池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

仙台でおいしいものとお酒☆その2

今回の仙台は、スピッツが目的だったため、他の予定はすっかりNO PLANで。

ライブの疲れもあり、めんどくさくなり、
次の日は、M夫妻の予定に無理やり乱入することにしました。
帰りは、夜10時ごろに仙台駅発の高速バス

とりあえず、夕方にはM夫妻と別れ、疲れ果てて仙台駅まで地下鉄にのりました。
仙台の地下鉄は、高いなあと思いつつ、お土産を買おうと駅地下でウロウロ。
夕飯をどうしようか考えつつ、Nちゃんに教えてもらった駅近くのお店に行こうか・・・?

とりあえずお土産を買い、バスの出発時間までどうしようかと時間をもてあまし。
そういえば、M君が
「最近仙台駅にすし屋がたくさん並んでいる通りができたから言ってみれば?」
と言われたのを思い出し、どんなものかと様子を伺いに行ってみました

出張帰りの人や観光客がいて、結構にぎわってました。
せっかくやし、東北の酒を飲めるところがいいなあと思い、通りの奥まで行ってみると、
なんと私の大好物「カキ」のお店を発見

そういえば、三陸はカキの名産地やった!!私としたことが、すっかり忘れてました。
店をのぞくと、カウンターの後ろには日本酒の瓶もたくさん並んでいるし!!
このお店に決定し、荷物をロッカーに預けて、カウンターが空いているのを確認し、早速入店。
かき鮮 海風土(うぶど)

少し時間をずらしたせいか、お客さんが一気に帰っていった雰囲気で、
もちろん、カウンターの職人さんの目の前に座り、しばし休憩。
メニューを見ると、かき料理づくしで、どれにしようかウキウキ

とりあえず、酒は「綿屋 純米吟醸」を1杯。
まずは生ガキをと思ったら、なんと3種類もあって、迷います。
カウンターに、殻つきのまま積まれていて、見た目も全然違うものの、
とりあえずおじさんおすすめの地域のものを注文。

ひさしぶりの生ガキに、興奮しかも、大きくてぷりぷり。
さすが生ガキ、超おいしーーーい
見た目同様、ぷりぷりであまくってとろとろで、あ~幸せ
そして、また酒が進みます
カキには、シャブリなんてありえん!!絶対日本酒!!

その後も、焼きガキ、カキの握り、違う種類の生ガキと、ひたすらカキを食べ続ける。
どれもこれもおいしくって、どれだけ食べても飽きません

職人のおじさんらと楽天イーグルスの好調ネタで盛り上がったり、
気さくな職人さんに、おしゃべりの相手をしてもらい、すっかり満喫

宮城だけでも酒もたくさんあるので、
色々のんでみたいと思い、きき酒セットを頼むことにしました。
mitagi meishu
きき酒セットは、コースみたいになっていたので、あんまり飲んだことないものにしました。
(どれも純米だったような記憶はあるのだけど・・・自信ない)

どのお酒もとってもおいしかったけど、私は「栗駒山」が気に入りました。
私好みの、「旨みのある酒」やったからなんですけど
さすが東北のお酒のレベルは高いなあというのが納得

私の勝手なイメージでは、東北のお酒は私の苦手な香りの強いものが多くて、
地元産の酒米を使用して造ったものが多くて、
しょもないなあ(標準語で薄味って感じ?)という感じやったけど、
(東北の蔵元さま、ごめんなさい。みんながみんなじゃないよ、もちろん)
今回いただいたお酒は、そういうものがなくて、いいお酒ばかりでした

せっかくやからと、そろそろ三陸の魚も
kaki sannma
といいつつ、またサンマカキ
前日のサンマの旨さが忘れられず、旬のものはおいしいのだ。
画像はないけど、ソイという白身の魚も、
カワハギみたいな歯ごたえがあって、おいしかった

冷蔵ケースを除くと、真っ赤な血にまみれた切り身があり、
もしやと思ってきいてみたら、クジラ 
さすが太平洋やなあ・・・と思いつつ、食べる勇気はなく。

バスの時間もせまり、しめはカキ汁
味噌汁の具に、ぷりぷりのカキがたくさん入っていて、おなかいっぱいで大満足

カキのみならず、お魚もお酒もおいしく、ほかにもいろいろメニューがありました。
職人のおじさんたちも、暇なときは結構楽しい感じで、一人でも楽しめました

相変わらずの計画性のなさで、バスにギリギリ間に合い、
帰りはスピッツを聞きながら、爆睡し無事に金沢に戻ってきました。

スピッツから元気をたくさんもらい、おいしいもので精がつき、
すっかりひきこもりから復活 充電しといてよかったわ。
来週は、バイト、八尾のおわら、東京と、また少し忙しく?なりそうです。

仕事探しはもう少し落ち着いたら・・・っていつになるやら、アハハ
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/171-e336ee6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad