池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」

書きぞめ展のついでに、シネモンドまで
酔いがさめたら、うちに帰ろう。をみてきました。
f_yoigasametara80.jpg
シネモンドHPより抜粋
家族の絆が紡ぎ出す大きな愛の物語。「ぼくんち」「毎日かあさん」などで知られる人気漫画家・西原理恵子の夫・鴨志田穣の自伝的小説が原作。呑み屋で気絶、10回の吐血、入院、暴力ノ。アルコール依存症の戦場カメラマン塚原は断酒できず、自身も家族も疲れ果て、遂にアルコール病棟に入院することに。全てを受け入れる別れた妻の覚悟と、家族の愛情に支えられ、体力も心も次第に回復してゆくが、別の病気が彼の体を蝕んでいたノ。メ家族が一緒に生きるモということを教えてくれる感動作。母であり妻であることの強さと弱さを永作博美が見事に体現。浅野忠信の存在感は圧倒的! 医師役の高田聖子はじめ脇役陣も素晴らしい!

金沢では、例のごとく少し遅めの公開。
私は鴨志田さんも西原さんのこともほとんど知りませんでしたが、
「毎日かあさん」が公開になるということもあり、
ちょっと気になってみてみました。

主人公が、アルコール依存症で精神病院に入院し、
ガンでなくなってしまう、なんて話なのですが、
なんだかほんわかしていて、
時にはクスリと笑いもあったりして

主演の浅野忠信のダメ男っぷりな感じと、
永作博美のサバサバして男らしい感じと、
子供2人のラブリーさが、
すごくうまくからみあっていてバツグンでした

すごく悲しいお話になりがちなのだけど、
ユーモアもありつつ、切なさもありつつ、
私はすごく好きな作品でした

エンディングが、同じくガン出なくなった忌野清志郎というのが、
切ないけどさわやかで、ラストにふさわしいなと

そんなステキな作品でしたが、劇中で主人公の塚原が、
あまりにおいしそうにお酒を飲むのが印象的やったので、
私もお酒が飲みたくてたまらなくなり・・・。
wain.jpg
ランチに入ったお店で、迷わずアルコールセットを注文し、
昼間からワインでいい気分

こんなのんべえな私ですが、
先日の献血の際にした血液検査の結果では、
全ての数値が平均値にあてはまり、
ビックリするほど健康体のようで

アルコール依存症になるくらい、
浴びるほど酒を飲んでみたいものだと心ひそかに思いつつ、
でもやっぱり、
酒はそこそこ健康においしく飲みたいなと思いました。
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

切ないですよね

西原さんの漫画と原作本を読んで、悲しくて悲しくて。

観に行ったら目がボンボンに腫れちゃいそうです>_<;

  • 2011/02/08(火) 18:11:05 |
  • URL |
  • りえぞう #0tsrReHM
  • [ 編集 ]

Re: 切ないですよね

映画は、わりとコミカルに作ってあるみたいなので、
かなしい・・・という感じがあまりなくでしたが。

原作を読んだりしていると、また違うんでしょうね。
今度読んでみようかしらと。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/292-649f64d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。