池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・映画研究会

こもっている間、見たDVDの紹介の続き。
まだあったのかよ、という感じとは思いますが・・・。

死神の精度
Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]Sweet Rain 死神の精度 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/08/27)
金城武小西真奈美

商品詳細を見る

最近借りたDVDの新作紹介で何度かみかけたので、気になってまして。
死神を演じる金城武が、人の運命を決めるというストーリー。
最後までみると、へぇ~な感じで、私はこういうの好きだな、と思ったら、
原作は、伊坂幸太郎氏の同名小説でした。なるほどね。

グラン・ブルー
グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版 [DVD]グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版 [DVD]
(2003/06/19)
ジャン=マルク・バールジャン・レノ

商品詳細を見る

10年以上ぶりに見たら、全然覚えてなくって自分に驚きました。
しかも、リュックベッソン&ジャン・レノといえば・・・「レオン」かあ(今更ながら)。

潜水の世界記録を持つジャック・マイヨールの若い頃のお話。
ここに出てくる海の美しさが最高です
もちろん、ジャック・マイヨールの超人ぶりにも驚くのですが、
彼がイルカと一緒に月夜の中で、イルカと気持ちよさそうに泳いでいる姿が印象的
海によって愛する父と親友を失いながらも、
彼がなんで深海にこだわったか、というのを大人になって少し分かった気がしました。

チャーリー
チャーリー [DVD]チャーリー [DVD]
(2004/11/25)
ロバート・ダウニー・Jrジェラルディン・チャップリン

商品詳細を見る

以前も紹介した、「チャップリン自伝」を元にチャップリンの人生を映画化したお話。
これも、10年ぶりくらいにみました。

イギリスの貧しい家に生まれ、決して幸せとはいえない少年時代をすごしながらも、
彼は一生「喜劇」にこだわり続けて、ハリウッドで作品づくりをしてきました。
そして、映画界に革命を起こし、名声を得ても、彼は自分のスタイルを貫き通しました。
チャップリンの作品のほとんどに声でなく、音楽を使用しているところとかね。
(今では当たり前ですが、俳優にセリフを言わせるという作り方は、当時生まれたもので、
無声映画というものがなくなりつつある時代でした。
それでも、彼は無声映画にこだわりました。)
戦争に巻き込まれ、アメリカから追放されたりと、
まさに波乱の人生を生きてきたという人。

スクリーンに映っているチャップリンの滑稽な姿からは想像もつきません。
しかも、それらの作品のほとんどは、彼が20代の時に製作したもの
作品作りを始めると、寝食を忘れるほど、映画に没頭し、
映画のことしか考えられなくなるくらいに、夢中だったそうです。

私は、そんなチャップリンの姿が大好きです
何かに夢中になると、それしか見えんくなるというところが自分も似ていると思うので。

演劇をしていた時の経験で、「喜怒哀楽」を表現するとき、一番難しかったのが、
「喜」 → 見ている人を笑わせて喜ばせること でした。
案外、悲しませることのほうが、簡単やったりするんです。

チャップリンの笑いは、笑いがありつつもその中には愛がちゃんとあって、
そしてホロリとあったかい涙が出るっていうところがすごい

喜劇王と呼ばれるのも、ただおもしろおかしいだけではないから。

チャップリンの偉大さがどれほどのものかというのを、
映画というものを好きな方なら分かるんじゃないかなと思います

最近はお笑いブームで、お笑い芸人もたくさんいますが、
最高におもしろい!!って長く続けていける本物のお笑い芸人っておるんかなあ・・・?
とつくづく感じてしまいます。
中身のない勢いだけの芸人達が次々とTVに出てくるのにウンザリで、
すっかりTVを見る気がしない今日この頃・・・

だって、おもしろくないギャクをいう芸人より、
うちのちびちゃんの行動とか発言の方が、確実におもしろいんですもの
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/174-3a65805c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。