池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川 酒情報

4月5日(日) 北國新聞朝刊より 前回からの続き
ふるさとから挑戦 19話最終回
4-5 shouchu
なんてステキなお話かしら
「金澤」って銘柄は知っていたが、そんな経緯でできていたとは初めてしったわ
これからは、金沢土産に使ってみようかしら、とか。
とりあえず、味をみてみんことにはですが、実は焼酎が苦手な
泡盛が呑めるから、たぶんいけると思うけど・・・

もうひとつ。同紙、4月5日(日)朝刊より。
4-5 asa
この画像の後ろ姿とはっぴから、私の記憶がまちがいでなければ、
常きげんの農口(のぐち)杜氏さんやと思う・・・、いや間違いなく

農口杜氏さんは、能登杜氏四天王と呼ばれている中のおひとり。
石川で山廃造りの先駆者として活躍されています。
前回の日記(4/4)で紹介した、今年度の品評会でも金賞受賞されてます

私は農口杜氏さんの著書「魂の酒」が好き
魂の酒魂の酒
(2003/12)
農口 尚彦

商品詳細を見る


蔵人として、昔の酒造りがどういうもんか?山廃造りがどんなもんか?を、
知ることができておもしろかった。
賛否両論あるみたいけど、農口杜氏さんは、本当に酒造りの情熱にあふれた方。
やから、とても尊敬しています

農口杜氏さんのすごいところは、酒造りはめっぽう厳しいらしいですが、
お客様への対応が上手なところ(写真からもよくわかる)、
今は後進の蔵人の育成に熱心なところです。

昨年の夏も、とあるご縁で農口杜氏さんのお話を聞けましたが(山廃について)、
お話の半分は、杜氏としてどうあるべきかと真面目な話もしつつ、
途中は脱線して面白暴露大会みたいになっておもしかった

普段は、しゃべり好きで酒が大好きなおっちゃん
私もお会いしたときにお話をしてくださったり、下っ端の私にもとっても優しかった
そんな農口杜氏さんの人柄も尊敬しています

お酒造りを愛している方に、悪い方はおらんと思う
私もその1人やと思ってもらえたら幸いです
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

コメント

「魂の酒」、自分も読みました。酒造りの事だけにとどまらず、
仕事をするって事がどういう事かって考えさせられ、すごく勉強になった本でした。



「お酒造りを愛してる方に、悪い人はおらん」
自分もまさしくそう思ってます。自分にとって、カエルさんもその1人ですよ

  • 2009/04/06(月) 22:22:40 |
  • URL |
  • どーだ #-
  • [ 編集 ]

わーい!ありがとうございます、うれしいっす。
県外の方にも、少しでも石川のお酒ことを知ってもらえたらうれしいです。
一応、今は酒宣伝部のつもりなんで!

ほんとに、いいヒトじゃないといい酒ができんことをつくづく感じる今日この頃。
先日、M会長と電話で結構長くお話しましたよ!変わらずの方で、楽しかった!

  • 2009/04/08(水) 06:24:56 |
  • URL |
  • いけのカエル #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/101-aa586e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。