池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋久島に行ってきた その3

4月19日(日) のち
屋久島ツアー3日目。縄文杉まで22kmのトレッキング。
天気予報では、朝から雨だったのだけれど、気合いのおかげかなんとかもちそうな気配。

出発が5時ということで、用意してもらった朝食弁当を食べ、お迎えを待つ。
今回は、参加者が多く、途中他のお客さんをピックアップしつつ、
荒川登山口まで、バスで向かう。

ちなみに、屋久島に旅に来る観光客の8割が女性とか。
この日も、参加者のほとんどが女性。チャリの時とは正反対ね。

6人くらいのグループわけをされ、ガイドさんが付き、AM6時すぎに出発。
P4191913.jpg
今回のガイドさんは、御調(おしらべ)さんて変わったお名前の、横浜出身の方。

みんなで一列になり、てくてくと線路をひたすら歩き続ける。
かつて屋久杉を運び出すのに使っていたトロッコの線路。
歩きやすいといえば歩きやすいけど、これが8km近く続くと、さすがに単調で眠くなる~

昨日もいっぱい咲いていたけど、これ花らしい。しかも「マムシ草」そのまんまや。
P4191917.jpg
私は蛇が大っ嫌いなので、この花を見るたび、ゲンナリ
北陸では見られない植生が、あちこちに見られるのが、屋久島ならでは。

P4191924.jpg
白谷雲水峡ではあまり見られなかった屋久杉が、こちらではあちこちに。
P4191926.jpg
これは3代杉。樹齢1000年以上前の屋久杉が倒れた後に、そこから発芽した2代目が伐採され、
さらにそこから3代目が成長してるっていうぐあいで。
あまりに壮大な年月を経ているので、何が何やらですが、
とにかく、屋久島ではこんなことは当たり前ってことで

いよいよ、世界遺産の地域に突入!
P4191941.jpg
屋久島って、島自体が世界遺産なわけじゃないって、しらんかった~。

こちらの屋久杉は、唯一直に触れることができるもの。
P4191946.jpg
真ん中にポッコリふくらみがあり、この木は子宝に恵まれるご神木ってことで、
牛の赤ちゃんがたくさんうまれるように、お願いしてきました

途中、お弁当を食べて体力回復し、再び登り。
P4191934.jpg
こんなすごい木々を横目に、線路道を終え、だんだんと険しい登り。
そして、いよいよ縄文杉も間近になり!
P4191947.jpg

と思ったら、あれ縄文杉?!え!!これ??
P4191952.jpg
正直、思ったのと違うかも・・・・
なんだかね、人がたくさんいたにもかかわらず、なんだかさみしげやった。
樹齢7000年とも言われているけど、真相は謎のままで、でもとにかく長老なわけで。
でも、なんだかおじいちゃん、って感じで、パワーがない・・??
ちょっと違和感があり、戸惑いつつも、なんとかたどりついたしなと。

今度は、来た道を再び下って戻る。苦手な下りで、かなり疲労
縄文杉ツアーのもう一つのメッカ、ウイルソン株!
恋愛運がアップするとか
P4191955.jpg
大きな屋久杉の切り株の中に入ると、なんとハートが見える
私の恋愛運もアップしてますように
これが屋久島が女性に人気の秘密かもしれんね。

そのあと、予想に反してお天気はなんとかもちつつも、いよいよゴール間近で雨も降りだし
ま、雨の多いと言われる屋久島で、ここまでもっただけラッキーってことで。
ちなみに、屋久島は月35日は雨っていわれるくらい雨が多い土地柄ですが、
実は、降水量では金沢のほうが多いそう。
しかも、屋久島の面積と金沢市の面積はほぼ同じだとか。
仲良くなったガイドのオジサマから教えていただいた豆知識

話はツアーに戻り、PM5:00スタートした荒川登山口に無事ゴール!!
同じグループの皆さんと、わいわい楽しい一日を過ごすことができました
普段ほとんど歩くことがない生活をしているため、さすがに12時間近くも歩き続け、
脚が痛い。足の裏も痛い。疲れた~。

宿に戻り、風呂に入り、夕飯を食べたら、この日はあっという間に眠りについてしまいました

4月20日 (月) 
屋久島旅4日目。
オプショナルツアーの、リバーカヤックに。
カメラは水没する危険があるってことで、写真はないのだけれど。

前日の雨で、かなり増水しているということでしたが、のんびりゆったりと、安房川を上り、
とっても気持ちがよくって、素敵な時間でした
途中けっこう急流があり、流されそうになりつつも、踏ん張ってこぐ!
そんなのも、けっこう楽しい

屋久島は、日本列島の自然が凝縮されている島やといわれているけれど、
山と里では、ずいぶんと植生も違っていて、改めて面白い土地やなあと実感。

リバーカヤックのガイドのお姉さんもいっていたのだけれど、
縄文杉に感動しなかったのは、屋久杉がパワーなくなってるからや、とのことで。
あんまりたくさんの人に見られすぎていて、パワーすいとられてるんじゃないかって。
私はそれに、妙に納得。たしかに、それはあるんかもなあと思う。

縄文杉はともかく、屋久島旅は、とにかくどこも気持ちがよくって、癒された。
自然の偉大さをまざまざと見せつけられて、何も言えん。
パワースポットどころか、どこもかしもパワーだらけやわって感じで。

あと、とにかく水がおいしい!!湧水も、とっても優しい味で、おいしいったらなくて。
屋久島の水は、超どころか極軟水。
水がおいしいってことは、食べ物もおいしいわけで。宿のご飯がおいしくってならんのも納得。
この水で日本酒造ってみたらどうなるかなあ~なんて想像しつつ、屋久島には焼酎しかないんだけれどね。

日々の疲れやら、しんどいことやら、いろんなことを忘れさせてくれる、
とってもとっても素敵な旅になりました
念願かなってよかった
お休みをくれた会社やら、同行してくれた友人やら、いろいろアドバイスをくれた友人やら、
みんなに感謝です
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/735-c1daeafd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。