池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

のんだくれ日記36

かえるのくせに、梅雨になると、イマイチ体調と気分がすぐれなくなるこの頃
仕事と習字の忙しいのが落ち着き、心置きなく酒が呑めるというわけで
あまり変わり映えしない感じですが。

寫楽 純米 (福島)
定番酒。いつものやつです。
いつもすぎて、写真も忘れてしまいました。
そして、いつ飲んでもうまいです。この安定感がいいのです。

新政 純米クリムゾンラベル (秋田)
P6070758.jpg
ラベルのシンプルさにひかれてつい。ジャケ買いです。
ガスを含んでいてフレッシュ感あふれる、
新政らしい心地いい酸が、なんとも言えずよい感じ。うまい!

賀茂金秀 辛口夏純 (広島)
P6100765.jpg
ひさしぶりのカモキン。
夏向きってことで、あっさりさっぱり、でもジューシー。
喉越しもよく、するする~っと入って、するする~っと空になっちゃいました

遊穂 ゆうほのしろ (石川)
P6170787.jpg
水上さんが冬の間のストックをとっといたというので、おもしろそうと思い。
案の定、大正解!
瓶内発酵が少し起こっていて、微炭酸。これはこの季節にもってこい!!
なるほど、こういう呑み方もありなんだなと、水上さんのセンスに脱帽です。

口万 (福島)
P6231042.jpg
呑んだ記憶があるような、ないような。初めて買ったお酒。
おだやかな香り、さわやかな旨みと酸で、さらりとした味わい。
結構好きなタイプ。ふくしま夢酵母、けっこういけるなと

六十餘州 純米山田錦 (長崎)
P6251043.jpg
久しぶりに買ってみたけど、以前の印象よりあっさり。
こんな酒だったっけ?と思いつつ。
さらっといけるので、食中酒としていい感じ。

最近、久しぶりにあった人に、やたらと痩せた?と言われることが多く。
実際は、体重はちっとも変わらないし、至って健康。
そもそも、健康じゃないとこんなに呑めやしません

独り暮らしで、自炊をしていると、
ついつい酒にあう料理が多くなり、むしろもりもりと食べているくらいで
毎日、居酒屋かえる状態楽しくてしょうがないです。
スポンサーサイト

内灘ロード2014 観戦記

6月22日 日曜日 
地元、河北潟での自転車レース
今年はエントリーはせず、応援と観戦に。

天気予報が見事に外れ、前日の夜中からの雨がやまぬままのレース開始。
女子のチームTTからスタート。
P6220814.jpg
雨の中、バルバカナザワ女子も頑張りました!結果は3位。

男子のチームTTには、バルバからのエントリーがなかったので、しばし休憩。
それにしても、TTバイクってほんと速そうで、音もゴーゴー言ってて怖い。
P6220806.jpg

個人TTには、チャリ友Mさんとユリさんも。
P6220835.jpg
新調したワンピースで気合い十分
ユリさんが昨年に続き、5位入賞でおめでとうすごいっす。

雨もやんできて、いよいよロードレースのスタートで、
3周回の上級では、ユーヘイくんがみんなの期待に応え、見事優勝
P6220887.jpg
スプリントも見事でしたかっこいいぞ!!
P6220905.jpg

初心者に続き、4周回のチャンピオン、2周回の一般もスタート。
P6220912.jpg
女子も男子に交じって一緒に走る。大したもんだー。
P6220915.jpg

チャンピオンでは、やまぴー君が優勝、ホリさん2位、スタッフばばさん5位すごすぎる!
P6221041.jpg

P6220983.jpg
やまぴーは余裕の走りで。
P6220970.jpg
スタッフばばさん。息子たちの応援のおかげかな。

一般の部では、私が大ファンのTさんが見事3位
P6220988_20140624213833e72.jpg
スプリントもステキでしたワンピースの効果が出たかも?
P6221033.jpg

落車などもあり、怖い思いもしましたが、
入賞しなかったみなさんも、とっても速くてみんなかっこよかった!!
ほんと、みんなすごいなと思います。
私はやっぱりレースは見てる方が楽しい。
出場されたみんな、お疲れ様でした。

かなざわペーパーショウ2014

ひさしぶりのお習字のお話。
あいかわらず、上達がみられない自分の書に、愕然としつつの日々ですが、
毎年行われる「かなざわペーパーショウ」に今年は出品。
もっと大きな作品展の作品を仕上げつつで、
わけがわからんくなっていたのもあり、
出してやれ~コノヤローなテンションで

前にお稽古していた作品だったので、こんなもんかあ~と適当でもないのだけど、
結構なげやりな感じで出してしまいまして
それなのに、おかげさまで中島賞というのをいただきました
まあ審査員特別賞みたいな感じらしいですが。
ま、うちわの作品なので、こんなものかなと。
P6150786.jpg
まあ、大賞より選ばれた数は少ないから、いい賞なのだろう。

中島賞の作品は、軸装していただけました
P6150785.jpg

私のは、こんな感じ。ピンクのお軸になってた。
P6150781.jpg
でも、こんな風にしてもらえると、めっちゃ上手に見えるぞ~なんつって。
ちなみに、大賞はこんな感じ。ううむ。
P6150783.jpg
なんで自分の書が大賞にならないんだ~という悔しさと、
確かにまだまだだよなあという、あきらめのようなものの間のジレンマ。
それが結構しんどいのよね。

肝心の大きな作品展というのは、石川の書展というもの。
結果は今月中には出るとか。
まあ、初めてやしね、そう簡単にはいかんとは思うけど、
まだまだ道のりは長いなあ・・・。
あんまり道のりが長いと、目指すべき目標がわからんくなりそうで
とにかく自分との闘いです。ガンバロ

能登杜氏四天王 古酒を楽しむ会 at KAZOE

6月14日 土曜日
4月にオープンしたばかりの、主計町の日本酒バーKAZOEで、
お酒の会をやる、ということで、酒友やっさんにお誘いいただき
というのも、能登杜氏四天王のお酒が出る、とのことで。

能登杜氏四天王といえば、
今話題の農口酒造の農口杜氏、
静岡の開運にいらした亡き波瀬杜氏、
松任の天狗舞にいらした中杜氏、
そして、私のお師匠様である富山の満寿泉にいらした三盃杜氏、の名杜氏さんのこと。

今や呑むことができない銘酒が揃うのと言われたら、いてもたってもいられない
思っていた通り、とっても魅力的で楽しいお酒がたくさんで、楽しくってたまらんかった

P6140768.jpg
参加者20名ほどということで、今回は2階のお座敷にて。
P6140767.jpg
19銘柄。満寿泉がたくさんあって、驚き
しかも、私が蔵人していた時の酒ばかりで、感慨深い・・・。
P6140769.jpg
ちなみに私が満寿泉で酒を造っていたのは、
H14年~H19年の6年ほど

ほとんどが、10年ほど年数を経た古酒でしたが、
保存状態が非常によく、どれもいい熟成感を楽しめて、良かったです。
波瀬正吉も、すばらしくきれいで洗練されていたし、
満寿泉の寿は、蜜のようなとろりとした甘さがなんともいえなかった~。

自分が作っていたお酒に、まさかこんな形で出会えるとは、感無量
ついつい呑みすぎちゃいました。

おいしいお料理も楽しみつつ、あれこれ呑んでいたら、あっという間の時間。
というわけで、二次会は、1階のカウンターで、呑むぞ!!というわけで
P6140780.jpg
これだけを、一度にいただけるなんて、ありあまる幸せ
店長の高木さんに感謝です。
あれこれ呑み比べできて、ほんとに楽しかった!!

ちなみに、余談ですが、蔵人時代にも能登杜氏四天王の会、というイベントにお招きいただきいたことがあり。
高知県と長野県で、杜氏さん達も参加した、今となってはすごい会でしたが。
遠出ができないという三盃杜氏さんの代理で行かれた亡き堂目杜氏さんのつきそいで、私も。
2005年5月。今から9年前です。
img003.jpg
左から、私、堂目杜氏さん、中杜氏さん、天狗舞徳田先生。

img002.jpg
常きげん時代の農口杜氏さん。
この時に、造りが終わったら、ブラジルに旅行に行ってきた~なんて話してたのを思い出し。

img004.jpg
亡き波瀬杜氏さん。穏やかで余計なことは話さない、まじめな印象の方でした。

私も酒造りが楽しくてしょうがなかったころ。
必死こいて働いて、まさか9年後、こんな自分がいるとは想像もしてなかった。

そんな頑張っていたころの自分のお酒に、また出会えたことは、ほんとにうれしかった
ああ、まだまだ頑張らんとなあと改めて。
ステキな会を開いてくださったKAZOEの皆様、お誘いくださったやっさん、
お酒を提供してくださった水上さんに感謝です

のんだくれ日記35

気づいたら6月、気づいたら金沢も梅雨入り、
という具合に、あっという間に日々が過ぎていくこの頃。
お習字の締切に追われるというストレスがあったためか、
少々酒の量も増えたかも、な感じで。

風の森 純米吟醸 山田錦25BY (奈良)
P5020721.jpg
変わらずきれいなお酒ですが、
新酒のためか、少々固い印象で、苦みも感じる。
山田錦にしては、ちょっと私には物足りないかなと。

乾坤一 特別純米酒 (宮城)
P5070722.jpg
仕事でお世話になっている仙台の先生からの贈り物。
私の酒好きは、牛業界でも有名になりつつあります
さらりとキレよく、まさに辛口な純米。
たまたまいただきものでうちにあった牛タンとの相性はさすがバッチリでした

篠峰 山田錦純米 (奈良)
P5160724.jpg
こちらも、さっぱりめの山田錦の純米。
私にはちょっと物足りんかな~。でもキレイでうまかった!

田酒 特別純米酒 (青森)
P5200755.jpg
まろやかな口当たりで、キレもよく、安定感があります。
ま、私好みのうまい系なんですけど
ぬる燗が、やっぱりうまいんだな~。

醸し人九平次 純米大吟醸 (愛知)
P5280756.jpg
フルーティだけど、香りは穏やかで、食中向きの大吟醸。
呑み飽きせず、どれだけでも呑めてしまう~、さすがうまい!!

最近、あまり変わり映えしない感じで、呑む酒も定番化しつつあり。
これではいかん!とたまには呑んだことのないお酒も試そうと思うこの頃。
まだまだ知らない酒はたくさんあるはず!
というわけで、いろいろトライしてみっかな。

第19回持ち寄り会 at 新橋こうや

5月17日 土曜日 
少し日が経ってしまったのだけど、先日の持ち寄り会のレポート
いつものこうやさんにて、9名の参加
毎度のことながら、おもしろいアイテムぞろいで、盛り上がったぞ!!
P5170746.jpg
今回、私は冷蔵庫にあった4合瓶がこれだけだったという理由のため、
左端の根知男山の持参で。なんだかバタバタでね、酒を買いに行く暇もなかったのよ

お料理も春~夏っぽいメニューで、おいしかったぞ
P5170726.jpg
トマトのお浸しって、食べたことありそうで、案外なくって。
これからの季節はさっぱりいただけて、いいかも~。
P5170728.jpg
そして、お酒は・・
P5170729.jpg
以前、Oさんがゑまゐさんの会で、スペック違いを持ってきたよね~、
なんて、みんなちゃあんと覚えているのがすごいです☆
P5170731.jpg
Oさんがブラインドで当てて~と、めかしくして持ってきてくれ。
私はちっとも当たらずでしたが、やっさんとIさんは見事に的中さすがです。

新じゃがのお団子。これ、すきだったなあ~。
P5170733.jpg

P5170734.jpg

P5170735.jpg

P5170736.jpg
このお酒、話題の農口酒造の蔵で作られていたもともとの銘柄のお酒。
しかも、冷蔵庫で眠っていたらしく、農口杜氏さんが作ったもんではないそうで。
ある意味幻の酒?!勧進帳という銘柄は農口酒造で残していくそうですが。

P5170737.jpg
そして、農口さんが元いらした常きげんのお酒。
ルイヴィトンのパーティーで出されたとか、話題になっていたけど、初めて呑んだ。
さすが!な味わいでした。

P5170739.jpg
そしてこちらも希少酒。飛露喜で初の純米大吟醸とのこと。
飛露喜はやっぱり特別純米がいいかねえ、なんてことになってたけど。でもうまいっす。

P5170741.jpg
Iさんのご親戚が作られているというお酒。
いろいろなご意見が飛び交ってておもしろかったです

お料理もいろいろ出たはずなんだけど、例のごとく酔っぱらうと、
それどころではなくなり。気づくと〆の鯛うどんが・・・。
P5170742.jpg
今回も、いろいろ楽しかったなあ~。
と余韻に浸りつつ、今回はみんなでとあるお店に二次会に行こうってことで!
P5170747.jpg
4月オープン。持ち寄りメンバーのマコトさんが店長として頑張ってるおみせ。
主計町の「KAZOE」、日本酒バーだ!!
P5170749.jpg
さすが町屋。雰囲気は抜群です。
P5180751.jpg
そんな町屋に似合う大人な男女。う~ん、カッコイイです
日本酒の品ぞろえは、さすがな感じ。
カウンターで、日本酒をゆっくり味わう、なんていうのも粋でいいものねえ。
すっかり、大人な夜を満喫。なんて楽しいのかしら

次は、記念すべき20回目ということなので、ちょっと趣向を変えて、なんてことらしい。
そんな記念の会なので、どんなお酒を持っていこうか、今から楽しみだわ~。

FC2Ad