池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

「蔵人の生活」8、井の中の蛙~

最近恒例。北國新聞 3月20日(金)朝刊 きょうの言葉より
3-20-2.jpg
これ読んで、M社の人達やねえ・・・と(3/3日記より)

実は、前回の日記で登場したH氏とS氏も私と同じ考えです。
M社で2冬をすごしたH氏は、その晩も
「私には、あの人らは理解できんなあ・・・。割り切ってやり過ごしたけど」と。
の苦しみを分かってくれる人がやっぱりいたのね・・・。
まあ、元杜氏さんなら人を見る目は人一倍なワケで、
繊細なH氏なら気づかんはずはないんですけどね
近くの井戸にいるS氏だって、「おかしいやろ。」と思っているわけで。

まあ、結局は「井の中の蛙大海を知らず」ってことやと思う。
旺文社国語辞典より → 広い見識をもたない者が自分だけの狭い考えにとらわれてひとりよがりになることのたとえ。
まあ、そんな人たちが集合してしまったことで、M社の中は、よどんだ井戸になっっとるんやろなあ

大海で波にもまれているM社長の考えていることを、
井戸の中の人たちが理解できないのも、仕方ないかもしれんけど・・・。
井戸の外からひょっこりやってきたには、その水が合わんかったのだ。

でも、そろそろ仕方ないじゃすまんと思う。
そのことに早く気づくことを、M社ファンとして願わずにはいられないのです
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ikenokaeru.blog67.fc2.com/tb.php/84-8fbb8744
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad