池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

屋久島に行ってきた その2

4月18日(土)  
屋久島2日目。お天気は午前中は晴れ、午後から崩れるかも、な予報。
晴れ女としては、気合いを入れて、絶対晴れる!と信じて、
楽しみにしていた、白谷雲水峡ツアー。
もののけ姫のモデルになった森に行くのです。

宿はゆっくりめのスタートで、8時半出発。ツアーなんで宿までお迎えにきてくれ。
30分ほど車で走り、白谷雲水峡の入り口まで。
P4181909.jpg
今回のツアーは、私たち2人と、兵庫からの男性お一人の3人。
しょっぱなから、ガイドのおじさん、通称かずおさんのテンションの高さにあたふた
いつのまにか私は、ともちゃんなんて呼ばれてるし・・・・。

距離は5kmほど、徐々に登っていくコース。
かずおさんに、いじられつつも、あちこちに美しい苔が広がる森が
P4181837_2015042722164472b.jpg
コケを近くで見てみると、実はいろんな種類があって、ふさふさして、かわいい。
P4181841.jpg
さわると、ふかふかして、これまた気持ちいい~

P4181847.jpg

P4181854.jpg
どこもかしこも、緑が美しい
P4181863.jpg
緑だけならず、湧水の美しさも抜群!
あちこちで湧水を汲むことができるので、給水には困らず。しかも、このお水がおいしいったら!!
P4181862.jpg
そして、森の中でも、もちろんシカさんに会える
P4181868.jpg

白谷雲水峡には、屋久杉はほとんどないとのこと。
ちなみに、屋久杉ってのは、樹齢1000年以上の杉だけらしいのだけれど、
600年とか800年とか、そんなんでも十分すごいんですどね
くぐり杉。人の大きさわかるかなあ?
P4181870.jpg
この杉の根元にあった木が年月を経て朽ちてしまい、空間ができたというわけらしい。

どんどん登りも険しくなってくる。それにしても、根っこががすごい。
P4181866.jpg

そして、いよいよもののけ姫の舞台となった「苔むす森」。写真じゃイマイチわからんなあ~。
P4181879.jpg
なんとも言えず幻想的な景色で、ステキ
なんてしみじみ映画の世界に思いを馳せていたら・・・、でた!!
P4181880.jpg
こだまに会えたよ!!!

そしてここからら、かなりの急斜面を上り、太鼓岩を目指す!
P4181889.jpg
突如として大きな岩が現れ、眼前には、開けた景色が広がり、最高に気持ちいい!!
なんとも無防備な崖っぷちだけれど、落ちても木がたくさんあるから、死にはしないって。
P4181894.jpg

屋久島には、九州一高い山があったり、かなりの山岳地帯。
登山客もかなり多いということを初めて知りました。
この日は、外国人もかなり多くて、もののけ姫の知名度の高さを思い知る。

とりあえず、おなかも減ったし、お楽しみのランチタイム
P4181898.jpg
トレッキングや登山客が多いので、宿に注文しておくと、
出発前にお弁当屋さんのお弁当を用意してもらえるシステム。
コンビニがない屋久島では、必須アイテムです
今回私が頼んだのは、朝弁当ってやつで、朝ごはん用に量少なめなもの。
ちなみに、次の日の朝も、これ食べて行きました。
結構頑張って歩くので、ちょっとおなかはすくけれど、おやつ食べつつ、私にはちょうどでした。

ご飯も食べて、ここからはのんびりくだって、帰る。
帰り道、かずおさんが、アシタカが傷の手当てをした泉のモデルになったところに連れて行ってくれた。
P4181903.jpg
そしたら、ここにもいた!!まさかのこだま!なんつって。
P4181905.jpg

雨が降るかも?な天気を覆し、超お天気で、暑くて暑くて汗だくで歩き、
途中せせらぎに浸かってみたりしたのだけれど、とっても冷たくって、
でもとっても気持ちよくってスッキリ
もうちょっと暑かったら、ジャブジャブ泳ぎたいくらいでした。

スタートした入口まで無事に到着し、本日のツアーは終了。
お天気もよかったし、緑が気持ちよくって、
ガイドのかずおさんの相手で疲れたけれど、いろいろあって楽しかった~
ほんと、癒されたあって感じの一日でした。
普段歩きなれないので、脚がちょっと痛いかも、な感じで。

この日は距離も短めやったんで、3時くらいには宿につき、のんびり。
二日目も、夕飯は宿にて。一日目とはメニューが変わり。どれもおいしかったあ。
IMG_1245.jpg
お疲れちゃんビールがおいしくって。
10カ月待ちという焼酎「愛子」が、宿にあったので、そちらも一杯。
三岳より、洗練されてる印象の焼酎でおいしかった。

3日目は、いよいよ縄文杉ツアーだ!
早朝出発ってことで、この日は早々におやすみ。
雨の予報が気がかりではありつつの、3日目に続く。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/734-d84f0194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad