池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粉ミルクのもとは

地震が起こって、心配の種はつきぬ日々ですが、
普段どおりに生活できることをありがたいとも思うこの頃。
私なりに、少しずつ募金をしたり、こつこつやってるつもり。

被災地では、粉ミルクが足りないとのこと。
そして、粉ミルクの原料はもちろん牛乳

今のお仕事は、牛乳をつくる酪農家さんと関わるお仕事のため、
気がかりでなりません

一方で、福島原発近くの町では、
牛乳から通常より高めの放射性物質が測定され出荷停止。
報道によると、この牛乳は工場が被災でストップしているので、
市場にでているものではないし、
それを一年間飲み続けても、CTスキャンほどの量にも満たない微量なもの。

放射能のニュースが出る前に聞いた話やと、
福島県内では、燃料不足と停電と原発の影響で、
牛乳を集める集乳車が来ないため、
500軒の農家のうち、480軒が出荷できないでいた、
ということでした。

牛さんは、人がのむのまないに関係なく、
毎日搾乳してあげないと生きていけない生き物
出荷できない分は、処分されてしまいます。

なんとか人も牛も無事であった酪農家さんが、
風評被害で出荷停止になりませんように、
最悪の事態が発生して、牛さんが殺処分になりませんように、
強く願っています

被災地では、人が生きて行くだけでも大変なことかと思います。
とても動物達を生かしてやる余裕がなく、
犠牲になる命もこれからたくさん出るかもしれんと思うと、心が痛みます

そんな最中、実は初めて牛の出産に出会いました
umaretate.jpg
[広告] VPS

母牛の愛おしそうな姿に、言いようのない感動

粉ミルクで助かる命があるのも、
そういう動物達の命に支えられていることを、
少しだけでも知ってもらえたらいいなと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/301-69442c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。