池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「若き女職人たち」読んでます

スピッツのライブも終わり、失業手当の支給も終了し、
なんだかなあ、な気分な頃ごろ。

新たな資格の勉強もやらねば、確定申告書かかねば・・・
どちらもやり始めれば、進めそうですが、やる気でず・・・。
そんなテンションなので、久しぶりにゆっくり読書の時間をすごして、ごまかしています

今読んでいるのは、新書です。
若き女職人たち (集英社新書)若き女職人たち (集英社新書)
(2002/09)
阿部 純子伊藤 なたね

商品詳細を見る

若いと呼んでいいのかわからない方も登場しますが、
とりあえず、私も元女職人てことで、ちょっと興味アリで

いろんな職業の方が登場します。主に、伝統的な仕事が多いです。
家業を継いでいるという方がほとんどです。
でも、女職人として共感できる部分が多いので、気持ちが楽になります。
ただ、私の場合は家業ではなかったので、
好きなことも言えず、会社の言いなりになるしかなかったのは違うかな

そうじゃなければ、私も今頃は杜氏を目指して酒造りしていたかと思うと、
少し切なくもなりました・・・(愚痴です
まあでも、こういうのを読んでも、
平気なくらいに精神的にはよくなったなと、安心しています。

やっぱり、職人て仕事はかっこいいっす
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/39-9b420ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。