池の中のかえる

かえるなりに、いろいろ考えてます

のんだくれ日記59

金沢もようやく日差しがあったかくなり、うぐいすが鳴いてたりする季節となり。
寒いの苦手な私としては、ほっとしつつなこのごろ。
春がきてウキウキと行きたいところですが、イマイチ体調と気分が優れず、ついついお酒も進みがちで・・・。

神泉 無濾過生原酒 純米吟醸 (石川)
P2232882.jpg
吟醸らしい、繊細できめ細かい口当たり。
19度とは思えないまろやかさで、妙に落ち着く味わい。

満寿泉 おりがらみ (富山)
P3052889.jpg
アルコールの感じが強いかなあという印象。(アル添かどうか忘れた)
さらっと新酒らしく。
先日、、久々に畠中杜氏さんとお話しました。
毎年蔵に行ってるけど、今年は結局行けず仕舞いで皆造になっちゃいそうです。

天の戸 純米吟醸 夏田冬蔵 (秋田)
P3022888.jpg
秋田酒こまちと美山錦で造ったお酒だそうで。
そのせいか、あっさり目のしあがりで、少し苦みも感じるかなと。
開けたすぐは、けっこう香りが華やかだったけれど、置いといたらだいぶ落ち着き。
でも、ちょっと苦手なタイプかも。

宗玄 純米 山田錦 (石川)
P3022887.jpg
宗玄らしい、しっかりめの味わいの純米。
山田錦の旨みが生きた、うまい系の酒。私の好みのやつです

福正宗 純米大吟醸原酒 (石川)
P3132890.jpg
いただきもののお酒。自分ではあまり買わない銘柄なので、ドキドキ。
純米大吟醸のわりには、味わいしっかりで、どっしりな印象。
山田錦らしさが出てて、食中でも楽しめる大吟醸です。

六十餘州 純米吟醸 山田錦 (長崎)
P3212923.jpg
かなり落ち着いた味わいの生酒。
米の旨みを生かしつつも、キレよく、さらっと呑めるお酒。

そろそろ自転車も、まじめに乗りたいなあと思いつつ
ストレスか疲労かわからない倦怠感に悩まされ、
なんだか無理力状態で、何もする気力が起こらずで・・・
まあ、そういう時は何もしないほうがいいんだろうと勝手にこじつけ、
家でちんまり酒を呑みつつ過ごす日々ですが。

今週末は、スペイン料理で持ち寄り会もあるし、
スピッツの結成30周年アニーバーサリーツアーも当選したし、
なんとか踏ん張っていかんと行かんなと思っておるところです。

第30回持ち寄り会 at KAZOE

2月25日 土曜日 
3か月に一度の持ち寄り会ですが、なんと今回30回目
というわけで、節目ということもあり、主計町の酒バーKAZOEにて。
こないだ20回目をやってたよなあ~な気分だったんだけど、あっという間です。

で、今回のお酒はこちら。
img004_201702272127469e9.jpg
30回目ということでしたが、皆様お仕事やら怪我やらインフルやら、キャンセル多数で、
今回は8名で、いつもに比べてこじんまりと。
メンバーの持参酒プラス、前回福井の持ち寄り会でじゅうろう座のご主人にいただいた福井のお酒もあり。
いつもどおり、銘酒ぞろいで、盛り上がり
ちなみに私は、左端の「花垣」畠中喜一郎。
畠中杜氏さんが、花垣を辞める時に買い、とっておいたお酒。

店主のまことさんから、ビックリ報告とともに乾杯でスタート。
P2252885.jpg
なんと、今ある酒バーKAZOEは、5月で閉店。
というわけで、店主のまことさんは独立開業を決められ、7月に東山に新店オープン!
もちろん、日本酒のお店とのことで、それはそれで、とっても楽しみ
まことさんの、日本酒への情熱と愛情がなせる業。本当に尊敬します。

そんなこんなで、話題は尽きず、お酒も進み!
P2252886.jpg
呑んで食べてしゃべってばかりで、写真なんもとってなかった

お酒は、白菊のにごりが、爆発しそうで、なかなか開けられずドキドキでしたが、
とろりと、いいお味だったし、
花垣も、9年ほど経ってたけど、ひねもなく、いい熟成具合でおいしかったし、
月不見の池も、普通酒と思えないクオリティの高さで、抜群のパフォーマンスやったし、
私の大好きなお酒ばかりで、ついつい呑みすぎちゃいました

そんなこんなで、いつものごとく、楽しい時間はあっという間におわり。

年に4回の持ち寄り会、単純に計算しても7年ちょっと続いてることになるわけで。
私は途中から参加させてもらってますが、この会のおかげで、
ほんとにたくさんの素敵な方々と出会い、つながってるなあと思います。
おいしいお酒が呑めるのはもちろんですが、
こんな風に、日常生活ではなかなか出会えない方々と出会い、
世界が広がっていくことも、何物にも代えがたい経験で、
それがとっても楽しくって

それが日本酒の素敵なところ。
もちろん、ワインでも一緒なのかもだけれど、
造り手がより身近に感じられるのは日本酒ならではなんだろうと思うし。

もちろん、こんな風に続いているのも、幹事をやってくださるやっさんのおかげだし、
一緒に楽しんでくださる皆様のおかげ。
ほんと、ありがとうございます
これからも、楽しい時間を過ごせますように、どうぞよろしくお願いします。

のんだくれ日記58

雪はたいしたことないけれど、まだまだ寒い日が続く金沢。
寒さに任せて、お酒も進む今日この頃。
風邪も治って、体調万全で呑んでます

鯨波 純米吟醸 無濾過生 (岐阜)
P2062876.jpg
岐阜のT先生からのいただきもの。
呑んだことあるような、ないような、あやふやな記憶で。
香りは華やかですが、むろかのためか、味わいしっかりめ。
海がないのに鯨?と誰もが思うのですが、理由はラベルに書いてありました。

獅子の里 純米吟醸 無垢 (石川)
P2062875.jpg
久々にいただいた獅子の里です。
フレッシュで、さわやか系の濁り。
無垢という名にたがわぬ味わいで、
生まれたての、そのまんまって感じ。

寫楽 初しぼり純米 (福島)
P2102877.jpg
大好きなお酒ですが、すっかり人気酒で、最近なかなかいただけなくなり。
久々の寫楽は、変わらずいい酒で
洗練され、バランスもよく、旨みの按配も完璧。
純米というにはもったいないほどのクオリティ。
一升もあっという間でした。

長良川 純米吟醸生原酒 立春搾り (岐阜)
P2182879.jpg
岐阜の伯父イチオシのお酒というので、わざわざ限定酒を送ってくれました。
山田錦らしい米の旨みがしっかり。
原酒ですが、まろやかで穏やかさも感じられるいいお酒。
立春搾りなので、搾ってから2週間ほどしかたっていないフレッシュさは、
なかなか味わうことができないもの!
多分初めて呑んだと思うけれど、いいお酒だなと。

醸し人九平次 純米大吟醸2015 (愛知)
P2182880.jpg
こちらもお気に入りの一本。
ですが、以前ほどの感動があまりなく。。。
少し苦みを感じるなあとか。
フルーツのような、ほのかな甘みを感じる、九平次らしいいいお酒。
でも、なんだかちょっと物足りないような~。
私の味覚も変わってるのかしら?なんて思ったり。

先日買ったdancyuを見てたら、お酒呑みたいモード満載になり。
ついつい、あれもこれもと呑んでみたくなっちゃって
今週末は、お楽しみの持ち寄り会
何を持っていこうか、どんなお酒が集まるのか、30回目に乞うご期待です

のんだくれ日記57

めっきりお酒のネタばかりのブログになっちゃってるかえるブログ
風邪ひいて、お酒も少々控えめにしてたつもりですが・・・。
とはいえ、おいしいお酒がたくさん出ているし、のまずにはいられんのです。

米鶴 かっぱ特別純米超辛口 (山形)
PC162843.jpg
この時期の定番酒。これをのまないと冬が来た気がしないくらいです。
+10で、辛口となってますが、ただ辛いだけじゃなく、
食中酒にもぴったりの一本です。

遊穂 純米生原酒おりがらみ (石川)
DSC_0226.jpg
こちらも定番。開けたては、ガス感があり、フレッシュ。
羽咋産のとひかり75%。さっぱり新酒らしくってうまい!

開運 無濾過純米 生 (静岡)
DSC_0227_20170130093855e90.jpg
お正月のお屠蘇にと。
新酒の割には、結構しっかり目の味わい。
やわらかい酸とフルーティさが良いです。

神結 一の酒 純米吟醸生 (兵庫)
DSC_0228.jpg
兵庫の先生からのいただきものです。初めて聞いた銘柄。
渋みがあり、兵庫の山田錦のわりには、旨み少なめ。
香りも穏やか、あっさりな味わい。

越の鷹 しぼりたて (福井)
P1222874.jpg
先日蔵見学の際に試飲し、おいしかったので購入。
ガスもかなり残っていて、しゅわしゅわ。
本醸造というにはもったいないクオリティの高さ。
きれいで、雑味や苦みもなく、のどごしすっきりで、
おでんつまみに、あっという間に呑んじゃいました。

今回は、定番と初めてのお酒が半分ずつ。
いろいろ呑みたいけど、ついつい今年のあれはどうかな~?なんて感じで。
まだまだ寒い日も続くし、鍋のお供に、お酒がおいしい日も続きそうです

持ち寄り会 番外編 at 福井

1月21日 土曜日 
かねてから、幹事のやっさんが企画してくださっていた、持ち寄り会 福井編!!

なんでわざわざ福井まで?な理由は、
以前持ち寄り会でずっとお世話になっていた、片町の「さんにょもん」のご主人が、
地元福井県に戻られ、相変わらずいい店やってるよ!ということに。
そりゃあ、みんなで行くしかないでしょ、持ち寄り会やっちゃえなわけで。

せっかく行くので、福井市にある「越の鷹」の蔵元伊藤酒造さんも見学させていただこうという、
なんとも、ありがたい企画。
みんなで電車に乗ったり、わいわいと遠足みたいで、とっても楽しかった!!
幹事のやっさんには、いたれりつくせり、完璧なプランニングで、ほんとうに感謝です

今回のメンバー9人。金沢駅に集合し、サンダーバードで福井まで
出発前の金沢は、いきなり雪模様でどうなるかと思ったけど、福井に着いたら晴天
晴れ女の実力発揮です!
駅からは、バスで伊藤酒造さんへ
30分ほどで到着。とっても歴史を感じる立派な母屋。
P1212844.jpg

早速、蔵元の伊藤さんに蔵を案内していただきました。
P1212846.jpg
東京農大を出られて、現在杜氏も兼務しながら、お酒造りに奮闘中だそう。
150石ほどを4人で、丁寧に手造りされてました。
P1212847.jpg
明日仕込む米。五百万石60%。
P1212848.jpg
仕込み蔵。仕込みタンクも少ないので、回していくのが大変だとのこと。
4000Lくらいのタンク余ってる蔵あったらほしいなあ、とのことでしたが。
P1212854.jpg
搾りはすべて木槽。酒袋にもろみを詰めるのを伊藤さん独りでやられるとか・・・・。寒すぎるやろ。
P1212856.jpg
洗い場も、きれいにされていて、伊藤さんの性格が垣間見えるなあと。
P1212855.jpg
室はさすがにみられませんでしたが、明日しこみに使う出麹をみせてもらいました。
この部屋、仕込みタンクの真上にあたり、床にあちこちトラップがしかけてあり・・・。
パカッとあけて、仕込みの櫂入れができる仕組みになってて、おもしろいなと。

小さな蔵ですが、伊藤さんの工夫で機能的に考えられてました。
毎年、小さい仕込みをあれこれ試しながら、チャレンジされているのもおもしろいなあと。
小さい蔵ならではというか、自分のやってみたい造りが試せるのはうらやましいかもなと思いました。

最後に、今年の新酒も試飲させていただき
P1212857.jpg
本醸造のしぼりたてと、純米吟醸のあらばしり、2点。
本醸造というにはもったいない、きれいな味わいで私はこちらの方が好き。
純米吟醸はあらばしりらしさもありつつ、吟醸らしい繊細さも感じられる味わい。
どちらも、丁寧に造られていて、いいお酒だなと思いました。

酒造りの仕込みもあり、一番忙しい時期にもかかわらず、
大変楽しいご案内をしてくださった伊藤さんにも感謝です

一度福井駅に戻り、持ち寄り会の会場の「じゅうろう座」さんへ向かうべく電車で武生まで。
ところが、ここでジャニーズWESTのライブに来たファンと思しきギャル達に囲まれるハプニングもあり。
なんとか無事に武生駅に到着。

じゅうろう座さんへ行く前に、酒の名店でしられる「酒の店はやし」さんの本店へ
P1212859.jpg
福井駅のそばにも支店はありますが、武生が本店。
小さな店なのに、店の前には車の列ができ、盛況っぷりが伺えます。
私の大好きな、九平次を始め、他では手には入らないお酒がたくさん揃っていて、
私にとっては、最高にテンションあがるお店のひとつ。
今回は、こちらでお気に入りのお酒を買うのが楽しみでもあり
いろいろあって迷いましたが、いい買い物ができました。

いよいよじゅうろう座さんへ!
P1212860.jpg
武生駅からもわりと近いみたいでしたが、土曜の夜ということで、この日はすでに満席。
ご主人は、依然とちっとも変らずで、お元気そう。
帰りの電車もあるし、さっそく持ち寄り会スタートってことで!
P1212864.jpg
時期的に、にごり酒もいろいろ。
たくさんあるおちょこから、自分の好きなのを選んでおいたのだけれど、
私はついうっかり、穴が開いてるやつ(指で穴をふさいで呑まなきゃなんない高知名物のやつ)選んでて、
うっかり一杯目を大量に手で受けてしまう失態
しかも、他の方が「穴あいてるのは気を付けよう!」って言ってたのにね・・・。あほでした。

今回、途中で寄り道したはやしさんでお酒を買われた方も多く、はやしさん取扱いのお酒が多いです。
ちなみに私は、「蔵王桜」持参。蔵王なのになんで奈良なんか?と全員が突っ込む。
わりとスッキリめの味わいの酒でしたが、後でやっさんがつけてくれた燗がめっちゃおいしかった。

お料理は、さんにょもん時代同様、相変わらずのサービス満点っぷり
P1212861.jpg
しし鍋。キノコも野菜もたっぷりで、ちょっとピリ辛なのがまたおいしいしあったまるし。
P1212865.jpg
お造りも、新鮮でおいしい~。写真はないけど、アワビと牛肉の和え物、ふきのとうの天ぷら、サラダなどもあり。
P1212867.jpg
アマダイの焼いたの。食べやすいように、切り分けてくださっているのもありがたい!
P1212871.jpg
白子入りの茶碗蒸し。とろとろで優しいお味だわ~。

と、鍋も食べておなかもだいぶいっぱいになりつつありましたが、さらにまだまだ。
P1212872.jpg
山盛りのから揚げ、天ぷら盛り合わせ、といったいどんだけ出るんだ?!な勢いで。
でも、どれもこれもおいしくって、モリモリ食べちゃうのよね。

ちなみに料理はいつものごとくお任せで、メニューを見ていないので、通常はどんな料理があるのかわかりません。

お酒も、さすが銘酒ぞろいで、私の大好きな寫楽や新政も呑めて幸せ~
この日、Kさんが持参した「五人娘」がすごかったみたい。
発芽玄米100%(精米歩合が?仕込み歩合が?どっちかわからん)のにごり。
私は風邪をこじらせ、鼻が全く利かなかったので香りがわからないけど、
味はアルコールの入ったヤクルトみたいなイメージだった。
とにかく体によさそうな酒だというので、意外にみんなのんでたな。

さすがにおなかもいっぱい。なのにこれでもかと出てきたのがなんとカニ飯!
P1212873.jpg
カニの身ものっかってる、なんとも贅沢なご飯。
でも、さすがにおなかいっぱいすぎて、私はご遠慮してしまったのだけど、
これを食べられなかったのが、悔やまれてなりません。

とにかくサービス満点すぎて、ほんとご主人には感謝感謝

今回も、みなさんのおかげで、とっても楽しい小旅行になりました
メンバーの意外な趣味やらが垣間見えたり、ほんとみんな個性的やけどステキです。
次回は、体調万全で参りますので、次回30回も楽しむぞ
前のページ 次のページ

FC2Ad