池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

雅号

今日は月に一度の課題の提出日。
というわけで、久しぶりにお習字のお話でも。
先生も、偶然私のブログを発見したらしく、また書いてね~なんておっしゃってくださったので。

新しい先生に変わり、はや半年が経ち、だいぶ慣れてきた感じ
先生が変わって間もなくして、
師範ねんし、作品書きたいなら「雅号」持ったほうがいいよいうことで、
少し前から、本名ではなく、雅号を名乗ってました。

ちなみに・・ウィキペディアによると
「雅号」とは、文人・画家・書家などが、本名以外につける風雅な名のことである。 とな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/雅号
ま、ペンネームみたいなもんらしい。

私自信は、別に自分の名前のままでいいような気がしていたので、
これがいい!なんてのがなくって
たいていは、師事してる先生と自分の名前を使うことが多いのだけど、
私は前のA先生と今の石山先生と二人いるし、どうする?!なんて感じで。

というわけで、贅沢にも二人の先生両方からお名前をいただくことになり
A先生の「桂泉」と石山先生の「梢葉」から1文字ずつで、
「桂葉 けいよう」という雅号になりました

なんだかまだ慣れなくって、うっかり本名で書いてしまいそうになったりするのだけど
そうとなったらということで、ハンコもつくり。
P8080398.jpg
ちなみに¥7000也。ま、一生もんやしな。
この印があるとないとで、作品の見栄えもずいぶん違う。
とまあ、こんな感じ。
P8040374.jpg
へたっぴな字も多少美しく見えてしまうかもねん。

そして、いよいよ目標にしていた作品作りにとりかかることになりそうです。
先日行われていた「石川の書展」に、来年出してみようか!
と先生から提案され
え~~~!まだこんなへなちょこなんに出していいんかい??な感じやけど、
一年かけて、じっくりやってみようということになりました。

とにかく、書いてみないことにはわからんしね。
書道も、気合い入れて書くには体力勝負らしいので、
体力がある若いうちにやっといたほうがいいとも言われたし。

何を書くか題材を決め、どんな風に書くか、それを私が書きこなせるのか、
いろいろ課題は山積してますけど
日々の提出課題だけでも、いっぱいいぱいなのに、はたして大丈夫か私?!
有言実行、言ったからには頑張らねばな
スポンサーサイト

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

コメント

雅号素敵なお名前ですねー!先生の字を頂いての雅号、そうやって書道への思いは受け継がれていくんですね。雅号の意味など勉強になりました!(^O^)

  • 2013/08/27(火) 01:22:41 |
  • URL |
  • 平野麻美 #-
  • [ 編集 ]

ありがとうございます

私もいまいちピンときてなかったのですけど、
書道も芸術やし、名前も作品の一部ってことなんでしょうかねえ。

  • 2013/08/30(金) 18:27:12 |
  • URL |
  • いけのかえる #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/631-884b0a49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad