池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふしぎ・不思議・フシギ

とりあえず、ご心配してくださっている方々に、近況報告です。

いとこのKちゃんが亡くなって一週間が経ちました。
お通夜もお葬式も、やっぱり色々がつらくって、泣きつかれてぐったり。

学年はひとつ上でしたが、年齢は私と同じ32歳でした。
お友達や会社の人や、たくさんの方が挨拶にきてくれていました。
ガンとは思えないくらい綺麗で、穏やかに眠っているみたいでした。
でも、あっという間に骨だけになってしまいました。

お経を上げていたお坊さんは、
「浄土真宗では、Kさんはみんなより先に仏様になって、
みんなが亡くなった時に、ちゃんと仏様になれるようにお迎えしてくれているのです。」
とおっしゃっていました。
いっつもみんなのリーダーみたいなKちゃんやったから、
きっとみんなが来るのを先に行って待ってないと気がすまないようでした。


あまりのあっけなさに、なんだか拍子抜けしてしまったみたいです。
なんだか、体は元気だけど、頭は空っぽになったみたいな、フシギな感覚。

でも、頭の中ではぐるぐると何かを考えているみたいやけど、
もやがかかったみたいに、ボンヤリしていて、自分が何をしているのやら・・・、
といった調子。
そうかと思えば、突発的に何かを思いつき、行動していたり・・・。

月曜から今日まで、いろんなことをしていました。

お葬式の次の日の月曜日。梅雨明けし、やっと夏が来ました。
himawari.jpg
整体の先生に紹介してもらったヨガを体験しに行きました。
ヨガ自体初体験で、もちろん初めての先生と初めての場所です。
言われるがまま、体を動かし、ゆっくりと腹式呼吸をし、汗びっしょり。
少しだけ気持ちが落ち着いたような気がしました。

実家の山で採れたスモモでジャムを作りました。
sumomo.jpg
完熟していて、びっくりするくらい真っ赤なジャムになりました。
sumomo jamu

いつもどおりお習字のお稽古にいきました。
なんだか、思うように筆がすすまず、満足した字になりませんでした。
気分がのらんからだろうということにしておきました。

久しぶりの夏空、友人がバイトしている海のカフェでは、
夕日がキレイやと言っていたのを思い出し、海に向かいました。
海に着く直前、車の中から見えた夕日は、大きなオレンジ色でした。
でも、海に着いたら、太陽はすっかり雲の中で、沈むのはみれんかった。

亡くなったKちゃんのイメージがオレンジ色。
彼女も、元気な頃、地元の海水浴場の海の家でアルバイトしていました。

波の音を聴きながら、星空がみえました。
でも、月があまりにも明るくて、ちょっとだけ嫌でした。


火曜日。晴れ。

洗濯をガツガツとし、風呂とトイレをピカピカにし、汗びっしょり。
実家に、モノをとりに行ったのに、鍵を忘れてしまいガックリ。
なんだか疲れて、結局そのままアパートに戻りました。

公文のお仕事は、地元で新型インフルエンザが発生したということで、
欠席した子供たちが多く、仕事もわりとゆったりでした。

いつもより早めの帰宅となり、ぼんやりしていました。
ふと、大学時代の友人からメールがきたことを思い出し、
しばらく連絡していなかった別の友人に電話をしてみました。

仕事を辞めた話、金沢に戻ってきた話、他の友人らの話・・・。
昔から、優しい人やったからか、なぜか急に
「同期会でもやるか?も気晴らしに都会に来い!」と。

確かに、卒業してから10年近く大学の同期たちにはあってませんでした。
みんなも結婚やら出産やら転職やら、今少し落ち着いた感じなのかなと思います。

早速、話を進めてくれて、9月にみんなで東京で会おうということになりました。
私には、色々な理由で、音信不通になってしまった人がいます。
その人たちに会って、きちんと話をして、またやりなおしなさい、
ということなのかなあとも思いました。

水曜日。晴れのちくもり。

病院の予約のため、富山に行きました。
そのついでに、色々な済ませてくることになっていました。

気分がのらず、今回は高速バスにのり、イワセで約束があったので、
久しぶりにポートラムに乗りました。観光客がたくさんいました。

以前、家具職人のYさんに頼んでおいたお習字の道具箱ができたので、
それを受け取りに、アナザホリデーで待ち合わせ。
珍しく、お客さんもおらず静かな中、チャイをいただきました。
マスターもちょうどスモモジャムを作ったというので、みせてもらったりして。

Yこさんもやってきて、無事に受け取りました。
shuuzibako.jpg
センスのいいYこさんらしい、素敵なものができました。
shuuzibako2.jpg
世界でひとつだけ、Yこさんが作ってくれた私のための道具箱です。
一生大事にしようと思います。Yこさんに感謝です。

いつもどおり病院に行きました。
先生に、大切な人が立て続けに亡くなってちょっと落ち込んでいる話をしました。
一人は、静岡の名酒「開運」を造っていた能登杜氏の波瀬さん。
一人は、いとこのKちゃん。

元気なつもりでも、やっぱり大切な人がなくなることは、
精神的にもけっこうショックが大きいから、
今は、仕事も無理せず、あれこれ考えずゆっくりやりなさいといわれました。
また減らしてもらった薬の量が元に戻りました。
でも、先生にそういわれて、実はちょっと安心しました。

病院の近く、Yこさんのお兄さんで、義妹ちゃんとちびちゃんも行きつけの美容室へ。
どんなカットにするかも考えてなく、「なんとなく邪魔な髪をどうにかして」、
といういい加減な要望に、楽しんで仕事してくれる兄が好きです。
すっかりお任せで、わかめちゃんみたいやね、なになりました。


木曜日。晴れのちくもり

暑いし、天気もいいし、プールもお休みすることにしたので、
友人がいる海水浴場へいくことにしました。
通り道に弟の家があるので、義妹Kちゃんとちびちゃんも誘ってみました。

日差しが強いのと、ちびちゃんのお昼寝の時間も考えて、
夕方になったらと約束し、曇り空になったものの、行ってきました。

ちびちゃんは、海デビュー。私は今年初の海水浴&初の海水浴場。
ウキウキで、友人の店に行ってみたら、
なんと偶然夜にイベントで、バンドがくるから今日は忙しいと言われ・・・。

でも、人も少ない場所で、3人でのんびり海水浴にトライ。
初めて着た海に、ちびちゃん相当な緊張。身動きせず。

暑いとはいえ、海水はまだ冷たく、ちびちゃんいきなり号泣。
しばらく、Kちゃんにしがみついていたものの、徐々に慣れてきて、
浮き輪に一緒に乗ってぷかぷかしていたら、少しゴキゲンに。

私は、ジャブジャブ泳いだり、潜水してみたり、漂ってみたり、気持ちよかった。
やっぱりプールじゃなくて、自然がいいなと思いました。


とりあえず、平和な日常をすごしています。
元気か?といわれると、元気なようなそうじゃないような・・・。
暑中お見舞いで、元気ですとご挨拶したばかりやったんに、
ありゃりゃ~な感じなんですけど、仕方ないですしね。

ご心配してくださっている皆様、ありがとうございます。
死んでしまおう、なんてことは思わないから安心してくださいね。

それでは、お仕事に行ってまいります。
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/157-8c9ebce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。