池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蔵人の生活」6、価値観の違いなんかぁ・・・?

5話からの流れで、ずーーーっとココロにこびりついていた事。
今回長いです。しかも、かなり強烈です。ご注意。

D杜氏さんと話し中、二度杜氏さんにが来ました。
おしゃべりなD杜氏さん、相手が誰だれであれがこうでと教えてくれました。
(私からは聞いてないよ、もちろん)

1度目は、仕事の話。でも、今蔵にいる頭(杜氏の次に偉い)に聞いてもいいやろ、と私は思った。
2度目は、杜氏さんの夕飯。杜氏さんは、夕飯は外で食べるからと行ってきたけど、行こうと思っている店は今は営業してないから、とご丁寧なご案内。
ちなみに、二回とも相手は社員のHさん。

言いにくいですが、実は私のストレス源のひとつになっていた人です2話のHという人物とは別です)
まあ、今となっては「この人とは価値観が合わないから仕方なかった」と思うしかないのか・・・
会社ってそんなもんなんかなあってのが、世間知らずの私には疑問だったり・・・??

ちなみに、M社の社員それぞれみんな真面目に頑張っている「いい会社」だとは思います。
もちろん、Hさんもそうだというのは、間違いないです。私と向かうベクトルが違ったんだろうというのを、前提でよんでみてください。


私は、M社では初の社員蔵人、という名目で現社長に採用されました。
当時会社では、とんでもないことが起こったという感じだったらしいです。
大学院卒、若い女性、しかも社員なんに蔵人また専務(現社長)やらかしたな、みたいな
能登から季節労務者としてくる蔵人、しかも若い人もわずか、女性はゼロの世界では、
受け入れるほうとしても、とまどうでしょうしねえ・・・。

正直、私自身としても宙ぶらりんなどっちつかずな存在にけっこう悩みました
初年度は研修ということで、秋の蔵入りまでは、瓶場(製品部)の仕事と小売部(接客、事務処理など)の仕事を交互にこなしながら、社員として仕事をしました。

この時には、社員の一員となりつつも、事実上は社員としては受け入れてもらえませんでした。
理由は、半年間は蔵に入ってしまうような人間じゃ、社員としての働きはあてにならんから
(といった風に私は受けとったしかしそう言った人達はそんなつもりじゃないと最近いっていたらしい)
これを、Hさんを含む男性社員全員(6人しかおらんけど)に囲まれ、入社2ヶ月目の私と同期のHに。

私は大人の世界からの早速の専制パンチくらった思いでした。
大学出たてのとはいえ、バイトもいろいろしたことあったけど、会社ってこういうもんなんかぁ????
未だに私には謎です。一生理解できんかもしれん
というくらいの、ショックを受けました。今でもずっとココロにこびりついてます。

そんな存在で、私の上司=専務(現社長)といった感じだったので、
そんなことを言われたことも、まだまだよわっちい私には専務にいうこともできず、
ウツになったことを言った時に、やっと告白したくらいです
やっぱり、社員としては他の社員ともうまくやっていきたいと思っていたわけで、
上司=専務に言おうものならどうなるやらと思ったし。
今みたいに、自己主張できるほどの余裕はなかったのよ、私だって

でも、単純ないいこちゃんのはいつか受け入れてもらえると頑張っていました。
しかし残念なことに、受け入れてもらえる → 不信感 → 私は排除されている と変化してしまった。

不信感っていうは、
女性社員は、ある男性社員には絶対に逆らえない、意見を言えない。(あとでいじめられるらしい)
社長や専務(当時)には、仕事でいいづらいことは直接言えない。
経費節約といって、電気をつけっぱなしにするなとかいいながら、それ接待?みたいな飲み代を接待費として請求しているとか・・・。(これは社長も疑問に思いつつ黙認していたのがねえ)
あれとかこれとか・・・・

で、ここでやっと冒頭の電話の話に戻ります。長くてすいません。
まあ、つまらんことなんすけど、
杜氏さんへの電話も、これから小一時間で蔵に戻る人にわざわざ電話することか?しかも二度も?
まず、電話代は会社の経費。あとは、用件をまとめて一度に済ませられん?
→ ひがみっぽい私は「ヒマなんやろなあ」なんて思ってしまいました。

同じ社員として、バカ正直な私は、そういう人がおるのにがっかりしたのと、
(もちろん、ちゃんとした社員の人もいますよ。全員じゃない)
それをうまく消化できるほど、私ができた人間じゃないってことなんですけどね。

でも一番の不信感は、
私は社長が初めて採用した社員。
しかも会長にもかわいがられ、うちの優秀なホープだなんていってもらったりして(自慢
ベテラン社員には、そんな私の存在自体が気にいらん、ということを感じたから。

おまえは社長にかわいがられとるから、いい思いしとるやろう、
取材がきて、ちやほやされていい気になっとるな、みたいなのとか、
会長とか社長に、なんか陰口でもいっとるんやろう、とか。
なんか、そういうのを感じやすいタイプらしいんですよ

そして、最大に驚いたHさんの言葉。
「社長が今まで突拍子もないことを言ってうまくいったためしがないんやから、それに振り回されるこっちが大変なんや。なんやらかんやら・・・。」
この人、社長のこと信頼してないんやなあって
私が社長のいうことを実現させようと、必死になっていたのってあほらしかったんか??
社員がそんな風におもっとるんじゃ、うまく会社はまわらんやろう・・・
ただただ、ガックリそりゃ、一緒にやっていけるわけないわ

そんなこんなで、その人たちから自然に離れるようになり、
周囲からも仲間はずれになり、勝手につまらないストレスをためこんだというわけです。

だから、これも私が会社を愛しすぎて会社のために、なんて頑張りすぎたのが原因。
割りきりがへたくそなんですよね。

ただ、最近すっごくショックだったのが、
この冬、おいてきぼりにした私の大切なH元杜氏さんにとばっちりがいっていたらしいことです。
私だけならともかく、H氏は関係ないやろ
しかも、気に食わないなら私と直接勝負しろ!!

詳細は分かりませんが、私が残した大きな汚点です。
社長のバカヤロウ、あんなに念押したのに・・・。

くれぐれも、クレームは私のほうまで。会社は悪くないんで

つづく。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント

やぁ!こんばんは
このニックネームと文章から誰か想像できると思いますよね?
ニックネームの由来は後で書いてあります。
まずはお久しぶりです。
まぁ前置きはさておき、あなたはM社ではよくやってたよ!必死に米(30㎏)を持って運ぶ姿に「こいつは根性ある奴だ」って思ったしちゃんと勉強して蔵の中では役職をもらってたしね!
それは同じ職場であなたと4年?働いた俺が保証するよ。
先輩としては落第生の俺から言われても何の足しにもならんかもしれんけどね
σ(^-^;)
それに俺以外でも認めてる人はいるよ!お世辞じゃなく本音です。
自信つくような励ましにはならないやろうけど
「以前の事は気にせず割り切らにゃだっちゃかんぞ!」
ゆっくりでいいからしっかりとココロのケアと強化をしてまた酒の世界に戻ってな!!
絶対絶対焦っちゃいかんぞ(`∀´)
俺も酒の世界に戻ってトップを目指す夢は諦めちゃいないんやし(*^-^)b
何十年かかるかわかんないけどね(笑)
話は変わるけど俺は今は土木建設会社にいるけど蔵に居たときより会社内の人間関係の複雑さに悩んでます。だから通勤時時々ですが軽トラでストレス解消してます。だからこのニックネームになってん
(*^-^)b

  • 2009/03/03(火) 21:33:53 |
  • URL |
  • 暴走パパG #-
  • [ 編集 ]

わーい

あはは、誰かすぐわかりましたよー。メールのお返事もせずにすいませーん!
私も、ずいぶんぱぱGさんに助けてもらって感謝してます!!落第生なんてとんでもない!
正直、ぱぱGさんがいなくなって話し相手がおらんくなったこともけっこうきつかったっす。
(きにしんといてくださいよ、今更ちゅうことですからe-257
ぱぱGさんこそ、ぜひ復活してほしいっす!!
思いがあれば、なんとかなるはず。私でもなんとかなったんやしe-250
あと、やっぱり酒造りに集中するなら、季節の方がいいと思うんですよネエ、しかも米も造れるってスゴイですよー。

  • 2009/03/04(水) 16:52:51 |
  • URL |
  • いけのカエル #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/62-6d9e7f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。