池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

「ロックロック~」ライブレポート3

ライブレポート2から引き続き、その3に。
いつ完結するのかわからんくなってきたので、興味のある方は、ごらんくださいませ

とりあえず友人達に調査報告をし、友人M夫妻本命のユニコーンに備えて作戦会議
4番目に登場の「KREVA]のライブ中に、スタンディングエリアで待機しようと、
良くわかっていない私とNちゃんを残し、M夫妻早々に出動

「KREVA」が登場。
ショッキングピンクのパンツと、ヒップホップにのりきれないまま、
とりあえずスピッツ本命の私は、相変わらずのマイペースさで、
会場で買ったオフィシャルTシャツに着替えて、しばしKREVAで休憩。
ofisharuT1.jpg
ofusharuT2.jpg
画像は帰ってきて洗濯する前なので、シワシワでごめんなさい。
着てるところ、とってもらうのわすれたのだよ。

去っていったM夫妻の現在地を確認し、私たちもスタンディングエリアへ突入。
ひたすら2人を探しつつ、前方を目指していたら、
いきなりのスペシャルゲストということで、マサムネさん登場

もしかしたら・・・と思っていたけど、本当に出てきてくれるとは
友人を探しつつも、マサムネさんが気になって仕方がなく・・・。
前方にじわじわと進みつつ、KREVA&マサムネさんのセッションを聴きつつ観つつ。
こんなことなら、モンパチ終わりでそのままいればよかったーと後悔しつつも、
2曲唄ってくれました
1曲目は知らん曲やったけど、結構しっとりと聞かせてくれる感じで、癒されるー
2曲目は、予習していった「くればいいのに」
くればいいのに feat.草野マサムネ from SPITZくればいいのに feat.草野マサムネ from SPITZ
(2007/06/20)
KREVA草野マサムネ

商品詳細を見る

義妹ちゃんに、初めてタイトルを聴いたときは、冗談やと思っていたけど・・・。
ヒップホップを唄うマサムネさんが意外でしたが、KREVAともバッチリでいい感じ

マサムネさんが登場した瞬間に、スタンディング席に一気に人が集まった気配がして、
すこし複雑な気分でしたが、いろんな意味で楽しめました。


そして5番目の「ユニコーン」の出番が近づき、次第にスタンディング席も大渋滞。
KREVA終了とともに、後ろから一気に人が押し寄せてきてギュウギュウの中、
なんとかM夫妻とも合流し、結構センターよりの前方に陣取り、待機
一気に客層が、アラフォー・アラサーという風情で、なぜかほっとしてみたり

ユニコーンの登場を待っていると、
モニターには、「スタンディグエリアへの入場規制中」との情報が。
グッズ売り場の人気もすごかったし、さすがです。

そして、お約束のモニターでのスピッツの登場。
利休という仙台で有名な牛タンのお店で、なぜかテツヤさんが肉を焼きつつ、
他のメンバーがお客さんという、相変わらずほのぼのした映像の後、
お待ちかね、全員つなぎ姿の「ユニコーン」の登場

早速、最新の曲からスタートし、会場も一気に盛り上がる
シャンブルシャンブル
(2009/02/18)
ユニコーン

商品詳細を見る

観客も、みんな若い頃にすっかり戻ったように、オールジャンピング状態。
そして、昔の曲「ヒゲとボイン」でさらにテンションが上がり、ノリノリ

ユニコーンのメンバーもステージを駆け回ったり、めっちゃ張り切ってるし・・・、
おじさま?たちも、元気です。
そして、「大迷惑」で会場内がひとつになり、超ハイテンション
おまけに夕日が西からガンガンあたり、それがまたさらに会場を盛りあげる!

熱気むんむん、汗びっしょりで、一気にラストまでぶっ飛ばしあっという間の終了・・・。
これぞバンドロックって感じで、さすがっす
みんな興奮冷めやらぬという感じで、久々にライブの感じを満喫

しかし、あまりの人のすごさで、今度は退場ができなくなる事態に・・・。
次の「ASIAN KUNG-FU GRNERATION」の次が、わが?スピッツの出番

とりあえず満足した友人達は、スタンディングエリアを出て、
シートエリアの荷物をまとめてセンターのあたりのシートエリアに移動することに。
出口までたどり着くも、入場をまつ人達の多さに、荷物を友人に託し、
私だけスタンディング席に残り、スピッツの登場まで粘ることに決定

友人らから「頑張ってね!」の声援をもらい、
じわじわとセンター前方を狙いつつ、一人で突入し、
あまり親しみのないアジカンのライブもよくわからぬまま、ノリノリになってみたり
スピッツが、先日アジカン主催のライブにゲスト出演していたのですが・・・・。

アジカンも、こんな人らがやっとんったんやーと思いつつ、
なかなかギターもいい感じで、結構いいかもと思ったしね

アジカンが終了し、いよいよラストのスピッツの出番が近づいてきました!
夕日も沈み、あたりはいつの間にか暗くなってきて、雰囲気もいい感じ。

案の定、スタンディングエリアはさらにギュウギュウの人たちになりつつも、
一人じわじわと真ん中に責めていく私
準備が進む中、マサムネさんのスタンドマイクの正面あたりに到着し、待機。

周りの人々の年齢層も幅広く、スピッツってやっぱり人気あるのね、と思いつつ。
いつ登場するかとドキドキしながら、人の熱気がすごかった

徐々に会場も盛り上がってきて・・・、

スピッツのレポートは、次回につづく・・・
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/167-50d3ffd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad