味あふれる風情。
お湯もほどよく、人も少なく、のんびりゆったりできました。

久しぶりにアクティブな休日を過ごして満足
明日からの仕事も頑張らねばです

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

ヘタレな自分

ここのところ、自分のへたれっぷりに凹みっぱなし

その1 
すきやでネギ玉牛丼を注文。
卵を全部入れたくて、混ぜ混ぜしていざ牛丼に!と思ったら、
卵の入れ物つるっと滑って、お盆に卵をぶちまける

やけくそで、ネギ牛丼で食べる
卵がなくても、それなりにおいしかったからよしとする。

その2
久しぶりに、ベイクドチーズケーキを作る。
材料を用意して、混ぜ混ぜして、
生地を型に流し込み、いざオーブンへ!と思ったら、
砂糖が残っているーーー

最初に1/3量の砂糖を入れて混ぜ混ぜしてから、残りを入れるはずが、
残りの2/3量をすっかり入れ忘れました。
やけくそで、そのまま焼く
cheesecake.jpg

かなり甘さ控えめやけどおいしかったし、まあいっか。
レアチーズ風に、ジャムを添えれば問題なしということに

その3
仕事では、ヘマ連発。
培養液を混ぜ混ぜして、さて培地を作ろう!と思ったら、
培地をぶちまけたり 

さすがに仕事でやけくそはまずいので、おとなしくやり直す

どれもこれもつまらぬことなのだけど、立て続けにやらかすと、
さすがにこんな自分にガッカリしつつ、
こんな時期もあるわいね、と自己完結してしまうこの頃。
私って、こんなゆるゆるやったっけ~~??

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

ちりとてちん

相当ないまさらっぷりで、
NHK連続テレビ小説 ちりとてちん に、ここ数ヶ月はまってました

ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)ちりとてちん 完全版 DVD-BOX I 苦あれば落語あり(4枚組)
(2008/06/04)
貫地谷しほり

商品詳細を見る

実際の放送は、見たり見なかったりでしたが、
おもしろいなあと思っていたので、
最初からちゃんとみたい!と思っていて

とはいえ、さすがに全部買い揃えるのはなあ・・・というわけで、
宅配レンタルにて。
全部で13枚のDVDを、ようやく見終わったところです。

2007年の放送だったらしいですが、
今見てもおもしろかった
笑いあり、涙あり、飽きない展開に、ずっぽりはまってました。

主人公の和田喜代美は、
マイナス思考で、いつもくよくよしていて、不器用で。
それが、自分に似ていて、なんだか憎めなかったり。

「落語」に打ち込む喜代美の姿が、
当時酒造りに打ち込んでいた自分の姿と重なったりして、
そういうのも、すごくココロに響くものがあって。
なんだか懐かしいなあ~としみじみしたりして・・・

そして、とにかく毎回感動のシーン満載で、号泣
こんなに泣けるドラマ、朝から見てられんてくらい、
DVDにしといてよかったぁ~なわけで。

キャストもみんなはまってて良かったし、
ストーリーもよくできとったし、
久々に、おもしろいと思うドラマでした。

長かっただけに、終わってしまってなんだか寂しい気分。
そんな調子で、めっきりTVっこなこの頃でしたが、
そろそろ活動しないとねえとか。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

映画 ちょんまげぷりん

少し前ですが、先週の月曜日は休日やったので、
シネモンドへ、
ちょんまげぷりん を見に行ってきました。
f_chonmage80.jpg
都会のほうでは、ずいぶん前から公開してましたが、
ようやく金沢でも見られるようになりまして

ストーリーは至って単純。
タイムスリップしたお侍さんが、
シングルマザーの女性と出会い、主夫になり・・・。
タイトルどおり、お侍がプリンを作るわけです。

かなり笑いの要素も多いけど、
こころがほんわかして、素直に楽しい
ホロリとするシーンもあったり、
あっという間の2時間でした。

子役の鈴木福ちゃんがキュートなのもヨシ、
お侍役の錦戸亮も、思ったよりはまっててヨシという感じ

お侍の作るプリンがとってもおいしそうで、
私も食べたーーいな気分やったり。
こんな男前なダンナが家事してくれたら、
結婚生活も楽しいだろうなあとか。
かなり自分勝手な妄想もありつつ・・・。

私は、何よりラストが良かったなという印象
すがすがしい気持ちになれる終わり方が好き。

なんだか優しい気持ちになれそうな、いい作品でした
シネモンドでは、15日までの上映らしいので、
興味のある方は、是非オススメです。

この作品は、ずいぶん前に書店で原作を見かけてから気になってました。
原作は映画を見てからにしようと決めていたので、
これから読んでみます
映画が良かったので、原作も楽しみです。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

今日はお酒の日

10月1日は、お酒の日です

Wikipediaによると、
日本酒造組合中央会が1978年に、若者の日本酒離れを食い止める為に制定。新米で酒造りを始めるのが10月で、酒壺を表す「酉」の字は十二支の10番目、さらに「酒造年度」が10月1日(現在では7月1日)から始ることから、何かと酒に関係の深いこの日を、清酒をPRする「日本酒の日」とした。

ということで。

私の車のナンバーは・・・1001  お酒の日という具合なわけでして。
酒屋にいたときに、社用車がみんなそうやったからまねしたんですけどね。

とはいえ、何かイベントに行ってきたというわけでもなく
明日も仕事なので、家でおとなしく呑んでます。

せっかくなので、おいしいお酒が呑みたいと思い、
行きつけの水上さんまでふらっと
今日のお酒はコチラにしました。
kaiuunn.jpg
開運 ひやおろし 純米

能登杜氏さんのお酒ですが、
私がお酒を覚えた思い出の静岡のお酒のひとつ。
能登杜氏四天王、波瀬杜氏さんが亡くなって、
残った蔵人さん達が、苦労して造ったと聞いたから気になって。

先入観からかもしれんけど、
波瀬杜氏さんが造るような繊細さに欠けるような気はするけど、
純米の旨みがしっかり感じられる、
きれいなおいしいお酒やと思いました

偉大な杜氏さんを失って、
「開運」がんばれという思いと、
改めて波瀬杜氏さんの偉大さを思い知りました。

ふと思い出して、こんなの見つけました
sitennnou.jpg
まだお元気な頃の波瀬杜氏さんに、
「常きげん」の酒を注ぐ私
本当に、貴重な経験させてもらいました

私は志なかばであきらめてしまったけれど、
これからもおいしいお酒が呑めますように、
頑張っている蔵人の先輩や蔵元さんを
応援しようと改めて思える一日になりました

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

FC2Ad