池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登杜氏四天王 古酒を楽しむ会 at KAZOE

6月14日 土曜日
4月にオープンしたばかりの、主計町の日本酒バーKAZOEで、
お酒の会をやる、ということで、酒友やっさんにお誘いいただき
というのも、能登杜氏四天王のお酒が出る、とのことで。

能登杜氏四天王といえば、
今話題の農口酒造の農口杜氏、
静岡の開運にいらした亡き波瀬杜氏、
松任の天狗舞にいらした中杜氏、
そして、私のお師匠様である富山の満寿泉にいらした三盃杜氏、の名杜氏さんのこと。

今や呑むことができない銘酒が揃うのと言われたら、いてもたってもいられない
思っていた通り、とっても魅力的で楽しいお酒がたくさんで、楽しくってたまらんかった

P6140768.jpg
参加者20名ほどということで、今回は2階のお座敷にて。
P6140767.jpg
19銘柄。満寿泉がたくさんあって、驚き
しかも、私が蔵人していた時の酒ばかりで、感慨深い・・・。
P6140769.jpg
ちなみに私が満寿泉で酒を造っていたのは、
H14年~H19年の6年ほど

ほとんどが、10年ほど年数を経た古酒でしたが、
保存状態が非常によく、どれもいい熟成感を楽しめて、良かったです。
波瀬正吉も、すばらしくきれいで洗練されていたし、
満寿泉の寿は、蜜のようなとろりとした甘さがなんともいえなかった~。

自分が作っていたお酒に、まさかこんな形で出会えるとは、感無量
ついつい呑みすぎちゃいました。

おいしいお料理も楽しみつつ、あれこれ呑んでいたら、あっという間の時間。
というわけで、二次会は、1階のカウンターで、呑むぞ!!というわけで
P6140780.jpg
これだけを、一度にいただけるなんて、ありあまる幸せ
店長の高木さんに感謝です。
あれこれ呑み比べできて、ほんとに楽しかった!!

ちなみに、余談ですが、蔵人時代にも能登杜氏四天王の会、というイベントにお招きいただきいたことがあり。
高知県と長野県で、杜氏さん達も参加した、今となってはすごい会でしたが。
遠出ができないという三盃杜氏さんの代理で行かれた亡き堂目杜氏さんのつきそいで、私も。
2005年5月。今から9年前です。
img003.jpg
左から、私、堂目杜氏さん、中杜氏さん、天狗舞徳田先生。

img002.jpg
常きげん時代の農口杜氏さん。
この時に、造りが終わったら、ブラジルに旅行に行ってきた~なんて話してたのを思い出し。

img004.jpg
亡き波瀬杜氏さん。穏やかで余計なことは話さない、まじめな印象の方でした。

私も酒造りが楽しくてしょうがなかったころ。
必死こいて働いて、まさか9年後、こんな自分がいるとは想像もしてなかった。

そんな頑張っていたころの自分のお酒に、また出会えたことは、ほんとにうれしかった
ああ、まだまだ頑張らんとなあと改めて。
ステキな会を開いてくださったKAZOEの皆様、お誘いくださったやっさん、
お酒を提供してくださった水上さんに感謝です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/698-3ea560f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。